トップ » 学校紹介 » 2012年のニュース » コロンビア・ティーチャーズ・カレッジの学長ご一家が訪問

コロンビア・ティーチャーズ・カレッジの学長ご一家が訪問

2012年10月31日

コロンビア・ティーチャーズ・カレッジの学長(プロボスト)であるトマス・ジェームズ博士が31日(火),京都コンピュータ学院(KCG)京都駅前校を訪問されました。

コロンビア・ティーチャーズ・カレッジはコロンビア大学の教育大学院です。奥様でやはりティーチャーズ・カレッジで教鞭を取られているレジーナ・コルティナ博士,ご子息で現在岡山県の学校で英語を教えていらっしゃるアレックス・ジェームズさんと3人で訪問されたジェームズ博士は,日本のコンピュータの歴史を物語るKCG資料館,西日本屈指の音響効果を誇る京都情報大学院大学(KCGI)の京都駅前サテライト大ホールや,eラーニングスタジオなどの設備を見学し,感嘆の声を挙げていました。

続いてジェームズ博士とご家族は,長谷川亘統括理事長らと懇談し,日米の教育のあり方などについて意見を交換。ジェームズ博士は特にeラーニングの教育における効果の大きさに注目し,「この分野の世界的リーダーであるKCGの経験には学ぶべきものがある」と評価していました。

KCGを訪問されたジェームズ博士ご一家(中央)と長谷川亘統括理事長(左端),長谷川晶KCG理事長(右端)
KCG資料館で貴重なコンピュータを見学されたご一家