ネットワーク管理

概要

ネットワークサービスは,今日の情報システムを支える重要な要素です。ネットワーク管理者は,コンピュータネットワークやサーバシステムの構築,障害対応,維持管理を担い,ネットワーク障害が発生した際には,障害からの復旧やネットワーク上のデータの保全を行います。このコンセントレーションでは,学生はネットワークシステムの運用や情報セキュリティの知識を身につけます。

目指す人材像

  • 企業向けインターネットサービスの保守・運用エンジニア
  • 企業の社内ネットワークおよび基幹業務システムのセキュリティ管理者
  • 各種サーバ環境(ウェブ,データベース,動画等)の構築・運用マネージャー
  • クラウドサービスやIoT機器などを含む多様なネットワークの統合支援コンサルタント
  • ネットワークシステムのサーバ/クライアントソフトウェアの開発・運用エンジニア

過去のマスタープロジェクトのテーマ

  • 公共交通ルート案内システムの開発
  • 情報セキュリティ事件への対応に関する一考察
  • 社会保障・税番号(マイナンバー)制度のセキュリティに関する考察
  • 一定距離内の人口の評価法に関する研究〜ポリゴンと円の共通部分面積を用いた手法の開発〜
  • 航空管制電波利用に関する考察

プロジェクト担当教員の声

内藤昭三教授

私の専門は情報セキュリティ&ネットワークです。情報システムの構築・運用において,ネットワークとセキュリティは,相補的な車の両輪のようなものです。ネットワーク化により,情報システムの利便性は高まりますが,それに比例して,セキュリティリスクも高まります。ネットワーク技術,セキュリティ技術とも,互いに競い合うごとく日々進化しています。「ユビキタスネットワーク社会」という標語のもと,あらゆるモノがネットワーク化されています。その一方で,クラウドコンピューティングに代表されるように,ハードウェア,プラットフォームからソフトウェア(アプリケーション)のデータセンターへの集中化が進んでいます。

もちろんこのようなサービス環境は,強固な情報セキュリティの上で実現できるものです。個人情報の漏洩,コンピュータウイルスへの感染,ウェブサーバへの侵入とページの書き換え,eコマース詐欺など。被害の規模も,ネットワーク化の進展に比例して増大しています。かといって,もはや「鎖国」の時代に逆行することは現実的な解ではあり得ず,状況に適したバランスあるソリューションが要求されるわけです。

これから入学される皆さんには,理論および実践の両面でのバランスを取りながら,最新のネットワークおよび情報セキュリティ技術の修得にチャレンジしていただきたいと思います。情報通信技術とそれを使う上での情報倫理が,社会システムにおいて果たす役割についても考えを巡らす機会を持っていただくことを期待します。