トップ » 学校紹介 » 2016年のニュース » 最新機器ズラリ マンガ・アニメ制作ラボでの授業が始まりました

最新機器ズラリ マンガ・アニメ制作ラボでの授業が始まりました

2016年10月06日
2016年度後期授業から活用が始まった「マンガ・アニメ制作ラボ」=KCG京都駅前校
2016年度後期授業から活用が始まった「マンガ・アニメ制作ラボ」=KCG京都駅前校

マンガ・アニメ学科およびコースの開設を受け,京都コンピュータ学院(KCG)は京都駅前校に最新の制作機器をそろえた実習教室「マンガ・アニメ制作ラボ」を整備し,2016年10月から始まった後期授業から活用を開始しました。学生たちは人気アニメーターになる日を夢見て,制作・実習に励んでいます。

教室には高性能グラフィックワークステーションPC(ソフトはClip Studio Paint EX),22インチサイズの高性能液晶ペンタブレット,A3サイズのアニメ用トレース台,高性能アートペンがそろっています。

KCGは2016年,アート・デザイン学系にマンガ・アニメ学科(3年制課程)と,芸術情報学科(4年制課程),アート・デザイン基礎科(2年制課程)にマンガ・アニメコースを開設しました。アナログのマンガ・アニメ制作の手法や歴史を踏まえつつ,デジタルでの作品制作に取り組み,制作現場や出版,流通分野で活躍できる人材を育成します。

導入した最新の高性能機器。制作・実習に活用されます