トップ » カリキュラム » キャリア強化科目群

キャリア強化科目群

キャリア強化科目群の概要

キャリア強化科目群は,プロジェクトを企画・遂行する能力を育成する科目群であり,高度専門職業人を育成する専門職大学院である本学特有の科目群です。プロジェクト遂行過程において,高い技術力をベースに持ち,複眼視的な思考力,柔軟かつ適確な判断力,リーダーシップ等を身につけた,創造性豊かな人材を育成します。

キャリア強化科目群の科目一覧

  • 修了プロジェクト・イントロダクション
  • 修了プロジェクトⅠA
  • 修了プロジェクトⅠB
  • 修了プロジェクトⅡ

課程修了プロジェクトについて

本学での2年間・4セメスタの学びの集大成として位置付けられる最も重要なプロジェクトが「課程修了プロジェクト」です。自らの問題意識に基づいて課題を決め,担当教員の個別指導を受けながら,課題の解決に向けての調査・分析,システムの企画・設計などを1年に渡って遂行します。プロジェクトへの取り組みは,入学後から以下のように進められます。

第1セメスタ

入学前からの興味・関心や,入学後に履修した科目内容などから,自分がどのような課題のもとで課程修了プロジェクトに臨むかを検討する時期です。

第1セメスタの終盤に,プロジェクトを指導する教員が過去のプロジェクトの内容紹介などを行うガイダンスを実施します。それに基づいて,自分がどの分野(プログラム)を対象としてプロジェクトを遂行したいかを志望書として提出します。

各セメスタの終講直後には,先輩たちの課程修了プロジェクトの最終試験(口頭試問)があります。まずは聴く側として参加することで,自分のプロジェクトをより明確にイメージできるはずです。

第2セメスタ

提出された志望書に基づいて,プロジェクトを指導する教員が割り当てられ,その指導のもとでプロジェクトを開始するための準備を整えていきます。

まず「修了プロジェクト・イントロダクション」(必修科目)の授業で,プロジェクトの成果物となるレポートやプレゼンテーション資料の作成方法,先行事例や文献の調査・引用方法などを実践的に学びます。併せてプロジェクトの指導教員から,分野ごとに取り組むべき課題の整理やICTツールの活用法などの個別指導を受け,プロジェクトを遂行するための予備知識を固めます。

第2セメスタの終盤に,個人またはチームで,取り組むべき課題や解決へのアプローチなどについて記したプロジェクト企画書を所定の様式で作成し,指導教員に対してプレゼンテーションを行います。ここで確認された企画書を基に,いよいよ課程修了プロジェクトに具体的に着手します。

第3〜4セメスタ

指導教員からのチェックやアドバイスを定期的に受けながら,個別にプロジェクトを遂行します。並行して履修している科目ごとの授業や,インターンシップや学外研修などの経験を加味して,プロジェクトの内容がより深まっていくでしょう。

第3セメスタの終盤に,指導教員との相談に基づいて,自分のプロジェクトの最終的な到達目標と,第4セメスタでの作業項目や進捗を見積もり,プロジェクト実施計画書として提出します。第4セメスタの最初には中間発表の機会が設けられ,プロジェクトの実施方法などについて指導教員以外の教員からのチェックを受けることができます。

第4セメスタでは,実施計画書に基づいてプロジェクトを完成させ,所定の様式による報告書を提出します。そして,これまで聞く側であったプロジェクトの最終試験(口頭試問)にいよいよ発表者として臨み,報告書の内容と発表時のプレゼンテーションに対して教員からコメントを受けます。その後,指導教員の最後の指導のもとで報告書をブラッシュアップし完成させれば,課程修了プロジェクトは無事終了となります。