コンテンツビジネスコース

知的財産権に精通し,戦略的なコンテンツビジネスの展開ができる人材を育成する

伊藤博之教授と武田康廣教授

「クール・ジャパン」
アニメ・マンガに代表されるクール・コンテンツをウェブビジネス戦略に

経済産業省がすすめる「クール・ジャパン戦略」は,マンガやアニメを代表とする世界が認める日本発の文化,コンテンツ産業,クリエイティブ産業の育成や国内外への発信を骨子とするものです。本学ではこれに着目し,アニメ・マンガをウェブビジネスに生かすべく,既存のコンテンツ・クリエイティブ産業のビジネスモデルの研究を行い,新しいビジネスモデルの創出や,アニメの企画・製作を実際に行い,クリエイティブ事業に関わる実際を体験する科目・実習を備えています。

毎年,京都で開催される西日本最大のマンガ・アニメ関連のイベント「京都国際マンガ・アニメフェア」は,本学およびグループ校である京都コンピュータ学院が共催しています。学生とともに商品企画やキャラクター企画を行い,実体験をもとに多くのことが学べる機会を提供します。

また,本学では「初音ミク」の生みの親であるクリプトン・フューチャー・メディア社代表取締役 伊藤博之氏,株式会社福島ガイナックス取締役 武田康廣氏を教授に迎え,それぞれのビジネスが成功に至るまでのさまざまな経験,実際のビジネスモデル,そしてクリエイターに今求められること,将来のコンテンツ・クリエイティブ産業のありかたなどについて講義を行っています。今までにないビジネスモデルを創出できるよう,さまざまなことを体験し,知識を吸収することが大切です。

教育・学習コンテンツ制作

ICTを活用したインタラクティブで魅力的な教育・学習コンテンツは,インストラクショナル・デザイン,色彩デザイン,ユーザインターフェイス・デザインなど,多くのデザイン要素を含む総合的なプロデュース力が必要となる分野です。

本コースでは,子供向けにキャラクターが学習内容を解説するアニメや,実用的なICT機器の操作説明のアニメーションなどの制作を行います。人が物事を理解する順序を考慮し,論理的でわかり易い説明をアニメーションの力を借りて構築します。MOOC(Massive Open Online Course)に代表される,インターネットでのeラーニングが今後発展すると予想される中,これら効果的な教育・学習コンテンツの制作手法はeラーニング・ビジネスに必須のこととなっていくでしょう。

創造力あふれるクリエイターを育成

ウェブではサイト訪問者のリピート率を高めるために,サイトの内容そのものに加え,魅力あるビジュアルデザインや,インタラクティブな仕掛けなど,常に訪問者を楽しませ,ワクワクする期待感を持たせることが大切になってきています。また,ウェブの広告には映像やゲームなどを用いたマーケティング手法など,多彩なメディアを用いたリッチメディア広告が多くみられるようになりました。自分のアイデアを高度なプログラミング技術によって実現させることはサイトクリエイターの醍醐味です。単なるプログラマではなく,色彩やインタラクション・デザイン,ユーザビリティ・デザインにも精通し,サイト全体のコンセプトデザインからプログラミングを含むユーザインターフェイスまで提案できる,創造力あふれるクリエイターを育成します。

知的財産権を深く学ぶ

コンテンツビジネスには必須の知的財産権に関しては,マンガ・アニメを初めとし,音楽や画像・動画投稿サイト,同人活動による制作物の著作権などさまざまな形態の著作物について著作権の取り扱いについて講義し,知的財産に関する知識を広めます。また,著作権ビジネスにも触れ,人気キャラクターを用いたビジネスモデルも研究します。

プログラム紹介