トップ » 学校紹介 » 2012年のニュース » マラウイ共和国の大臣がKCGを来訪されました。

マラウイ共和国の大臣がKCGを来訪されました。

2012年10月09日

KCGの海外コンピュータ教育支援活動を通じて親交のある東アフリカのマラウイ共和国の教育・科学大臣が10月8日(月),KCGを訪れ,コンピュータ教育の振興と今後の交流について語り合いました。

この日,KCGを訪問されたのはユニス・カゼンベ教育・科学大臣,ロンリー・マグレタ教育・科学次官,グレース・B・カロンガ駐日大使館参事官のお三方です。KCGは1998年,海外コンピュータ教育支援活動の一環としてマラウイにパソコン222台を寄贈。2009年にも駐日大使館を通じて15台を寄贈しました。

KCGで長谷川亘統括理事長をはじめとする教職員が一行を出迎え,京都情報大学院大学 京都駅前サテライト大ホールでKCGの沿革などを説明。その後会談が行われ,コンピュータ教育の今後の在り方や,今後の交流の発展について活発な意見の交換が行われました。

教職員の拍手の中,KCG京都駅前校本館に到着したマラウイ共和国のご一行(前からユニス・カゼンベ教育・科学大臣,ロンリー・マグレタ教育・科学次官,グレース・B・カロンガ駐日大使館参事官)
カゼンベ大臣(左)から贈られた記念品を手に微笑む長谷川亘統括理事長