トップ » 教授陣 » 教授 » 向井 苑生

向井 苑生

Sonoyo Mukai
向井 苑生

経歴

  • 京都大学理学士,同大学院博士課程修了(宇宙物理学専攻),理学博士
  • 元金沢工業大学・同大学院工学研究科教授,元近畿大学理工学部・同大学院総合理工学研究科教授,元日本リモートセンシング学会理事,研究会会長,現評議員,元日本エアロゾル学会監事,常任理事,日本学術振興会専門委員,SPIE (Asia-Pacific Remote Sensing 部会委員),GWIS (Graduate Women In Science)日本支部委員,Deputy Director General of the IBC (International Biographical Centre) for Asia
  • オープンアクセス科学技術誌 frontiers 編集委員会査読部会長(環境情報学)

メッセージ

「地球環境をあなたのITで支えましょう」

大学院時代に宇宙物理学研究室で学んだ星の大気における光散乱理論を地球大気に応用して,地球環境問題に取り組んでいました。複雑で膨大なシステムやデータを対象とする地球環境の理解には幅広い科学知識の理解と高度な情報技術が不可欠です。今我々が直面している環境汚染や地球温暖化などの地球規模の環境問題を学び,地球環境問題解明のために「何ができるのか」「何をしなければならないのか」を考え,さらに一歩進んで一人ひとりが修得したITを生かして地球環境問題について「行動する自主性」を身につけて欲しいと願っています。

担当科目

  • 環境情報システム

専門分野

  • 地球大気モデルにおける放射シミュレーションと大気微粒子の地上ならびに人工衛星からのリモートセンシング

業績

受賞

  • リモートセンシング学会論文賞受賞:向井 苑生,佐野 到 “POLDER多方向データから導出したエアロゾル特性の全球分布”,日本リモートセンシング学会誌,20(3),pp.85-93,2000
  • The Scientific Award of Excellence 2011 in the field of Earth & Planetary Science: Recognized by The American Biographical Institute

著書

  • エアロゾルの大気環境影響(共著) 京都大学学術出版会,2007
  • 大気と微粒子の話-エアロゾルと地球環境(共著) 京都大学学術出版会,2008
  • 黄砂(共著) 古今書院,2009

ほか,計7冊

論文

  • 3D映像教材作成システムの開発:ステレオ映像編成ツール,NAIS Journal Vol.6,2011,共著
  • 大気エアロゾルのサイズ分布モデル,NAIS Journal Vol.7,2012,共著
  • Relationship between AOT and PM based on multi-measurements and model simulations, Nais Journal Vol.7, 2012, 共著
  • DEDICATION for Prof. Sueo UENO, Nais Journal Vol.7, 2012, 共著
  • Ground and satellite-based measurements of aerosols during heavy haze events, Nais Journal Vol.9, 2014, 共著
  • Air Quality, Nais Journal Vol.10, 2015, 共著
  • アキューム | 京都コンピュータ学院校友会機関誌

ほか,約150編

代表者として受けた外部研究資金

  • 科学研究費補助金: 10件
  • 受託研究補助金(NASDA/JAXA): 4件
  • 私立大学学術研究高度化推進事業(ORC): 1件