トップ » 教授陣 » 教授 » 柴山 潔

柴山 潔

Kiyoshi Shibayama
柴山 潔

経歴

  • 京都大学大学院博士後期課程単位修得退学(情報工学専攻),工学博士
  • 元京都大学助教授,元京都工芸繊維大学教授,元京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科長,京都工芸繊維大学名誉教授
  • 日本学術会議 情報工学研究連絡委員,日本技術者教育認定機構(JABEE)審査員,大学評価・学位授与機構 大学機関別認証評価委員会及び国立大学教育研究評価委員会 専門委員,日本学術振興会 特別研究員等審査会 専門委員及び国際事業委員会 書面審査員,電子情報通信学会 コンピュータシステム研究専門委員長,情報処理学会関西支部評議員
  • 情報処理学会優秀教材賞,日本工学教育協会著作賞等を受賞,情報処理学会フェロー

メッセージ

本学は,大学卒業あるいはそれに準じる資格を持つ人たちに開かれた専門職大学院です。入学した皆様が,本学で習得できる技能は実践的な「情報管理・運営」力です。実践的な「情報管理・運営」力とはつまり,(1) 情報を鳥瞰する(「高い所から広範囲に見おろす,あるいは全体を大きく眺め渡す」)グローバル力,(2)情報を取捨選択して主要なものに対応する戦略的能力,(3)強靱でかつしなやかなハウツー(how-to)すなわち「どうしたらその情報を実現できるのか」と,骨太で堅固なホワットツー(what-to)すなわち「その情報の目標は何か,何の役に立つのか」とを兼備するIT(情報技術)の力です。本学においては,「情報管理・運営」に関する知識を十分に習得した上で,それらを実際に活用することができるこのような能力を身につけることをぜひ目指してほしいと思います。

文明や文化及びヒトの進化は,情報の取捨選択から始まっています。ヒトとヒトあるいはヒトとモノとの間を満たす媒質,媒体,メディア,媒介物,物質が情報です。また,情報は種々の知識や技術をつなぎ,あるいは融合し,さらには,それらの触媒ともなります。学問というものは,関連する情報の発掘や整理及び体系化であるといえるでしょう。

本学において学問を究め,情報の管理や運営に関して複数個の選択肢として存在する解を比較し評価して,それらのうちから目的に適合するものを的確に選ぶ技能をも備えた高度専門職業人になられることを期待しています。

担当科目

  • コンピュータ構成論

専門分野

  • コンピュータシステム
  • コンピュータアーキテクチャ
  • 情報工学
  • 工学教育

業績

受賞

  • 情報処理学会 昭和62年度 論文賞,1987年5月
  • 電子情報通信学会 平成18年度 情報・システムソサイエティ活動功労賞,2006年12月
  • 情報処理学会 平成20年度 優秀教材賞,2009年3月
  • 日本工学教育協会 第18回(平成20年度) 日本工学教育協会賞 著作賞,2009年8月
  • 情報処理学会 フェロー(認証),2012年3月
  • 情報処理学会 情報処理技術遺産(認定),2014年3月

著書(単著のみ)

  • 並列記号処理,コロナ社,229ページ,1991年6月
  • コンピュータアーキテクチャの基礎,近代科学社,330ページ,1993年3月
  • コンピュータアーキテクチャ,オーム社,413ページ,1997年3月
  • ハードウェア入門,サイエンス社,158ページ,1997年12月
  • コンピュータサイエンスで学ぶ論理回路とその設計,近代科学社,265ページ,1999年9月
  • 改訂新版 コンピュータアーキテクチャ,近代科学社,405ページ,2003年3月
  • コンピュータサイエンスで学ぶオペレーティングシステム ―OS学―,近代科学社,272ページ,2007年12月
  • コンピュータ工学への招待,近代科学社,262ページ,2015年2月

学術論文

  • S.Tomita, K.Shibayama, S.Oyanagi, H.Hagiwara: Hardware Organization of a Low Level Parallel Processor, Proc. IFIP Congress 77, pp.855-860, Aug.1977
  • 小柳滋,柴山潔,富田眞治,萩原宏: マイクロプログラム制御計算機QA-1のハードウェア構成,電子通信学会・論文誌,61-D巻,1号,pp.64-71,1978年1月
  • 小柳滋,柴山潔,富田眞治,萩原宏: マイクロプログラム制御計算機QA-1の並列処理について,電子通信学会・論文誌,61-D巻,1号,pp.72-79,1978年1月
  • H.Hagiwara, S.Tomita, S.Oyanagi, K.Shibayama: A Dynamically Microprogrammable Computer with Low-Level Parallelism, IEEE Trans. on Computers, Vol.C-29, No.7, pp.577-595, Jul.1980
  • K.Shibayama, S.Tomita, H.Hagiwara K.Yamazaki, T.Kitamura: Performance Evaluation and Improvement of a Dynamically Microprogrammable Computer with Low-Level Parallelism, Proc. IFIP Congress 80, pp.181-186, Oct.1980
  • 柴山潔,中田登志之,北村俊明,富田眞治,萩原宏: ユニバーサル・ホスト計算機QA-1による各種言語プロセッサのエミュレーション,電子通信学会・論文誌,J65-D巻,11号,pp.1374-1381,1982年11月
  • S.Tomita, K.Shibayama, T.Kitamura T.Nakata, H.Hagiwara: A User-Microprogrammable, Local Host Computer with Low-Level Parallelism, pp.151-157,1983年6月
  • 北村俊明,中田登志之,柴山潔,富田眞治,萩原宏: ユニバーサル・ホスト計算機QA-2の低レベル並列処理方式,情報処理学会・論文誌,27巻,4号,pp.445-453,1986年4月
  • S.Tomita, K.Shibayama, T.Nakata, S.Yuasa, H.Hagiwara: A Computer with Low-Level Parallelism QA-2 -Its Applications to 3-D Graphics and Prolog/Lisp Machines-, 13th Annual Intn. Symp. on Computer Architecture Conf. Proc., IEEE and ACM, pp.280-289, Jun.1986
  • 柴山潔,富田眞治,萩原宏: ユニバーサル・ホスト計算機QA-2による逐次型Prologマシンのエミュレーション,情報処理学会・論文誌,27巻,8号,pp.754-767,1986年8月
  • 柴山潔,北村俊明,中田登志之,富田眞治,萩原宏: ユニバーサル・ホスト計算機QA-2の高機能順序制御方式,情報処理学会・論文誌,27巻,10号,pp.960-969,1986年10月
  • 柴山潔,鹿毛裕史,川倉康嗣,山本雅亮,平田博章,加納健,萩原宏: 論理型プログラミング言語向き並列計算機KPRの並列処理方式,情報処理学会・論文誌,30巻,12号,pp.1573-1583,1989年12月
  • 金井達徳,柴山潔: 分散型プロダクション・システムの並列実行方式,電子情報通信学会 論文誌,J-75-D-Ⅰ巻,8号,pp.685-693,pp.685-693,1992年8月
  • 寺澤謙一,新實治男,柴山潔: 並列処理用C++クラスライブラリーの設計,電子情報通信学会 論文誌,J-78-D-Ⅰ巻,2号,pp.79-86,1995年2月
  • 天津克秀,平田博章,新實治男,柴山潔: 分散メモリ型並列計算機向き階層化スレッドスケジューリング方式,電子情報通信学会 論文誌,J-80-D-Ⅰ巻,7号,pp.615-623,1997年7月
  • 平田博章,奥村晃生,柴田幸茂,新實治男,柴山潔: マルチスレッドプロセッサおよび1チップマルチプロセッサのための命令キャッシュ構成・命令フェッチ方式の性能比較,電子情報通信学会 論文誌,J-81-D-Ⅰ巻,6号,pp.615-623,1998年6月
  • 布目淳,平田博章,新實治男,柴山潔: 超並列計算機のための負荷変化速度を考慮した動的負荷分散方式,電子情報通信学会 論文誌,J-83-D-Ⅰ巻,9号,pp.936-945,2000年9月
  • 山村周史,門田匡史,平田博章,新實治男,柴山潔: 連結リスト構造を対象としたデータプリロード方式の評価,電子情報通信学会 論文誌,J-84-D-Ⅰ巻,2号,pp.136-145,2001年2月
  • 布目淳,平田博章,柴山潔: ネットワーク検証のための放送範囲可変型イーサネットスイッチ,電子情報通信学会 論文誌,J-88-D-Ⅰ巻,4号,pp.908-911,2005年4月
  • 中務国男,布目淳,平田博章,柴山潔: リターンアドレスの改ざん検出機能を備えたマイクロプロセッサアーキテクチャ,電子情報通信学会 論文誌,J-97-D巻,3号,pp.614-624,2014年3月
  • S. Ichii, A.Nunome, H. Hirata and K. Shibayama: A Lazy-Updating Snoop Cache Protocol for Transactional Memory, Intn. J. of Computer & Information Science (IJCIS), Vol.15, pp.31-40, Jun.2014
  • A.Nunome, H. Hirata and K. Shibayama: A Distributed Storage System with Dynamic Tiering for iSCSI Environment, Intn. J. of Networked and Distributed Computing (IJNDC), Vol.3, No.1, pp.42-50, Jan.2015
  • S. Yuki, A.Nunome, H. Hirata and K. Shibayama: A Large-Scale Speculation for the Thread-Level Parallelization, Intn. J. of Computer & Information Science, Vol.17, pp.24-32, Jan-Mar.2016

ほか多数(学術論文,総説論文,調査報告,研究報告,科学研究費補助金報告書等)