トップ » 就職 » KCGIから羽ばたいた起業家の声

KCGIから羽ばたいた起業家の声

京都情報大学院大学(KCGI)を修了した学生の多くは,大手IT関連企業に就職しITと経営両方を担う中核的な存在として活躍していますが,学生時代を含め,起業に踏み出す学生も少なからずいます。ビジネスチャンスを見つけ,大きな志を抱き,果敢にチャレンジした彼らは,今もなお前だけを向いて歩を進めています。KCGI出身の「起業家」に語っていただきました。

鹿間 朋子さん

合同会社アイシー ディレクター
2007年3月修了
追手門学院大学 文学部卒業

KCGI在学中に,環境商材の取り扱いを主な事業とする会社を設立。当初は大阪府枚方市のインキュベート施設を利用してスタート。「照明士」の資格を得て,企業の事業所や工場におけるLED導入のコンサルタントとして勤しむ。クライアント企業の海外進出を支援する事業も始まり,国内外を飛び回る。

私を「起業家」に変えた学びと人脈

迷ったときは学ぶに限る

嫁ぎ先が印刷の町工場でした。業界はOA化の波に直撃され,伝票類のペーパーレス化や組版・写植もMacでの作業になるなど,どんどん環境が変わっていくというのに,町工場の対応には限界があり,事業を任された私は「これから生き残っていくには,どうしたらいいのだろう」と途方に暮れていました。「迷ったときには深く学ぶに限る」という信念のもと,システム関連と経営戦略の両方を学べるKCGIを新聞広告で見つけ,一念発起して入学しました。「小さくてもオンリーワンになりたい」「他の人にはできない仕事をしていきたい」。そんな志を強く抱いてのスタートでした。

格闘と発見の連続

KCGIではまず「経営とは何か」を基礎から学ぶとともに,修了プロジェクトでは大手電機メーカーの元CIOだった高弘昇教授から指導を受けました。高教授から叩き込まれたのはオペレーションズ・リサーチをベースにしたロジカルシンキングとCRM。実務経験に基づく講義と徹底した実践によって「穏便に」「曖昧に」といった日本的な考えから解き放たれたことで,印刷工場の今後の方針を決める際にも冷静かつ客観的な視点を持つことができました。講義やプロジェクト指導で課せられた膨大な量の英語論文の読み書きも大変でしたね。国際学会での発表という機会もいただき,ビジネス英語に対する苦手意識克服にもつながりました。KCGIの日々はまさに格闘と発見の連続でしたね。

自信を持って「アイシー」と

KCGIではほかにも,リーダーシップ論・組織論,オブジェクト指向,プロジェクトマネジメントなど多くのことを学び,経験することができました。私にとってKCGIは「知識を得る場所」ではなく「ビジネスマインドをつくり上げる場所」だったと確信しています。印刷工場を円満に整理し,新たなビジネス展開を目指して環境商材を扱う会社を設立する-入学前の私なら考えられなかったことです。4年間の学びとそこで培った人脈が,私を「起業家」に変えてくれました。社名「アイシー」の意味は「かしこまりました」。お客さまの声に耳を傾け,誠意を持って対応したいという思いを込めました。迷ったときはKCGIでの日々を思い出し,さらに学びを深めることで,常に自信を持って「アイシー」と言える私でいたいと思います。(談)

高田 治樹さん

(株)アルバス 取締役ITコラボレーション推進部 部長
大阪学院大学 非常勤講師
2010年3月修了
京都文教大学 人間学部卒業

学生時代にウェブサイト制作の会社を起こし,その後,親族が経営しているウェブなど基幹系システム開発の会社に入り,自分の会社と共通する部分を統合,営業やマネジメント関連の担当を経て現在,ITコラボレーションを推進する部署を率いる。介護や農業の分野にも仕事を拡大している。

目標達成に導いてくれたKCGI

臨床心理士への道,参議員秘書から

大学時代は臨床心理士になろうと勉強していましたが,臨床心理の分野は制度的にまだまだ未成熟な面があると思い魅力が薄れ,他の道を考えるようになりました。卒業後は,参議院議員の秘書として東京で勤めながらITについて勉強しようと大学院を探しましたが,仕事をしながらでは体力的にもきつく勉学も中途半端になると思い,秘書を辞め,地元に帰ってKCGIに入学することを決めました。ITだけでなくマネジメントの両方が学べるというのが進学先に選んだ大きな理由でした。さらには,トレンドのとらえ方が身につけられたらとも思っていました。

国際感覚を身につける貴重な経験

KCGIでは,高弘昇教授の指導でCRM関連のプロジェクトを実施しました。データの分析手法やモデリングなど密度の濃い研究をすることができたと思っています。米・サンディエゴで開かれた国際学会で発表する機会も得ました(修了後にもポルトガルで開催された同じ学会で発表)。ベトナム人の同級生を含めた3人での参加でしたが,非常に良い経験ができました。今後IT業界で勝ち抜いていくためには,国際感覚が必要不可欠ですので,その面においても貴重だったと感じています。私にとってKCGIは,論理的な思考を植え付けてくれ,目標達成に導いてくれる存在です。

若いうちは苦労は買ってでも

在学中,研究がひと段落したときに,ウェブの制作を手掛ける会社を起こしました。実践を経験した方が,きっと技術力は高まると思ったからです。当時,若いうちは失敗してもリカバリーできる,苦労は買ってでもせよなどと自分に言い聞かせていたのが思い出されますね。法人登記手続きの煩雑さや,起業してからの経理処理などは苦労しましたが,そのころはウェブサイト制作の需要が非常に多く,やりがいを感じながら仕事をしました。その後は,親族が経営している会社と自分の会社を統合して,現在はITコラボレーション推進部にいます。介護分野で,居宅サービス提供実態の透明化に向けた事業のシステム構築や,介護実績をiPadやiPhoneで管理する「ケアシステム」の導入,それに農業ITなどを手掛けています。これからますます重要になってくる福祉や農業の分野。少しでも役立てたらと思っています。KCGIで学ぶ皆さん,もしやりたいことが見つかったらどんどん起業にチャレンジしてみてください。(談)

劉 釗さん

(株)銘東 代表取締役
2013年9月修了
中国・山東青年政治学院卒業

中国を中心とした顧客が日本の通販サイトを利用して買い物をする際に日本の住所を提供していったん商品を集め,万全の梱包をして中国へ発送するという転送事業の会社を設立して3年。中国人の高い購買意欲に着眼したことが奏功し,はや年間売上高は10億円を超える。日本にある転送会社の中で,すでにトップ3にランクされているという。大阪市内の郵便局内に設けている約1200平方メートル,他の場所にある約1150平方メートルに及ぶ物流センターは,常に日本製品でいっぱい。2016年には計3600平方メートルに拡大した。KCGIの修了生も多く働いている。

東の地で名声を上げたい

日中間貿易の仕事がしたい

日本への留学を夢見て,大学では日本語を専攻しました。卒業後に地元・山東省のホテルで勤務,フロント係をしていたころに,常連客で貿易会社を経営する日本人と仲良くなり,いろいろな話を聞かせてもらっているうちに,自分も将来は日中間貿易の仕事がしたい,と強く思うようになりました。コンピュータにも興味があり,独学でしたがプログラミングの知識も多少ありましたので,留学のチャンスが訪れたとき,経営学とITがともに学べるKCGIを選びました。「第一の夢」がかなったわけです。

会話に努め日本語のレベルをアップ

入学後は財務会計関連のシステム開発や,経営学,ウェブビジネスなど,興味を引く講義ばかりで,楽しみながら懸命に学びました。他の中国人留学生と仲良くなり話し相手がいたので,日本での生活に対する不安は和らぎましたね。一方,将来,日中間貿易の仕事に携わるのなら,日本語のレベルをより上げなければならないと思い,勉学の合間を見つけてアルバイトをし,少しでも多くの日本人と会話するように努めました。修了研究では,もちろん「国際貿易」をテーマにしました。

粘り強く,誠意を持って

次は「第二の夢」を実現する時です。修了後は正直,日本で就職するか,中国に帰るか迷いましたが,KCGIで学んだことを活かすべきだと判断し,起業に踏み切りました。誕生したのは,貿易や輸出入代行,eコマース販売企画などを手掛ける株式会社銘東です。「故郷・中国の東の地で,名(銘)声を上げたい」。そんな思いを社名に込めました。当初は,私が日本人ではないので,関係者から信頼を得るのに苦労しました。でも粘り強く,誠意を持って自分のビジネスプランの説明を繰り返したところ,日本郵便株式会社との業務提携が実現,大阪東郵便局営業集荷推進部内に事業所と物流センターを開設するに至りました。従業員は現在,70人余を数えます。今後もKCGIで学んだことを実践で活かしながら,頑張っていきたいと思っています。今後は,中国はもちろん,台湾や韓国などにも拠点を起き,日本の製品を全世界に届ける仕事をしたい。これがいま抱いている「第三の夢」です。(談)

2015年度にKCGIがIPAの「IT起業家育成カリキュラム協力機関」に

京都情報大学院大学(KCGI)は,独立行政法人情報処理推進機構IT人材育成本部イノベーション人材センター(IPA)の「大学等におけるIT起業家等の人材育成に係るIT起業家等教育モデルカリキュラムの策定・試行・評価等への協力教育機関」の一員です。KCGIがこれまで,IT企業経営者自らによる講義・実習を通じて,多数のIT起業家を輩出したことが評価され2015年に選定されました。

IPAは経済産業省からの委託を受け,みずほ情報総研株式会社と連携して,ITベンチャー等によるイノベーション促進のための人材育成・確保モデル事業のうちの「大学等におけるIT起業家等の人材育成事業」を実施しています。

https://www.ipa.go.jp/about/kobo/kobo20150629.html