News

".kyoto" ユーザ対象セミナー

趣旨・目的

世界中で利用が始まる地理的名称トップレベルドメインの意義,そのひとつで京都に誕生する ".kyoto" を活用した新規ビジネスの創造や京都社会の発展への可能性について,前回は2013年6月から3セッションに分けてセミナーを行いました。

今回はドメイン名を取得していただく一般販売と特殊な販売プログラムについて,広く一般市民の皆様にご理解を深めていただくことを目的として,全3回にわたる「".kyoto"ユーザー対象セミナー」を開催いたします。

インターネットを利用する際には,「www.○○○○○.com」,「www. ○○○.co.jp」のような名前(ドメイン・ネーム)を使います。その末尾につく「.com」や「.jp」といったトップレベルドメインは,書籍における版元・出版社のような側面を持ちます。版元・出版社には信頼できる情報のみを取り扱うところから,そうでないところまで,様々に存在します。既存の「.com」や「.jp」などは,その発信情報が玉石混交で,信頼性に欠くどころか有害情報までもが多分に含まれているのが現状です。

今回誕生する京都の地名を配した地理的名称トップレベルドメイン ".kyoto" は,オール京都の産官学体制で高度な信頼性を保つ高品質ブランドドメインを目指します。kyotoという文字列は,ISO(世界標準化機構)によって「世界の京都」と定義されています。トップレベルドメインとして末尾が ".kyoto" であることは,そのホームページやメールアドレスが,「世界の京都」のものであることを証明することになります。「京都」にはもともとブランド力がありますが,".kyoto" を活用することによって,世界への発信力がより高まることが期待されます。

サイバースペースに,ブランド力と信頼性を伴う大きな地平,「世界の京都」が誕生します。".kyoto" という街が生まれると,交流が始まり,ビジネスチャンスが広がります。会社で,学校で,お店で,個人で,「信頼の京都ブランド」を強くアピールすることが可能になります。

京都の新しい地平である ".kyoto"に,ぜひご参加ください。

続きを読む

受講対象

  1. 京都府内に在住する方
  2. 京都府内の会社にお勤めの方
  3. 京都府内の学校(大学,大学院,専門学校,短大など)に在籍する学生
  4. その他,京都に関係する方

※参加費用無料

内容

第1セッションから第3セッションはこちら

第4セッション(6月25日,7月26日)

主題:
「新gTLDの現状とTMCH」
内容:
既存のTLDは277でしたが,2013年11月".holdings",".clothing"等,7つの新gTLDの運用が開始され,2014年末にはその数は数百を超え,商標をお持ちの方にとってはリスクが高まることが予想されます。これに対してICANNが義務付けた商標権者優先登録とTMCHについてご説明いたします。

第5セッション(8月27日,9月27日)

主題:
「".kyoto"ファウンダーズプログラム」
内容:
限定100ドメインの最優先登録です。".kyoto"はICANNとの契約締結後,運用を開始します。開始直後の".kyoto"の積極的な活用を望む方に希望ドメイン名の先行割り当てを行います。その申請方法,登録までの流れについてご説明いたします。

第6セッション(10月22日,11月29日)

主題:
「".kyoto"サンライズ」
内容:
ドメイン名の価値はその文字列にあるといっても過言ではありません。既に多数のドメイン名が登録されてしまっている".jp",".com"等は良い文字列を取得することは困難です。これから運用を開始する".kyoto"は,価値あるドメイン名を得るチャンスがあります。商標をお持ちでこれまで希望するドメイン名を得られなかった方,これから新しい事業を始められる方に".kyoto"のサンライズはお勧めです。その申請・登録方法についてご説明いたします。

日時および会場

実施日時につきましては,現在,以下のとおり予定しております。

第4セッション 625日(水) 18:30~20:00 終了しました
726日(土) 15:00~16:30 終了しました
第5セッション 827日(水) 18:30~20:00 終了しました
927日(土) 15:00~16:30 終了しました
第6セッション 1022日(水) 18:30~20:00 終了しました
1129日(土) 15:00~16:30 終了しました

※説明会終了後は,意見交換会を実施します。
※同セッション内の講演は同じ内容になります。ご都合のよい日時にご参加いただけます。

会場:京都情報大学院大学 京都駅前サテライト

共催,後援団体一覧

  • 共催
    • 一般社団法人京都府情報産業協会
  • 後援
    • 京都府
    • 京都市
    • 京都商工会議所
    • 一般社団法人京都経済同友会
    • 公益社団法人京都工業会
    • 京都経営者協会
    • 公益財団法人京都高度技術研究所
    • ITコンソーシアム京都
    • 公益財団法人京都産業21
    • 京都府商工会連合会
    • 京都府中小企業団体中央会
    • 国立大学法人京都大学
    • 公益財団法人大学コンソーシアム京都
    • 公益社団法人京都青年会議所
    • 京都府警察

過去の内容

第1セッション

主題:
「インターネットの変化と ".kyoto"」
内容:
インターネットが大きく変化しようとしています。 ".paris" , ".london" , ".nyc" , ".tokyo" など世界都市がインターネットに登場します。その中で,".kyoto" をどのように育て,オール京都で活用するか。世界の中で京都を位置付ける。まさに全府民の共同作業が生じます。トップレベルドメインの意義と技術的な側面を,解りやすく説明します。

第2セッション

主題:
「".kyoto" で拡がる可能性」
内容:
ドメインの取得方法,中古市場,また日本ではあまり知られていないドメインパーキングなど,ドメインビジネスの世界を解説するとともに,インターネット上の京都の「顔」となる ".kyoto"が誘起する様々な可能性について解りやすく説明します。 また,京都を盛り上げ,魅力あるインターネット上の京都とするために,産官学が一体となり,信頼性の高い,京都にとって有益な仕組みづくりについて議論します。

第3セッション

主題:
「".kyoto" の活用による京都の未来」
内容:
".kyoto" を利用した京都ブランド認証システムの構築や京都を訪れる観光客へのサービスなど京都府民に利益をもたらす".kyoto" の活用法やビジネスモデル例を紹介します。
府民が一体となって ".kyoto" をつくりあげることにより,リアル京都とサイバー京都が相まって,さらに魅力を増す「世界の京都」の未来を構想します。なお学外から次の方々を講師としてお招きする予定です。

12/8(日)株式会社 日本電算機標準 代表取締役 吉本光希様
1/18(土)京都医療センター医療情報部 北岡有喜様
 ※当日は北岡有喜様の代理で小森由宗様がお越しになりました。
2/12(水)京都府警察本部 サイバー犯罪対策課
 情報セキュリティ対策係長 近藤勇二様
お問合せ窓口 京都情報大学院大学
TEL:075-205-5004
E-mail:dotkyoto@kcg.edu
担当者:内藤昭三,今井賢治