トップ » 就職 » 職種紹介

職種紹介

CIO(Chief Information Officer:最高情報統括責任者)

企業のIT化が進み,経営の根幹をITが支えるようになるにつれ,IT戦略を立案して企業経営の一翼を担うCIOが企業では求められるようになっています。CIOは,企業の経営戦略立案に携わり,そうした戦略を実現するための環境構築に向けた情報戦略を策定し,企業の有する多種多様な経営知識を有機的な情報システムとして実現していく高度専門職業人です。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは,企業内の経営資源を有効活用しつつ,最新の情報技術の導入などを適切に行い,プロジェクトを統合的に管理・効率化する能力を有する高度専門職業人です。そのため,ITと経営の幅広い知識を兼ね備えていることが必要です。また,プロジェクトは様々な部署を横断して編成されることが多いため,高度なコミュニケーション能力とリーダーシップが求められます。

上級SE,ウェブシステム構築技術者

上級SEは,プロジェクトマネージャーを補佐し,プロジェクトのマネジメントも行うエンジニアです。技術のみならず,コストや業務の流れなど,マネジメントの要素についての深い理解が求められます。

ウェブシステム構築技術者は,プロジェクトマネージャーや上級SEの指示に従い,最新のITスキルを活かしてシステム開発を実際に行います。

コンテンツ製作管理者

映画やアニメーション,ゲームソフトなどのメディアコンテンツの製作において,コンテンツ製作管理者は,プロジェクトチーム全体の管理を行います。まず企画書を製作し,協力して製作にあたる会社と交渉して,具体的な予算を確保します。また,製作物をどのように利用して資金を回収するか計画し,実行します。過去の事業実績や現在の市場の状況などの分析能力や,チームをまとめて計画を実行するリーダーシップが求められます。

システム統合コンサルタント

日本の企業では,社内でのIT人材の不足から,IT化推進における社外コンサルタントの需要が高くなっています。システム統合コンサルタントは,顧客企業の経営戦略に沿ったビジネスのシステム化構想に関するコンサルティングを行い,現在の熾烈な国際ビジネス競争を勝ち抜く企業間連携を効率的に進めるための適切なスキルを持った高度専門職業人です。顧客のニーズを理解し,適切な対応が求められることから,IT,マネジメント,コミュニケーションの高いスキルが必要となります。

ウェブマーケティング・プロフェッショナル

eビジネスサイトを構築するためのウェブ技術と,インターネット上のサービス提供に関する戦略立案能力,消費者のインターネット上での行動を把握するためのマーケティング手法を有し,eビジネスを遂行する高度専門職業人です。商取引に関する豊富な知識と,流通システムやセキュリティ保護などのネットワーク関連の高度な知識・技術が求められます。

システムアーキテクト

システムアーキテクトは,企業のIT戦略立案のための課題を分析し,ソリューションの枠組みを策定するとともに,複雑化する既存のシステムと整合性のとれた新たなシステムのアーキテクチャ(構造)を設計する高度専門職業人です。企業の戦略立案と実際のシステム開発をつなぐ中間的な役割を果たします。そのため,ITスキルのみならず,ビジネスや経営・マネジメントの広範な知識が求められます。

情報セキュリティコンサルタント

情報ネットワークは,eコマースやIoT(Internet of Things)などを実現するうえで不可欠のインフラとなっています。一方で,これらネットワークを取り巻くセキュリティリスクは拡大し続けています。情報セキュリティコンサルタントは,顧客が情報セキュリティポリシーを策定し,情報資産を守るための助言や支援をします。また,顧客の状況を把握し,適切な対応を行うために,マネジメントやコミュニケーションの能力が必要となります。