トップ » 学校紹介 » 教育目標と3つのポリシー

教育目標と3つのポリシー

教育目標

本学の使命・目的を学生の教育において実現するために,本学のウェブビジネス技術専攻の教育目標を以下のように掲げる。

基礎的素養の確保

コミュニケーション能力を始めとして,ビジネスを推進する基礎となる社会的スキルを身につける。また,IT(ICT)を構成するソフトウェア・ハードウェア・ネットワークなどの基盤技術について理解する。

企画・設計能力の向上

ビジネスとそれを支えるIT(ICT)の現状および動向を広く調査・分析し,企業や社会が抱える課題に対して合理的なアプローチを企画・立案できるようにする。また,それを具体化するための様々なシステムやコンテンツを設計できるようにする。

開発・運用能力の向上

企画・設計されたシステムやコンテンツを,ソフトウェアによる実装や利用者への提供などを通じて,実際に活用できるようにする。また,それら開発・運用に必要な様々なツールや規約などに関する実務的知識を深める。

職業人意識と倫理観の醸成

ビジネスプロセスを責任を持って担当し,それらを継続的に改善していけるような高い職業人意識と倫理観を養う。併せて,実践的なリーダーシップや組織管理の方法論などを学ぶ。

アドミッション・ポリシー(Admission Policy : 入学者の受入れに関する方針)

IT(ICT)分野は情報系・経営系の融合領域であり,その対象は複雑多岐にわたっており,この分野で活躍できる人材に対する産業界のニーズは多様化する一方です。工学部出身者を前提とする工学系研究大学院のみにIT(ICT)分野の人材育成を委ねていた従来の教育体制では,産業界の多様な人材供給のニーズに応えることは不可能でした。今後の産業・経済の発展のためには,極力多様なバックグラウンドを持った人材をIT(ICT)分野の高度専門職業人として育成していくことが必要です。

こうした観点から,本学は,出身学部を限定することなく,極力多様なバックグラウンドを有する以下のような学生を広く受け入れる方針です。

  1. 本学において専門知識を修得するための基礎学力を有する人
  2. 既成概念にとらわれず,新しいことを学び,自ら考え,創造する意欲を有する人
  3. 周囲と協力し,コミュニケーションを通じて問題を解決する意志を有する人

※ICT(Information and Communication Technology):情報通信技術

カリキュラム・ポリシー(Curriculum Policy:教育課程の編成および実施に関する方針)

本学では,その使命・目的に基づき,IT(ICT)スキルとマネジメントスキルとを兼ね備えた,ウェブビジネス分野で活躍できる高度専門職業人を育成するためのカリキュラムを実施する。

科目群

教授すべき科目の総体を,特定の専門領域に関する知識を深めることができるよう,体系付けグループ化されたコンセントレーション(Concentration)科目群,特定の業界についての専門・周辺知識学習や事例研究等も含め,技術の実践的活用を念頭に置いた産業分野(Industry)科目群,さらにヒューマンスキルや高度な理論,最先端技術動向について学ぶ選択科目群(Supporting Elective)に大別する。

履修モデルの編成

学修の目的・志向に応じて,次の履修するモデルを編成し,学生が効率よく体系的・段階的に学べるようにする。

コンセントレーション(Concentration)モデル

広範なIT関連知識の中で特定の分野において基礎から応用・実践まで広く深い専門知識を身につけることに重きを置いたモデル。

産業分野(Industry)モデル

ICTの適用分野である各種産業における個別の知識や問題発見・企画・設計力を身につけ,広い範囲の産業分野で技術の実践的活用を念頭に置いた科目群より選択する履修モデル。

一般IT(General IT)モデル

コンセントレーションや産業分野に関係なく,多様な学生の個々の修学目的に応じた科目を選択する履修モデル。

マスタープロジェクト(Master Project)

各種科目の履修とあわせて,担当教員の指導のもとで様々なテーマを追求するマスタープロジェクトを遂行し,実践的な応用能力の育成を図る。

変化への対応

IT(ICT)分野の急速な発展に対応するため,高度専門職業人に必要とされるコンピテンシーの変化に合わせて,カリキュラムの見直しと更新を常に行う。

ディプロマ・ポリシー

本学においては,以下の3つの要件をすべて満たした者に対し,修士(専門職)の学位を授与する。

  1. 定められた修了年限を全うすること
  2. 定められた必要単位を修得すること
  3. カリキュラムに沿った履修方法によって科目を履修し,高度専門職業人としての基盤となる知識,応用力,ならびに高い倫理観を身につけていること