トップ » 学校紹介 » 2013年のニュース » 2月24日にKCG AWARDS 2013-学生作品発表会を開催しました

2月24日にKCG AWARDS 2013-学生作品発表会を開催しました

2013年02月25日

2月24日(日),京都情報大学院大学 京都駅前サテライト大ホールにて,学生が卒業研究などで開発,制作した作品の中から優秀作品を発表する「創立50周年記念 KCG AWARDS 2013 -学生作品発表会-」を開催しました。

多くの作品から選び抜かれた6作品が出場,練習を重ねたプレゼンテーションによって発表されました。その後,IT企業から招待された6名の審査員の方々の厳正な審査と,会場の皆様からの投票により,ゲーム学科の米山哲平さんのゲーム開発用ツール「Knowall Library 5.0」が最優秀賞に輝きました。また,情報科学科の寺村彩貴さんほか7人によるメモ管理アプリ「Memohack」が創立50周年特別賞に選ばれました。

最優秀賞の「Knowall Library 5.0」は,ゲーム開発に必要なゲームフレームワーク,物理演算エンジン,計算幾何関数,エフェクト等々多くの機能を備えており,米山さんの4年間の集大成というべき作品です。米山さんは2年前にもKCG AWARDS 2011に出場しており,2回目の挑戦で見事栄冠を勝ち取りました。

創立50周年特別賞の「Memohack」はtwitterやFacebookなどの利用で,140字以内の短いメモを管理し,どこからでもアクセスできる実用性の高いサービスで,既に公開されて好評を得ています。

また,ゲストとして,グループ校の京都情報大学院大学の課程修了プロジェクト発表会から選ばれた牧野耕実さんによる「京都府観光ポータルアプリの開発」も発表されました。

来賓として訪れたカワサキのオートバイ「Z1」開発責任者で川崎重工元取締役・日本ガスタービン学会名誉会員,元会長の大槻幸雄さんは「コンピュータは私にはよくわからない分野ですが,同じ技術者として,みなさんが研究・開発に取り組む姿勢は,大変なものだと思います。商品化に近いものもあり,感銘を受けました」と笑顔で話していました。

KCG AWARDS 2013 -学生作品発表会-特設サイト
http://kcg.edu/awards/2013/

最優秀賞を受賞した「Knowall Library 5.0」を発表する米山哲平さん
最優秀賞を受賞した「Knowall Library 5.0」を発表する米山哲平さん
創立50周年特別賞に輝いた「Memohack」の発表をする寺村彩貴さん
創立50周年特別賞に輝いた「Memohack」の発表をする寺村彩貴さん
今年も素晴らしい発表会になりました(ノミネート者,審査員の皆様,教職員の集合写真)
今年も素晴らしい発表会になりました(ノミネート者,審査員の皆様,教職員の集合写真)