トップ » 教授陣 » 教授 » ピーター・アンダーソン

ピーター・アンダーソン

Peter G. Anderson
ピーター・アンダーソン

経歴

  • (米国)マサチューセッツ工科大学卒,同大学院博士課程修了(数学専攻),Ph.D.
  • 元RCAコンピュータ開発部門上級技術者,(米国)ロチェスター工科大学コンピュータサイエンス学科名誉教授,同コンピュータ技術研究所主席研究員,IJCR編集委員

メッセージ

私は,マサチューセッツ工科大学(MIT)で数学を専攻し,1962年に学士号,1964年には博士号を取得しました。MIT,プリンストン大学で教鞭をとった後,RCA社コンピュータシステム部門でコンパイラ研究に取り組みました。その後,コンピュータサイエンス分野の教授としてニュージャージー工科大学,シートンホール大学,そしてロチェスター工科大学(RIT)で教鞭をとりました。RITでは,コンピュータサイエンス学科およびイメージングサイエンス学科の教授として,25年間にわたり教育・研究活動に従事してきました。また,RITコンピュータサイエンス学科修士課程プログラムの責任者を務め,プログラミング言語,コンピュータ理論,パターン識別,ニューラル・ネットワーク,遺伝的アルゴリズム等の科目を担当しました。

数年間にわたり,本学のグループ校である京都コンピュータ学院の短期集中コース担当のために毎年京都を訪れました。このような素晴らしい機会を得て,またここで多くの良き友人に出会えたことを心から嬉しく思います。

また,長年にわたり,多くの研究を行い,RCA社,Dun & Bradstreet社,Xerox社,Kodak社,Hewlett-Packard社,国勢調査局等のコンサルタントを務めました。Kodak研究所では,手書き文字認識の研究を行いました(2件の特許を取得)。数学をはじめ,プログラミング言語,画像処理,遺伝的アルゴリズム等に興味を持ち続けており,各種の協会にも参加しています。

私は,本学教員の一員であることを誇りに思っています。また,学生のみなさんが,この興味深く魅力的で,ダイナミックなITの世界へ一歩踏み入れられたことを心より歓迎します。ITは,かつて例を見ない速さで進歩し続けています。また,ITの応用範囲もますます広がっています。IT専門家は,コンピュータ,ソフトウェア,インターネットを多種類の企業体へ統合することができる,貴重な人材であるといえます。

Study it, master it, and enjoy it!

担当科目

  • データマイニングの基礎理論

業績

Publications

  • “Cobordism Classes of Squares of Orientable Manifolds”, Bulletin of the American Mathematical Society Vol.70, No.6, pp.818-819, 1964
  • “Cobordism Classes of Squares of Orientable Manifolds”, Annals of Mathematics Vol.83, No.1, pp.47-53, 1966
  • “A Generalization of Baudet's Conjecture (Van der Waerden's Theorem) ”, American Mathematical Monthly Vol.83, No.5, pp.359-361, 1976
  • “Another Proof of the Theorem on Pattern Reproduction in Tessellation Structures”, Journal of Computer and System Sciences Vol.12, No.3, pp.394-398, 1976
  • “On the Formula pi = 2 SUM arcot f[2k+1]”, The Fibonacci Quarterly Vol.16, No.2, pp.118, 1978
  • “Redundancy Techniques for Software Quality”, Proceedings of the 1978 Annual Reliability and Maintainability Symposium, 1978
  • “Fibonacene”, Fibonacci Numbers with Applications, Proceedings of the 1984 Conference of the Fibonacci Association, D. Reidel Publishing Company, 1985
  • “Multidimensional golden means”, Presented at the Fifth International Conference on Fibonacci Numbers and their Applications,Summer, 1992. Published in: Applications of Fibonacci Numbers Vol.5, G. Bergum, N. A. Philippou, A. F. Horodam, ed., Kluwer, pp.1-10, 1993
  • "Fast Rendering”, Computer Language, pp.40-48, 1993
  • “Linear Pixel Shuffling for Image Processing, an Introduction”, The Journal of Electronic Imaging, pp.147-154, 1993
  • “Linear pixel shuffling applications”, Proceedings of the 47th Annular Conference of the Society for Imaging Science and Technology, pp.506-508, 1994. Reprinted in Recent Progress in Digital Halftoning, Reiner Eschbach, ed., The Soc. for Imag. Sci. and Tech., 1995
  • “An algebraic mask for halftone dithering”, Proceedings of the 47th Annular Conference of the Society for Imaging Science and Technology, pp.487-489, 1994. Reprinted in Recent Progress in Digital Halftoning, Reiner Eschbach, ed., The Soc. for Imag. Sci. and Tech., 1995
  • “Advances in Linear Pixel Shuffling”, Proceedings of the 1994 International Conference on Fibonacci Numbers and their applications, 1994
  • “Using the J Language for NN and GA Experiments”, in Proceedings of the International ICSC Symposium on Intelligent Industrial Automation (IIA'96) and Soft Computing (SOCO'96) , March 26-28, Reading,U.K., ICSC Academic Press, ISBN 3-906454-01-0, 1996
  • “Training Wheels for Encoder Networks”, in Proceedings of the International ICSC Symposium on Intelligent Industrial Automation (IIA'96) and Soft Computing (SOCO'96) , March 26-28, Reading,U.K., ICSC Academic Press, ISBN 3-906454-01-0, 1996
  • “The Unit RBF Network: Experiments and Preliminary Results”, Cybernetics and Systems, an International Journal, 2002
  • “Ordered greed”, Proceedings of the ICSC Conference on Soft Computing (SOCO'99), Genoa, Italy, 1999
  • “The Unit RBF Network: Experiments and Preliminary Results”, Neural Computing 98, Vienna, 1998
  • “Linear pixel shuffling error diffusion”, Proceedings of the Imaging Science and Technology conference, PICS 2000, Portland, Oregon, 2000
  • “The Unit RBF Network: Experiments and Preliminary Results”, Cybernetics and Systems, an International Journal, 2002
  • “A Genetic Algorithm Search for Improved Halftone Masks”, with Jonathan S. Arney, Samuel A. Inverso, Daniel R. Kunkle, Timothy M. Lebo, and Chadd Merrigan, in Artificial Neural Networks in Engineering (ANNIE) , 2003
  • “Compressible Halftones”, with Changmeng Liu, Proceedings of The SPIE/IS&T Symposium on Electronic Imaging, Santa Clara, CA, 2003