トップ » 学校紹介 » 2012年のニュース » 札幌サテライトを4月に開設

札幌サテライトを4月に開設,北海道でITトップリーダー育成へ

2011年12月22日

京都情報大学院大学(KCGI)は2012年4月1日,北海道札幌市に「札幌サテライト」を開設,北海道の地でIT応用分野のトップリーダー育成に向けた教育を開始することになりました。すでに文部科学省への届け出を済ませました。社会人の方を含め,文系・理系出身を問わず幅広い分野から学生募集を始めます。

札幌サテライトは,北海道札幌市中央区大通西5丁目11番地,株式会社 デジック内に置きます。デジックの中村真規・代表取締役社長は,一般社団法人 北海道情報システム産業協会(HISA)会長,一般社団法人 全国地域情報産業団体連合会(ANIA)の会長を務めています。中村氏は実務系教授として,講義を担当する予定です。

札幌サテライトでは,現地での対面講義のほか,本学独自の最新のeラーニングシステムを用い,京都本校(京都市左京区田中門前町7)を結んだリアルタイムな講義を実施します。録画した講義のコンテンツはサーバに保存され,学生はインターネットを介して,いつでもどこでも学習できます。また,講義時間は平日の夜と土曜日にも設定いたしますので,社会人の方は働きながら学ぶことが可能です。

KCGIが京都以外にサテライトを開設するのは,札幌が初めてです。

KCGIは2004年4月に開学以来,情報系・経営系二つの専門領域にわたるIT分野の技術教育を展開し,修了者にはIT応用分野における国内最高学位(ターミナルディグリー=それより上はない学位)である情報技術修士(専門職)を授与しています。