トップ » カリキュラム » KCGIの特色 » ベンダー資格試験対策

ベンダー資格試験対策

ERP・先進統計ソフトの認定コンサルタント対策講義

SAP認定コンサルタント対策講義

本学では,ERPパッケージとして世界的に最も導入事例が多い,ドイツSAP社のSAP ERPの教育用ツールであるIDES1) を導入して,実践的な教育を実施しています。あわせて,SAP社が行っている認定試験である「SAP認定コンサルタント」試験対策の講義を実施しています。

この認定資格は,SAPシステムの導入プロジェクトチームのメンバーとして活動するために必要なSAPシステムに関する知識やノウハウを有することを証するものです。認定資格情報はSAP社のデータベースに登録され,認定を受けた者は,その旨を業務上の書類や名刺に記載することが認められています。

現在,SAP社のERPパッケージは,世界的にも大きなシェアを誇っており,今後,企業において,さらなる導入が予測されています。同時にSAPシステムに精通した認定コンサルタントの需要も高まっています。この認定資格を取得することは,ERP関連のコンサルタントや企業におけるIT部門のスタッフとしての活躍を目指す人にとっては,大きな力となります。

試験対策の講義は,ウェブビジネスコア科目「財務会計システム開発Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ」および「業務の統合化とえビジネス」において行います。実際にSAPシステムを活用し,企業情報化プロジェクトを実施するとともに,高度なIT専門家としての実践的な知識・技術を修得し,同時に資格の取得を目指すことができます。この試験は,ベンダーによる専門教育を受けないと合格は難しいとされていますが,2006年度に大学院生として初めて,本学の学生が「SAP認定ソリューションコンサルタント Financials」試験に合格し,以降も多数の合格者を輩出しています。

1)IDES:Internet Demonstration and Evaluation System

※SAPおよびSAPロゴ,その他SAP製品,サービスはSAP AGのドイツおよびその他の国における登録商標または商標です。

SAS認定試験対策講義

近代科学は多種多様なデータを解析し,その中から法則性を見出すことによって進歩してきました。統計学はそのための不可欠かつ最良の手法で,自然科学,社会科学,企業活動などの発展に貢献し,今日,多方面に応用されています。本学では,統計解析やデータマイニングなどで世界的に最も信頼性が高いと定評のあるSAS(Statistical Analysis System)を教育用ツールとして導入しています。「ビジネス統計学特論」,「キャリア強化科目」等において使用し,ITを有効に活用するデータ分析・統計解析法を実践的に学びます。

SASユーザの知識と技能を認定するために,SAS認定試験がアメリカ,ヨーロッパ,アジアの各国で実施されています。この認定試験に合格しライセンスを取得すれば,SASのテクニカルプロフェッショナル/コンサルタントとして,その技術力が世界共通の基準で証明されることになります。本学では,この認定試験の対策講義を実施しています。SASプログラミングから実際のデータ解析法までを詳説し,認定試験も本学で受験することが可能です。

企業の意思決定を適切に行うためには,いかにして企業が蓄積しているデータを管理,活用するかが重要となります。そのため,データ管理能力や解析能力を持つ人材がどの業界でも求められており,SAS認定ライセンスの取得は,産業界で活躍する上での大きな力となるでしょう。

キャリア強化科目内で行います。

キャリア強化科目

専門職大学院である京都情報大学院大学特有の科目で,アメリカのプロフェッショナルスクールにおける臨床プロジェクトに該当します。教授による講義と,個人またはグループでのプロジェクト企画を実行する「課程修了プロジェクト」から構成されます。課程修了プロジェクトは,学位授与において,従来の研究大学院の修士論文と同等の意義を有します。