トップ » 学校紹介 » 2012年のニュース » 校友会実行委員会開かれる――来年の50周年へ向けて

校友会実行委員会開かれる――来年の50周年へ向けて

2012年10月09日

来年のKCG創立50周年の記念行事のための校友会実行委員会が6日(土)開かれ,KCGI,KCGの校友約40人が参加しました。校友たちは母校の懐かしい雰囲気にひたるとともに,大きな節目を祝う記念行事を成功させようと誓い合いました。

記念行事は今年のプレイベントから始まり,来年6月1日の記念式典を頂点として,講演会など様々なイベントが2014年3月まで展開されます。この日集まった校友たちはイベントのスタッフなどとして運営に参加し,教職員とともに50周年を盛り上げていく役割を担います。

6日はまず京都情報大学院大学 京都駅前サテライト大ホールで,長谷川亘統括理事長が本学の現状を説明し,記念行事への校友の積極的な参加を呼びかけました。さらに50周年行事の概要などが説明された後,ラウンジに場所を移して懇親会が開かれました。

懇親会では,校友たちが一人ひとり近況を報告。1972年卒という草創期の校友から,今年春に卒業したばかりの校友まで世代を超えて語り合い,母校との絆を確かめ合いました。50周年行事の成功へと,決意を固めた夕べとなりました。

草創期を知る60代の校友も参加しました。
校友と教職員の語らい(その1)。
校友と教職員の語らい(その2)。
校友と教職員の語らい(その3)。
50周年に向けて成功を誓い合いました。