トップ » 学校紹介 » 2011年のニュース » 中国ERP大手企業がKCGIを訪れて採用面接試験を実施しました

中国ERP大手企業がKCGIを訪れて採用面接試験を実施しました

2011年09月02日

中国の企業向けにERPやSAPの導入支援などを手掛ける大手企業の上海漢得信息技術有限公司(HAND)は9月1日,KCGIで採用面接試験を実施,2012年3月修了予定の中国人留学生ら5人が受験しました。企業担当者がKCGIに訪れて面接試験をするのは初めてです。

KCGI京都駅前サテライト(KCG京都駅前校)で,同公司の海外事業担当者が順に個別面接をしました。面接終了後,人事担当者は校舎を見学。今回の印象について「面接した学生は皆,考え方がしっかりしているなどレベルが高かった。KCGIはIT分野の最先端の人材を育成していることがよく分かった」と話していました。

同公司は1996年4月に設立。現在,上海の本社のほか,北京,広州,東京にオフィスがあり,従業員は約1300人。これまでに約600社にERPを導入した実績があるといいます。2011年2月,中国・ナスダックに株式を上場しました。