次世代産業コース プログラム紹介
海洋ITプログラム

国内外の漁船で活用されるスキャニングソナーの映像表示例(左) プレジャーボート向けの最新型マルチファンクションディスプレイ(右)(古野電気株式会社提供)
国内外の漁船で活用されるスキャニングソナーの映像表示例(左) プレジャーボート向けの最新型マルチファンクションディスプレイ(右)(古野電気株式会社提供)

海洋・水産の発展に向け,ITを活用して航海の安全性を高めたり,効率的で持続的な漁業実現のため,人工衛星を活用したトレーサビリティ機能を持つ海洋の資源と環境に関するデータ収集システム導入などが模索されています。さらには,船舶の省エネ,安全運行,温室効果ガス削減,海洋汚染防止,海洋自然エネルギー利用などに向けた船舶のIT化も迫られています。これら海洋ITをリードする人材を育成します。

対象者例

産地からの環境データを収集し,蓄積して分析できるスキルを身につけたい方。

生産者のノウハウをモデル化・可視化し,環境制御や後継者教育に活かせるような知識・スキルを有するリーダーを目指す方。

生産者と消費者とをウェブで結ぶ(産直支援=CRM)システムの構築スキルを身につけたい方。

KCGグループと船舶用電子機器など製造販売大手の古野電気株式会社とは,2015年1月に産学連携協定を締結し,海洋IT分野での学術交流,協力関係を構築しています。
KCGグループと船舶用電子機器など製造販売大手の古野電気株式会社とは,2015年1月に産学連携協定を締結し,海洋IT分野での学術交流,協力関係を構築しています。