トップ » 学校紹介 » 2014年のニュース » KCGサマーフェスタ「みんなで歌おう!」参加者の歌声ひとつに

KCGサマーフェスタ「みんなで歌おう!」参加者の歌声ひとつに

2014年07月15日

京都情報大学院大学(KCGI)・京都コンピュータ学院(KCG)による夏のイベントKCGサマーフェスタ2014の「みんなで歌おう!」が7月13日(日),京都情報大学院大学 京都駅前サテライトコンサートホールで開催されました。100人以上が参加し,音響効果では西日本屈指と評価される大ホールでの音楽を楽しみました。

迫力と深みのある「ファド」とギターソロが響いた第一部
迫力と深みのある「ファド」とギターソロが響いた第一部

第1部は,ポルトガル音楽「ファド」&ギターソロ「サウダーデと海」。「ファド」はポルトガルで,フランスの「シャンソン」,イタリアの「カンツォーネ」のような存在です。現地ポルトガルでも活躍するファディスタ津森久美子さんと,ギタリスト上川保さん,水谷和大さんによる歌とギターの迫力と深みのある演奏を味わいました。

第二部ではKCGのコーラスサークルU-Choirが「虹」「折り鶴」を熱唱
第二部ではKCGのコーラスサークルU-Choirが「虹」「折り鶴」を熱唱

第2部は,KCGのコーラスサークルU-Choirが「虹」「折り鶴」を熱唱した後,美空ひばりさんの名曲「川の流れのように」を葭村洋平先生の指導のもと,参加者全員で練習しました。発声を確かめた後、高音と低音に分かれ,うまく歌うためのポイントなどの指導を受けました。最後は,参加者全員がステージにあがり,のびやかなハーモニーをホールいっぱいに響かせました。第1部に出演した津森さん,上川さん,水谷さんもコーラスに参加し,参加者と一緒になって,みんなで歌う喜びを楽しんでいました。

最後は参加者がステージいっぱいに埋め尽くし,「川の流れのように」を響かせました
最後は参加者がステージいっぱいに埋め尽くし,「川の流れのように」を響かせました