トップ » サテライト

サテライトで学ぶ

札幌・東京でも履修が可能なサテライトキャンパス

ICT分野の高度専門職業人へのニーズが高まっていることを受け,京都情報大学院大学(KCGI)では,最先端のICTとそのビジネスへの応用をより多くの人に学んでいただくために,札幌と東京にサテライトキャンパスを設置しています。伝統と革新の街・京都で生まれ育った本学独自の実践的なカリキュラムにより,京都本校に限らず,各サテライトにおいて,修士号を取得しキャリアアップする学生が増加しています。京都本校からの配信や出張講義,eラーニングに加え,IT業界の第一線で活躍中のサテライトの専任教員がひとりひとりの学生の目標にあった学習をバックアップします。あなたのビジネス課題を解決する知識,スキルをサテライトで学び,パワーアップしませんか。

忙しい社会人もeラーニングで働きながらスキルアップ

学びたい内容を自由に学ぶことができる本学独自の学習管理支援システム「KING-LMS」を通じ,学生は時間帯を問わずPC,タブレットやスマートフォンなど好きな端末を通じeラーニングコンテンツにアクセスすることが可能です。 働きながら修士号取得を目指す学生の在籍率が高いサテライトキャンパスでは,インターネットを通じて授業資料や講義の録画を見ながら学習を進めています。質問,テストや課題の提出に限らず,KING-LMSを通じて先生やクラスメイトとコミュニケーションをとるなど最先端のICTを活用しています。

社会人学生[2年目]の1週間のスケジュールの例

月曜日 週明け早々、客先のトラブルにつきあって帰宅が遅くなる。 講義なし
火曜日 職場でクライアントとのミーティングが盛り上がり,そのまま飲みに。 講義なし
水曜日 勤務先がNO残業デーなので早く仕事を切り上げ,プログラミングの授業を18時半からサテライトで受講。専任の先生が教えてくれる演習科目で課題も実践的。 2コマ
木曜日 修士論文にあたる課程修了プロジェクトのためのゼミに19時から参加。指導教員に進捗を報告し,助言をもらう。 1コマ
金曜日 仕事の納期があと1週間。プロジェクト管理にひとりエクセルと向き合う。 講義なし
土曜日 遅めの朝食のあと,eラーニングでセキュリティの講義を受講。ランニングで気分転換して家族と夕食。 eラーニング
日曜日 昼食はネットで見つけたお得なフレンチのお店に。周辺を散策して帰宅後,週明けに職場で発表するプレゼン資料を少しだけ手直し。 講義なし

フルタイム学生[1年目]の1週間のスケジュールの例

月曜日 必修科目「リーダーシップセオリー」は隔週開講。英語と日本語のバイリンガルの講義で国際色豊か。今日はグループワークで一緒になった留学生と母国の名物を食べに。 講義なし
火曜日 ウェブビジネス概論を18時半からサテライトで受講。元大手企業CIOの教授の熱のこもった講義。 1コマ
水曜日 午前中、自宅でeコマース関連の講義コンテンツを視聴。午後からは課題に取り組む。一息ついたら出発して18時半からプログラミングの講義をサテライトで受講。 2コマ
木曜日 ジムに行ってから登校。京都の先生がオムニバス形式で専門分野の講義をするウェブビジネスシステム概論を18時半から受けた後、サテライトの先生によるデータベース概論を受講。 2コマ
金曜日 プログラミングの課題を自宅で手直し。課題を提出して夜は大学時代の友達と食事に。 講義なし
土曜日 次世代農業情報学をサテライトにて受講。来週は農場見学に行く予定だ。 3コマ
日曜日 ゲームイベントを見に行く。はやくプログラミングを上達させて自分でもゲームをつくりたいな、とモチベーションがあがる。 講義なし

サテライト修了生・在学生の声

SAP認定コンサルタント資格を取得し,キャリアアップにチャレンジ

張作為さん
張作為さん

職場ではシステムエンジニアとしてSAPシステムのアドオンプログラムの開発に携わってきましたが,技術だけでなく業務プロセスを把握してコンサルティングもできるようになりたいと思い入学しました。長期履修制度を活用し,3年間かけて働きながら修士号を取得しました。ビジネス関連科目を通じ,リーダーシップや経営を学び,在学中は上田治文教授のゼミで,財務会計と販売物流を中心に学び目標どおり3つの資格を取得しました。課程修了プロジェクトでは「SAP HANA環境でのデータ分析 HANAを活用してのシステム開発」をテーマに取り組みました。

マネージャーをしながら,業務効率化をテーマに論文執筆

小山武志さん
小山武志さん

メーカーでITの管理を遂行するためには経営的な知識が不可欠です。数年前MBAを取得しましたが,高度なITを踏まえたビジネスプロセスの研究の必要性を感じ入学しました。サテライトなので本校と違って,設備面では物足りないと感じることもありますが,自宅で録画授業に基づき実務的な課題に取り組むことで履修できる科目もあり本学を選択しました。仕事との両立においてはeラーニングを中心として時間を決めて取り組みました。卒業研究ではビジネスプロセスの課題を論理的に考察し,エンタープライズシステム構築のためのアーキテクチャを提案する論文を執筆しました。年長者ということもあり,京都にいる年下のゼミメンバーに向けて遠隔講義システムを使って学内で講演する機会もいただきました。さらにたくさんの仲間に出会えるよう,修士号取得後も校友として学校と関わりを持ち続けたいと思います。

講義で学んだことが直接、業務に役立つのを実感

堀川敦史さん
堀川敦史さん

IT業界で長年働いてきましたが,しっかりとしたITの知識を身につけたいと思い札幌サテライトに入学しました。サテライトは設備が整っていたため京都本校との距離感は感じませんでした。講義のメニューが豊富なことにも驚きました。勉強は仕事をしながらでしたが,夜や土日の通学,それにeラーニングコンテンツの活用で時間が有効に使え,勉強がスムーズにできました。講義で教えていただいたことが即,実践につながった例も多々あります。Facebookページの活用や各種クラウドサービスなど,いま業務で大変役に立っています。今後も仕事をしながら,プロジェクトマネジメントにおける品質管理などの面で学び続けていきたいです。

京都情報大学院大学のサテライト展開

あなたの街で最先端を学ぼう

京都情報大学院大学のサテライトでは,公開講座,大学院説明会などを開催しています。また希望の日程での個別相談も行なっています。