トップ » 教授陣 » 教授 » 上田 治文

上田 治文

Harufumi Ueda
上田 治文

経歴

  • 大阪市立大学工学士
  • 元三洋電機株式会社IT・ERP推進室長,同コマーシャル企業グループ戦略本部情報システム担当部長,元SAP社ユーザー会関西フォーラム長,元IBM社ユーザー会関西委員

メッセージ

私の専門分野はグローバル製造業の情報システム管理です。長年にわたり,三洋電機株式会社の国内外工場での生産管理システムの開発,同本社でのグローバル経営管理システムの開発,海外工場システムの標準パッケージソフトの開発と,その新バージョン開発(ERP化),国内家電SCMシステムの開発などを経験してきました。そして,企業での最終職歴は社長に情報システムの提案を行う,いわゆるCIOの立場での仕事でした。

グローバル製造業の代表的なビジネスモデルは,日本で製品開発を行い,最適地で調達・生産を行い,そして世界中にその製品を販売するものです。それらを効率的に行うには,製品技術情報が世界中に提供され,世界中の生産販売活動情報が企業全体で共有される仕組み作りが必要で,そのためには情報システムの活用が不可欠です。また,経営者はグローバルなビジネスの結果をできるだけ早く把握し迅速な経営判断を行う必要があり,そのためにもグローバルな連結経営管理システムが必要となります。

これらのシステムを構築するには,すべての生産・販売拠点のシステムについて標準化・統合化を行わなければなりませんが,そこには法制度,商慣習,言語,時差等の違いがあり多くの困難を伴います。しかし,日本企業・経済が今後も成長を続けていくためには,これらは解決されるべき課題です。そして,これらの課題を解決する最良の手段はERPをグローバルに導入することでしょう。日本企業だからといって,日本独自の経営スタイル・管理手法を世界中に押し付けることは不可能です。しかし,逆に欧米で開発されたERPをそのまま使用することは,日本企業の「強み」を損なう危険性をはらんでいます。例えば,日本の製造業の最大の「強み」である「高品質なもの作りのノウハウ」は損なわれないでしょうか。

日本企業の「強み」を生かしながらのERP開発導入を,学生の皆さんと共に研究したいと考えます。

担当科目

  • 企業システム
  • 財務会計システム開発
  • キャリア強化科目

専門分野

経営情報システム

  • 生産管理:生産計画,部品表,購買管理,在庫管理,受注出荷管理,原価管理,品質管理
  • グローバル経営管理:為替管理,連結決算
  • ERP:企業資源計画,企業内の人・物・金をリアルタイムに統合管理する。マルチ言語・通貨対応

業績

三洋電機(株)でのIT関連業績

  • 家電メーカー・テレビ工場の資材所要量計算,原価管理システムを開発,1971
  • 家電メーカー・テレビ工場システム運用部門のジョブ自動スケジューリングプログラム,自動倉庫によるコンピュータ用紙管理システムを開発,1974
  • 米国Whirlpool社のテレビ工場買収に伴うシステム化計画の策定とその実行推進,1976
  • 米国大手量販店Sears社とのオーダー・物流管理システムの開発,EDIによる受注,納期回答,出荷,請求),1977
  • 米国における日本家電メーカー・テレビ工場の生産管理トータルシステムの開発,1978
  • 生産管理トータルシステムをIBM S/3 からS/38へコンバージョン,1980
  • 家電メーカーにおける全社情報システム体系検討プロジェクトに参画。全社の基本情報,研究開発,調達,生産,販売,会計,人事)の発生場所,情報の流れを体系化しそれらをサポートする情報システム化計画の策定を行った,1984
  • 家電メーカーにおける海外生販在管理システムを開発,日次で売上高の70%についての生産・販売・在庫データを収集し在庫削減を計る),1985
  • 家電メーカーにおける海外工場向けグローバル部品・キット供給システムの開発,1988
  • 家電メーカー海外工場向けの標準生産管理システムの開発,AS400,RPG,英語版,米国式MRPと日本式製番管理のハイブリッド型),1990その後,保守・教育体制を整え海外25工場に導入。
  • 月次連結決算システムの開発,世界中の連結対象会社200社の決算データを10日で収集・集計,1997
  • 家電メーカー海外標準生産管理システム・経理システムのERP,SAP)化を決定。日本でテンプレートを開発し,香港地域統括会社,米国統括会社に導入。,1998
  • 家電メーカーにおける全社IT・BPRプロジェクト,在庫・要員の30%削減)を事務局長として推進,国内家電量販店とのSCM,グループウエアーの刷新,自社専用線ネットワークのIPーVPN化),2001
  • 家電メーカーにおけるe-コマースの推進,EIAJ電子機器部品CALS,社内標準Web資材調達システム,家電製品協会共通Web受注システム),2002

社外での業績

  • SAP社ユーザ会(JSUG)の関西フォーラム長を担当しユーザ企業間でのERP開発・導入ノウハウの共有に貢献,2001〜2002
  • 日本IBM社ユーザ会(U-研)の関西委員を担当しユーザ企業間での新しいIT活用についての情報共有を推進,2002

論文

  • 専門職大学院におけるERPコンサルタント教育,NAIS Journal Vol.2,2007

教授インタビュー