トップ » 学校紹介 » 2006年のニュース » 京都コンピュータ学院の長谷川靖子学院長が(財)日本ITU協会より「国際協力特別賞」を受賞

KCGの学院長が(財)日本ITU協会より「国際協力特別賞」を受賞

2006年10月13日

<ITU(国際電気通信連合)は国連の専門組織です>

通信・放送国際協力フォーラム協議会と,(財)日本ITU(国際電気通信連合)協会による「通信・放送国際協力フォーラム」(総務省後援)が国際協力の日の10月6日,東京都千代田区の千代田放送会館で開かれ,京都コンピュータ学院の長谷川靖子学院長が「国際協力特別賞」を受賞しました。今回,特に評価を受けたのは,1989年から始めた海外コンピュータ教育支援活動(パソコンの大量寄贈と,現地教員養成を一体化した教育支援)です。世界の国際貢献の中でも前例のないプロジェクトといえ,現在まで,寄贈パソコン(学院使用ずみ)3000台,支援対象国は16ヵ国に達し,各対象国においてコンピュータ教育分野で画期的な教育革命を促しました。これにより長谷川学院長は,タイ・ガーナ・スリランカ・ペルー各国教育省などから表彰を受けています。

長谷川学院長は他の受賞者を代表してあいさつに立ち「このボランタリー支援活動の成功は,相手国での信頼と友情の絆がキーとなった」と述べ,引き続きグローバルな活動を繰り広げていく決意を示しました。

日本最初のコンピュータ教育機関として43年の歴史を刻んできた本学院は,最先端の教育を追求,展開する一方で,地球規模の情報文化創造に向けたグローバルな教育ネットワークの構築に努めてきました。それらの活動の中心的役割を果たしてきた長谷川学院長の今回の受賞は,KCGグループの取り組みが各界から高く評価されていることの証(あかし)だといえます。

国際協力特別賞は,2001年に,従来の「国際協力賞」,「国際協力奨励賞」に加え,5年に一度の賞として設けられました。情報通信,放送および郵便の各分野において,国際協力に特に顕著な功績を挙げた個人または団体が対象で,本年度は長谷川学院長を含め2個人・団体が表彰を受けました。

読売新聞で紹介されました