ITマンガ・アニメ

概要

経済産業省が進める「クール・ジャパン戦略」は,マンガやアニメを代表とする世界が認める日本発の文化,コンテンツ産業,クリエイティブ産業の育成や国内外への発信を骨子とするものです。本学ではこれに着目し,マンガ・アニメをウェブビジネスに活かすべく,既存のコンテンツ・クリエイティブ産業のビジネスモデルの研究に基づく新しいビジネスモデルの創出や,アニメの企画・製作の実習など,クリエイティブ産業に関わる様々なシチュエーションを体験し,個々の問題とそのソリューションを実践的に学ぶカリキュラムを提供しています。

マンガ・アニメは今や大規模な共同開発の時代に入っており,国をまたいだ仕事の受発注も珍しくありません。ますます国際的な発展を見せるマンガ・アニメをはじめとするコンテンツ産業,クリエイティブ産業にはICTの力が欠かせません。絵を描く技術,映像を編集する技術,ストーリーを組み立てる技術など,基礎となる技術はもちろん,様々なデジタルツールを使いこなし,状況に合わせたソリューションを考え出す力が必要になってきます。このコンセントレーションではこれらの総合的な力を身につけ,コンテンツを創作するという意味だけでなく,仕事や人生そのものをクリエイティブに捉えていく人材を育成します。

目指す人材像

  • マンガ・アニメのコンテンツの企画,製作,プロモーションを総合的に手がけるプロデューサー
  • デジタル/アナログの各種製作ツールを使いこなせるコンテンツ・クリエイター
  • 製作目的に応じて,映像の構成やエフェクトを効果的に演出できるディレクター
  • 教育や娯楽など,マンガ・アニメの市場動向を踏まえたコンテンツ企画ができるマーケティング・ディレクター

過去のマスタープロジェクトのテーマ

  • 地球環境の保護を訴えるアニメの製作
  • 音楽の世界観を表現したアニメの製作
  • 3DCGによるアニメ製作
  • 漢字の起源について紹介するアニメの製作
  • iPadを用いた手書きアニメーション製作
  • 日本ライトノベルのアニメ化の現状とビジネスについての考察
  • VRの日常生活への応用とビジネスの可能性について

プロジェクト担当教員の声

植田浩司教授

私の専門分野はプログラミング,マルチメディア,ICTに関するカリキュラム開発,発展途上国への技術移転です。先進国・途上国を問わず,今後eラーニングと優れたコンテンツによって,より簡単に,効果的に,世界中どこにいても希望する教育が受けられる世の中になるでしょう。その時に,アニメーションという普遍的な表現手段が有効活用されると期待しています。

アニメコンテンツのクリエイターには,単にデジタルツールを使いこなして作品を作るスキルだけでなく,コンテンツ開発の手法やコスト,あるいは作品の流通のビジネスモデルに関する知識も必要になります。また,各国の実情や文化を理解した上で,受け入れられ易いコンテンツにする柔軟性も求められるでしょう。このコンセントレーションを通じて,総合的な観点からコンテンツ製作をとらえ,ICTを通じて作品を世界に発信できるようなクリエイターを育成していきたいと思います。

プロジェクト担当教員の声

渡邉昭義教授

近年,CGアニメやゲームなどを含めて日本のデジタルコンテンツが世界的に注目を集めるようになり,海外市場への展開を求めるコンテンツ業界で,最新技術に通じたプロフェッショナルが求められていることを感じます。本学では,アニメ製作会社GAINAX京都の代表取締役である武田康廣氏を教授に招いて,アニメビジネスを教える一方で,京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)に共催・ブース出展しており,学生たちの実践的な学習の場にしています。さらには,ジャパンエキスポやアニメ・フェスティバル・アジアなどの海外イベントに出展し,各国のマーケティング動向を現地で調査しています。あなたもコンテンツ業界で活躍する人材を目指してみませんか。

デジタルマンガ・アニメ製作の環境

マンガ・アニメの製作では,紙とペンで手描きするアナログな環境に代わり,液晶タブレットとタッチペンによるデジタルデータでの制作工程が定着しつつあります。本学では,実習用PCにAdobe社のCreative Cloudを標準で配備し,インタラクティブなWebベースのアニメーションを製作したり,画像や動画の加工・特殊効果を自在に加えることができます。またアニメーション制作ソフトウェアスイートとして人気の高いセルシス社のRetas Studioを導入し,フルデジタルの製作工程にも取り組めます。

京都マンガ・アニメ学会

マンガ・アニメに興味をお持ちの方すべてに開かれた新しい人材交流の場

京都マンガ・アニメ学会の設立宣言を受け,手を取り合う(右から)吉田力雄 一般社団法人 日本動画協会副理事長,門川大作 京都市長,KCGグループの長谷川亘 統括理事長 (2013年9月7日,京都市勧業館)

京都マンガ・アニメ学会は,2013年9月に京都市勧業館(みやこめっせ)で開かれた「京都国際マンガ・アニメフェア2013」(京都市など主催,京都情報大学院大学・京都コンピュータ学院など共催)の場で産声を上げました。広く会員を募集しています。

同学会は,マンガ・アニメにかかわる企業,教育機関,クリエイター,研究者のみならず,中・高校生を含めた一般のファンでも入会できるのが特徴で,国際的な日本のマンガ・アニメ人材のネットワークづくりを目指して今後も活動を続けていきます。