トップ » 教授陣 » 教授 » 里見 英樹

里見 英樹

Eiki Satomi
里見 英樹

経歴

  • 小樽商科大学大学院修了(アントレプレナーシップ専攻),経営管理修士(MBA)
  • 株式会社南興ビル,有限会社ダット(現ダットジャパン株式会社)勤務を経て,1996年株式会社メディア・マジック設立,代表取締役
  • 一般社団法人北海道情報システム産業協会(HISA)副会長,北海道モバイルコンテンツ・ビジネス協議会代表幹事,札幌商工会議所一号議員(国際経済交流委員会副委員長),北海道日中経済友好協会理事

メッセージ

コンテンツを一般消費者であるユーザに提供する上で最も重要なことは,いかに努力をしてコンテンツを提供するかではなく,結果的にどのようにコンテンツが受けとめられたかである。

私はPC,携帯,スマートフォンなどさまざまなOSやプラットフォームでのコンテンツ開発に従事をしてきました。各プラットフォームにおいてコンテンツ開発を行う場合にはさまざまな制約があります。コンテンツが提供されるハードウェアのスペックや環境により,表現可能な内容が大きく制限され,また,搭載されているオペレーティングシステムや開発言語によりコンテンツの開発効率や作成可能なプログラムの仕様も大きく左右され,さらに,投入される予算・人員・期間により,コンテンツそのものの内容も大きく制約を受けることとなります。前述の制約を受けながら,ユーザに支持されるコンテンツを提供することは困難を極める作業でもあります。しかしながら,コンテンツ利用側は前述の制約を知る由もない消費者であり,提供されたコンテンツの使い勝手や内容がユーザにとって満足の行くものかどうかのみでコンテンツの善し悪しが判断されます。

開発に携わると,ついつい近視眼的なものの見方をしてしまいますが,消費者の視点に立ってコンテンツビジネス全体を俯瞰し得る実力を身につけていただくことを期待しております。

担当科目

  • IT企業実践論

業績

  • 電脳ソフト夢募集オープン部門優秀賞,1989
  • AVAグランプリ(現デジタルコンテンツグランプリ)通産大臣賞,1989
  • 札幌商工会議所「北の起業家表彰」の奨励賞,2005
  • 北海道IT経営貢献賞,2010