トップ » 学校紹介 » 2009年のニュース » 2008年度課程修了プロジェクトの紹介

2008年度課程修了プロジェクト紹介

2009年02月18日

京都情報大学院大学(KCGI)では,2年次後期に,それまでに修得した知識の集大成ともいえる課程修了プロジェクトに取り組みます。課程修了プロジェクトは,学位授与において,従来の研究大学院における修士論文と同等の意義を有します。

去る2月5日,6日に今年度の課程修了プロジェクトの発表会を開催しました。下記のタイトルで,グループまたは個人で発表を行い,指導教授などから講評を受けました。

ウェブ型企業資源計画(ERP)
・音楽レコード会社の意思決定支援のためのERPシステム開発
・国際観光企業におけるSAPシステム開発

ウェブ型顧客管理手法(CRM)
・システムダイナミックスに基づく食料自給率の向上とCO2削減に関するモデル構築とケーススタディ

ウェブ型サプライチェーン管理(SCM)
・農業生産法人の発展に寄与する新モデルの提案  (農業生産法人共同経営による販売力強化を実現するSCMモデル)
・総合スーパー業界に対する今後の戦略の提案(駅における食品専門店の出店の提案)
・フレームワーク「Struts」を使ったWebアプリケーションの開発による生産性向上の考察
・日本物流業界の現状分析と今後の戦略の提案
・中国物流産業に関する調査および分析
・中国へ進出した日系企業への労務管理に対する提言

データウェアハウス(DWH)と知識管理
・Money Miner: Software for Meta Analysis of Financial Markets
・SASおよびSASEnterpriseMinerによるデータ分析とデータマイニング

セキュアな情報システムの構築
・ピクセルトークンを用いた認証システム

情報システムの最適化
・RSSを中心としたコミュニティサイトフレームの開発
・オブジェクト指向チーム開発を題材とした産学協同プロジェクトの実践  組み込みシステム開発,モデル駆動型ロボットチャレンジを例にして

戦略的統計システムの開発
・モデル化とシミュレーションの授業設計・ソフトウェア開発(ビールゲーム等)・実践・評価
・コンピュータグラフィックスを用いた統計データ等の3次元グラフ表示
・愛知県における放置自転車のシステムダイナミックスモデリング

eラーニングシステムの開発
・複数のWEBアプリケーションを用いたe-ラーニング環境の構築