トップ » 教授陣 » 教授 » 渡邉 勝正

渡邉 勝正

Katsumasa Watanabe
渡邉 勝正

経歴

  • 京都大学大学院博士課程修了(数理工学専攻),工学博士
  • 元京都大学助教授,元福井大学教授,元奈良先端科学技術大学院大学教授,一般社団法人情報処理学会フェロー

メッセージ

世の中の様相はたえず変化しています。コンピュータの高性能化とインターネットを含めた情報通信の技術が,その変化を速め,変化の範囲を拡大しています。それに伴い,社会における価値観も多様になっています。しかし,ある面では,一様に同質化しているという現象も見られます。このようなときにあって,若いみなさんが溌剌とした発想で,積極的に新しいものに取り組み,将来の世界を担っていく意欲と力を養われることを願っています。

みなさんのそのような要請を実現するにあたって,斬新な発想で創設された「京都情報大学院大学」は最適の環境です。本学では,みなさんの入学を万全の態勢を整えて待っています。他の大学院には見られない特徴をもつカリキュラムと,教育研究スタッフを揃えて,多くのみなさんの入学に備えています。みなさんが本学に飛び込んでこられることを大いに推奨いたします。

私は,高校3年生のときに,新聞に「人工智能」(当時,このように表現されていました)という見出しで,「電子計算機」のことを紹介している記事にめぐり会いました。それによって,それまでに考えていた進路を変えて,コンピュータの世界に入りました。とくに,プログラミング言語とソフトウェアに興味を持ち,コンパイラを含めた言語プロセッサの開発研究に従事してきました。

最近取り組んでいる問題の一つに「アクティブソフトウェア」があります。これは,自律ソフトウェアや適応ソフトウェアとも関連するもので,計算環境や計算状況の変化に応じて,プログラムが動的に変わろうとするものです。ネットワーク上のソフトウェアにとって大切な特徴です。

「アクティブ」(Active,能動的)という言葉は,「アクティブ学習」など,さまざまな分野で使われています。それは人間の活動の根本でもあります。みなさんは,これまでに自分の判断でアクティブに行動してこられたことと思います。本学に入学して,自発的に勉学に取り組まれて,新しい夢と構想を実現していかれることを歓迎いたします。

担当科目

  • ウェブ技術概論
  • ウェブサービス構築技法
  • キャリア強化科目

専門分野

 

ソフトウェアシステム

  • システムソフトウェア:計算機システムで基本となるソフトウェアで,言語プロセッサ(コンパイラ)とオペレーティングシステム(OS)を指す。個々の応用プログラムの開発と実行を支えている。データベースシステムやネットワークシステムのソフトウェアを含めるようになっている。
  • アクティブソフトウェア:プログラム自身が,実行の状態を感知したり,計算の状況を知って,能動的に起動する機能をもつソフトウェアである。自分を変更すること,他のサイトに移動して計算を継続することの機能をもつように拡張していくことが含まれている。
  • ハードウェア / ソフトウェア協調設計:計算機システムの設計と実装を,ハードウェアとソフトウェアを一体に考えて進める方法である。応用に適した最適な実装を実現する。そのためには,ハードウェアに可変である部分をもつことが必要である。

業績

  • 渡邉勝正,井上晶広,蔵川 圭,中西正樹,山下 茂,拡張に適したアクティブソフトウェアの設計解析法,日本ソフトウェア科学会 第22回全国大会 (2005年9月)  1C-3
  • N. Nakai, M. Nakanishi, S. Yamashita, K. Watanabe, Reconfigurable 1-Bit Processor Array with Reduced Wirng Area, Proc. International Conference on Engineering of Reconfigurable Systems and Algorithms (ERSA 2005) , pp.225-231, Jun. 2005
  • 渡邉勝正,井上晶広,伴野 充,蔵川 圭,中西正樹,山下 茂,能動関数によるアサーション検証設計,コンピュータソフトウェア,Vol.22,No.3,p.76-91,2005年7月
  • Y. Murakami/ M. Nakanishi/ S. Yamashita/ K. Watanabe, Quantum versus Classical Pushdown Automata in Exact Computation, Journal of IPSJ, Vol.45, No.10, pp.2471-2480, Oct. 2005
  • M. Tomono, M. Nakanishi, S. Yamashita, and K. Watanabe, Event-Oriented Computing with Reconfigurable Platform, In Proc. of the 10th Asia and South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC 2005) , pp.1248-1251, Jan. 2005
  • S. Yamashita, M. Nakanishi, and K. Watanabe, Toward a Practical Environment for Quantum Programming,  Proc. of Asia-Pacific Conference on Quantum Information Science 2004,  Dec. 2004
  • 井上晶広,蔵川圭,中西正樹,渡邉勝正,コンポーネントベース開発のためのアプリケーションフレームワーク,情報科学技術レターズ 2004 Vol.3,pp.9-11,2004年8月
  • 桑川栄一,渡邉勝正,平面プラン作成支援における設計資産の活用~建築平面プランを対象として~,情報処理学会 2005年情報学シンポジウム 講演論文集,pp.47-52,2005年1月
  • 渡邉勝正,“アクティブソフトウェアからアクティブ・ウェブへ”,NAIS Journal Vol.2,2007年3月
  • 渡邉勝正,西川高生,“略語の正式名称を推測する情報の収集”,NAIS Journal Vol.4,2009年3月
  • 渡邉勝正,“巡回するオブジェクトによるデータ収集”,NAIS Journal Vol.6,2011年3月
  • 岡崎篤也,山下茂,中西正樹,渡邉勝正,マイクロプロセッサ,ノード端末,コンピュータシステム,及びプログラム実行証明方法,特願2005-013190
  • アキューム | 京都コンピュータ学院校友会機関誌