トップ » 学校紹介 » 2014年のニュース » 黄KCGI助教の論文が国際会議で最優秀賞受賞

黄KCGI助教の論文が国際会議で最優秀賞受賞

2014年12月02日

京都情報大学院大学(KCGI)の黄緒平助教が,2014年11月16日〜17日に英国・バーミンガム大学にて開催された国際会議2nd International conference on Advances in Computing, Communication and Information Technologyで発表した論文が,最優秀論文賞(Best Paper Award)を受賞しました。論文は「A reversible and imperceptible acoustic watermarking using partially-applied Huffman lossless compression」(ハフマン可逆圧縮を部分的に適応したリバーシブルな音響透かし手法)です。