トップ » 学校紹介 » 2013年のニュース » 暑さ忘れる澄み切った歌声! 世代を越え「みんなで歌おう」

暑さ忘れる澄み切った歌声! 世代を越え「みんなで歌おう」

2013年07月29日
「ハナミズキ」などハーモニーを奏でる女声合唱団D'a-uovo
「ハナミズキ」などハーモニーを奏でる女声合唱団D'a-uovo

7月28日(日)に,「KCGサマーフェスタ2013」の「みんなで歌おう」を京都情報大学院大学 京都駅前サテライトコンサートホールで開催しました。今年のテーマは「心やすらぐひととき」。子どもからご年配の方まで大勢の参加があり,澄み切った歌声をそろえ,会場がひとつになりました。

第1部は女声合唱団D'a-uovoによるコンサート。「君をのせて」「ハナミズキ」など7曲を披露しました。

第2部はまず,京都情報大学院大学・京都コンピュータ学院のコーラスサークルU-Choirが「翼をください」「YELL」の2曲を歌いました。「YELL」の一部を中国語で歌うことに挑戦しました。その後,指揮者の葭村洋平先生の指導のもと,参加者全員で発声練習と「折り鶴」を練習しました。途中,「折り鶴」を作詞・作曲した梅原司平さんの,国境を越えて歌い継がれているこの歌への思いも語られました。続いて,戦死したご主人に宛てた80歳の女性の手紙を葭村先生が朗読,その後,参加した約170名が全員で合唱し,ホールは感動に包まれました。

KCGI・KCGのコーラスサークルU-Choirは「翼をください」「YELL」の2曲を披露
KCGI・KCGのコーラスサークルU-Choirは「翼をください」「YELL」の2曲を披露
参加者全員で「折り鶴」を歌い,ホールは感動に包まれました
参加者全員で「折り鶴」を歌い,ホールは感動に包まれました