トップ » 学校紹介 » 2009年のニュース » 新型インフルエンザ感染拡大に伴う措置(eラーニング対応)について

新型インフルエンザ感染拡大に伴う措置(eラーニング対応)について

2009年05月22日

学生の皆さんへ

5月21日(木)に京都市内で新型インフルエンザの感染者が確認されたことから,京都府および京都市より休校の要請がありました。本学では,休校・休講とはせず,授業による登校を停止する措置を取ります。

5月22日(金)から27日(水)まで,授業はeラーニングで実施します。各授業の担当者によって,Blackboard学習システムを使用しての授業の進め方は異なりますから,注意してください。

複数の学生が対面する行事等はすべて中止もしくは代替措置を取ります。就職指導や進路相談等も原則としてeメールで行います。クラブ・サークル活動等,複数の学生が対面する活動は中止し,必要に応じて通信で行うようにしてください。

また,学生各位は引き続き以下のように対応し,感染拡大防止に努めてください。

  1. 各自体調に十分気をつけ,発熱・咳などインフルエンザ感染が疑われる症状がある場合は,発熱センター等相談窓口へ電話をして,指示を受けたうえで診察を受けてください。
  2. 感染予防策を徹底してください。
    • 不用の外出を控える
    • うがい・手洗いの徹底
    • マスクの着用(電車・バスなど閉鎖された空間にいる時,止むを得ず外出する時など)
  3. 就職活動中の学生は,行動範囲が広くなることによって,感染機会が増えます。【2】の感染予防策を徹底するとともに,体調には十分気をつけてください。発熱・咳などインフルエンザ感染が疑われる症状がある場合は,説明会や採用試験に出席せず,応募先企業ならびにキャリアセンターへ連絡してください。(キャリアセンターは,授業による登校を停止する期間も開室しています。まずは電話かeメールで用件を伝えてください。)
  4. eラーニングでの授業の詳細については,キャンパスポータルおよびBlackboard学習システムでお知らせします。
  5. 学生各位においては,自分の状況を正確に把握し,冷静な判断のもとに行動してください。