トップ » 学校紹介 » 2014年のニュース » インディーゲームフェス「BitSummit」に出展しました

インディーゲームフェス「BitSummit」に出展しました

2014年03月10日
日本最多となる117のインディーゲーム開発社(者)が出展した「BitSummit 2014 -京都インディーゲームフェスティバル-」
日本最多となる117のインディーゲーム開発社(者)が出展した「BitSummit 2014 -京都インディーゲームフェスティバル-」

117のインディーゲーム開発社(者)が出展し日本最大規模となる「BitSummit 2014 -京都インディーゲームフェスティバル-」 は3月8日,9日の両日,京都市左京区岡崎の「みやこめっせ」で開かれ,京都情報大学院大学(KCGI)と京都コンピュータ学院(KCG)は,主催者であるBITSUMMIT実行委員会の一員として参加しました。オリジナルゲームを紹介した「KCGブース」には大勢のゲームファンが訪れました。

メディアのみに公開した7日にオープニングセレモニーがあり,主催者の一員として長谷川亘KCGI・KCG統括理事長が山下晃正 京都府副知事,齋藤茂 株式会社トーセ社長らとともにステージに上がり,イベントの成功を誓いました。

オープニングセレモニーで登壇する長谷川亘KCGI・KCG統括理事長(京都府広報監「まゆまろ」の右)
オープニングセレモニーで登壇する長谷川亘KCGI・KCG統括理事長(京都府広報監「まゆまろ」の右)

会場にはロールプレイング,アドベンチャー,アクション,シューティング,パズル,AR,GPSなど多岐にわたるジャンルの先進的なインディーゲームが勢ぞろいし,訪れたファンは各ブースでゲームを体験しました。また,多彩なゲストによるステージイベントでは,インディーゲームが秘めるクールでスタイリッシュな世界を演出し,盛り上がりました。KCGグループからはデジタルゲーム(D)学系を中心とした学生と担当教職員が多数,スタッフとして参加し,イベント成功にひと役買いました。

KCGブースには大勢のゲームファンが訪れました
KCGブースには大勢のゲームファンが訪れました