ビジネスITコース プログラム紹介
eマーケティング

マーケティングへの理解と統計的分析手法に基づく戦略的なCRM(顧客情報管理)を学び,eマーケティングのプロを目指します。日本語,英語の論文講読などを通じて,eマーケティングの基本的なモデルを勉強しながら,プロジェクトを進めます。

次世代知識経営に繋がるマーケティング戦略の研究を推進

キャリア強化科目担当教員 高 弘昇教授

e-marketing

私はサムスン電子最初のCIOとも言える戦略企画室情報戦略部長として,一般消費者向けのウェブサイト構築,ドイツSAP社のERPシステム構築といったe-Business戦略などに携わってきました。また,IT関連ベンチャー企業の代表取締役として,マーケティングの実務経験とノウハウを身につけ,ショッピングモールの経営やウェブ戦略に関するコンサルティングなどの業務を行いました。

これらの経験をもとに,韓国能率協会と共同で「電子商取引マーケティング管理者」の教育課程の立案・運営を行い,また,韓国および日本の企業や教育機関においてe-BusinessやIT戦略に関する講義・研修を数多く行うなど,ICTによる電子商取引を通じて企業の活性化を図れる人材の育成に取り組んでいます。

このキャリア強化科目では,主にインターネットなどのオンラインでのビジネスを効率的に行うB2Cマーケティング戦略(eマーケティング)に焦点を当てます。eマーケティングの基盤となるICTへの理解を積み重ねることと並行して,オンラインでの売り上げや利益増加のため,可視化されていない顧客の商品購買行動を分析し,その結果をコホート分析やAHP分析などの統計的分析技法を用いて戦略化していく研究を行っています。

また,私が修了プロジェクトを指導する学生の代表が年に1回,ヨーロッパやアメリカで開催される国際学会で英語での発表を行っています。みなさん,顧客中心の知識経営のコアになるマーケティング戦略を学び,海外の国際学会で英語での発表に挑戦してみませんか?

過去の課程修了プロジェクトテーマ

  • コホート分析におけるe-カスタマー購買行動パターンモデルの検証
  • パルモア型コホート分析によるプロモーション手段の分析
  • 顧客分類手段としてのAHPとクラスターに関する一考察
  • 利益増加をもたらすブランド価値の育成に関する一考察
  • AHPによる7 Steps顧客行動プロセスにおける動機付与の重要度の分析
  • クラスター分析による顧客タイプの戦略的な分類