トップ » 学校紹介 » 2014年のニュース » 2014年度からKCGI入学定員を210名に

2014年度からKCGI入学定員を210名に

2014年02月12日

京都情報大学院大学(KCGI)は,2014年度4月入学生の定員を従来の160名から210名に増やします。2012年度に続く増員で,2004年度開学当初の入学定員80名の2.5倍以上になります。(KCGIは10月の入学も可能です。定員:若干名)

SNSの普及やクラウドコンピューティングの発達などに伴い,ビジネスに応用するためのITは進歩を続けています。こうしたことから,IT応用分野のトップリーダーとなりうる人材を育成し,国内外に有能な人材を輩出してきた本学に企業からの注目が高まっています。2012年10月発刊の週刊東洋経済では「成長度日本一」に挙げられるなど外部の評価も高く,札幌,東京にサテライトの開設もあり,国内外の入学志願者が急増しています。本学はこうした状況に対応し,社会からの要請にこたえるべく,入学定員の増加に踏み切りました。