トップ » 学校紹介 » 2013年のニュース » 2012年度学位授与式・卒業式「本学との絆を大切に」

2012年度学位授与式・卒業式「本学との絆を大切に」

2013年03月21日

2012年度京都情報大学院大学(KCGI)の学位授与式と京都コンピュータ学院(KCG)の卒業式を2013年3月20日,京都情報大学院大学 京都駅前サテライト大ホールにおいて挙行しました。この日,記念すべき創立50周年の節目にあたる卒業生が,本学を巣立っていきました。

開式の辞の後,KCGIの修了生代表に「情報技術修士(専門職)」の学位記が,KCGの卒業生代表に卒業証書が授与されました。続いて,自主研修生の代表にも修了証書が授与されました。また,学業などで優秀な成績を収めたKCGIとKCGの最優秀賞と優秀賞受賞者にも表彰状などが贈られました。

引き続き長谷川亘 KCGI・KCG統括理事長が式辞。札幌サテライトや東京サテライトの開設や「.kyoto」(ドット京都)のドメイン立ち上げなど,近年のKCGグループの試みなどを挙げ,「これからグローバルに仕事をしていく中で,自分なりの強みを持つことが必要。自分はどのような人間なのか見極めて,自分の売りにしてほしい。本学のことを思い出し,卒業生同士が助け合い,絆を深め,仕事を協力できるようなネットワークの一員になってください」と語り掛けました。

KCGIの茨木俊秀学長は,ICT(情報通信技術)の進歩と変化と,それが引き起こすマイナス面について触れ,「ICTをどのように導いていくのかを考えることは卒業生の皆さんの役目。ICTの変化の中で活動する皆さんは,世の中の変化に影響を与えることができます。本学で学んだ知識を生かしてICT社会を正しい方向に進めるよう努力してください」とはなむけの言葉を送りました。

卒業の辞では,卒業生代表のKCGI応用情報技術研究科ウェブビジネス技術専攻の水谷亨さん(KCG情報学科出身)が,本校と提携を結んでいる中国の天津科技大学と福建師範大学での実習生活で得た経験などを織り交ぜて学生生活を振り返り,「経験を生かし,各分野でのスペシャリストを目指します。先生方や校友とのつながりを大切にして,情報技術が社会において果たすべき役割を再認識し,社会に貢献できる人材になれるよう精進していきます」と決意を述べました。

卒業式後は,京都東急ホテルにて祝賀会が行われ,教職員と修了生・卒業生が歓談しながら思い出のビデオを見たり,抽選会で盛り上がったりと,卒業の余韻を楽しみました。

「情報技術修士(専門職)」の学位記を受けるKCGI修了生の代表
「情報技術修士(専門職)」の学位記を受けるKCGI修了生の代表
KCG卒業生には,校長から卒業証書が一人ひとりに手渡されました
KCG卒業生には,校長から卒業証書が一人ひとりに手渡されました
祝賀会では,教職員らとともに卒業の余韻を楽しみました
祝賀会では,教職員らとともに卒業の余韻を楽しみました