トップ » 学校紹介 » 2008年のニュース » 四川省大地震 義援金ご協力のお願い

四川省大地震 義援金ご協力のお願い

2008年05月30日

2008年5月12日に発生したマグニチュード8の中国・四川省大地震は,10万人に及ぶ死者・行方不明者を出すなど甚大な被害をもたらし,家屋倒壊や道路寸断等によって今もなお多くの方々が避難生活を余儀なくされているようです。私たち,京都情報大学院大学・京都コンピュータ学院に中国から留学してきた学生たちは,報道される故国の惨状に大きく心を痛めております。

私たちは現地に救援に行くことはできませんが,被災して困っている人たちに,できる限りのことをしたいと思い,京都情報大学院大学と京都コンピュータ学院の中国人留学生が集まって「地震被災地の復興を願うkcg.edu中国人留学生会」(代表:京都情報大学院大学 玄明成さん)を結成,5月23日(金)~25日(日)に京都市内で街頭募金活動を実施し,多くの方々から善意と励ましの言葉をいただきました。心より感謝申しあげます。

このたび,京都情報大学院大学・京都コンピュータ学院の協力を得てネット上でも同趣旨の募金活動をさせていただくことになりました。お寄せいただいた皆様の善意は,学校を通じて日本赤十字に振り込み,被災者の支援・救援や被災地の復興に役立たせていただきたいと思います。

多くの日本の方々が,応援してくださっています。このことをぜひ,現地の人に伝えたいと思っています。何卒,趣旨ご理解のうえ,ご協力いただけますよう,よろしくお願い申しあげます。

地震被災地の復興を願うkcg.edu中国人留学生会


京都情報大学院大学,京都コンピュータ学院(KCGグループ)は,このたびの留学生の会の強い思いに志を同じくし,活動への全面的な支援をいたします。KCGグループは中国から毎年多数の留学生を迎えています。また中国の十数校の大学と姉妹校提携を結び学生・教員相互派遣などを展開するなど関係は非常に強く,同じアジアの一員としても,支援・復興に可能な限り手を差し伸べたいとの思いを強くしております。

教職員,学生一同,大地震によって亡くなられた方へのご冥福をお祈りいたしますとともに,負傷者の一日でも早い回復,被災地の復興を心より願っています。

支援募金について,緊急に以下のような窓口を設けました。どうか,ご協力を賜りますようお願いいたします。

◇お振込みいただく場合
三菱東京UFJ銀行 京都支店
口座名義:KCG救援募金委員会(ケーシージーキュウエンボキンイインカイ)
口座番号:6911829
◇ご持参いただく場合
京都情報大学院大学事務室
京都コンピュータ学院洛北校,鴨川校,京都駅前校事務室
募金箱を事務室に設置しております。
◇ご郵送の場合
〒606-8412
京都市左京区浄土寺馬場町1番地  
京都コンピュータ学院総務部 四川省大地震義援金係
電話:075-762-2030   FAX:075-761-0251