トップ » カリキュラム » プログラムごとの履修モデル

プログラムごとの履修モデル

目指す職種に応じた,履修する科目の具体例です。

ビジネスITコース

ERPを学び,企業経営を最適化するCIOを目指す。

企業における情報システムの導入並びに最適化を推進するシステム統合コンサルタントや,経営戦略から情報戦略への企画・立案を行うCIOなどを目指すための履修モデルです。ウェブビジネスコア科目を中心に,財務会計システムを履修することでERPシステム(SAP社のシステム)を学ぶことができます。

企業インフラとERP

CRMを学び,eコマースやウェブマーケティングのプロになる。

ウェブサイトを構築してビジネスを展開するeコマースの専門家や,eコマースにおいて効果的なマーケティング戦略に基づくビジネスを展開するウェブマーケティングの専門家を目指すための履修モデルです。顧客が安心して利用できるウェブサイトを構築するために,「情報ネットワーク特論」を履修し,eコマースを展開する上で必須となる「インターネットビジネスストラテジーとマーケティング」を履修します。キャリア強化科目では「CRM」をテーマに学びます。

eマーケティング

データベースを核にして,SCMなどの基幹システムやデータウェアハウスの専門家になる。

企業システムを総合的に学び,基幹システムに関する専門家を目指すための履修モデルです。ITコア科目として,「プロジェクトマネジメント」,「データベース特論」,「データマイニングの基礎理論」を履修して,システム構築の基礎力を身につけます。キャリア強化科目では「SCM」あるいは「データウェアハウス」をテーマに学びます。

戦略的ロジスティクス

ICTを新規ビジネスに応用できる起業家を目指す。

人や資金,そして情報を戦略的に管理して新規事業にチャレンジする起業家を目指します。起業の際に重要となる事業企画の提案を「アントレプレナーシップとビジネスモデル」で,起業後の会計運用などを「IT企業実践論」で,それぞれ習得します。また「組織行動学」で人の組織としての会社の動かし方を学びます。データベースによる情報管理やWebによるプロモーションにつながるITコア科目も履修します。

アントレプレナーシップ

システム開発コース

情報セキュリティとネットワーク・インフラ技術の専門家を目指す。

他の専門家と協力しながら情報セキュリティ技術を適用し,セキュアな情報システムを企画・要件定義・開発・運用・保守することのできる情報セキュリティの専門家を目指します。ITコア科目から「情報セキュリティ」,「ウェブサービス構築技法」,「情報ネットワーク特論」を履修することが特徴で,これらの科目でプロジェクトを実行するための基礎力を身につけます。

情報セキュリティ

クラウドコンピューティング,HTML5などの先端技術を極める。

先端応用技術を活かしたエンジニアになるために,技術的なことを幅広く学びます。ITコア科目から「ウェブサービス構築技法」,「プロジェクトマネジメント」,「実践クラウドコンピューティング」を履修することが特徴で,先端技術を複数のメンバーでプロジェクトとして開発していくための基礎力を身につけます。また,ウェブビジネスコア科目よりビジネス・マネジメント関連の科目もバランスよく履修します。

先端応用システム

コンテンツビジネスコース

アニメーション,CG映像などコンテンツの開発のプロになる。

マンガ・アニメを中心とするコンテンツ制作の専門家を目指します。「アニメ企画・製作・プロモーション特論」「リッチメディアコンテンツ開発」「インストラクショナル・アニメーション開発」「シナリオ・ストーリーボーディング」などの履修で,アニメやゲーム製作の基礎力を身につけます。作品を公開するために「ウェブプログラミング」などウェブ系の技術も学びます。

アニメコンテンツ製作

コンテンツビジネスの将来を分析し,マーケットを導く専門家になる。

アニメやゲームなどのコンテンツに対する技術や消費者のトレンドを分析し,コンテンツの制作や流通をリードするプロデューサーを目指します。「アニメコンテンツ製作」と同様の科目の履修でアニメやゲームの製作の基礎力をつけると同時に,「コンテンツ産業特論」「ITビジネス交渉学」などコンテンツビジネスを成立させるマネジメントについても学びます。

コンテンツビジネス戦略

音楽や舞台芸術に関わるビジネスの専門家を目指す。

音楽や舞台芸術など,エンタテインメント系コンテンツの制作やプロデュースを実践できるコンテンツビジネスの専門家を目指します。「音楽とテクノロジー」「舞台芸術とIT」でITとアートの関係性を理解し,「ディジタル・オーディオ制作」では映像や音声のデジタル加工も学びます。「コンテンツ産業特論」「知的財産権法」ではコンテンツのビジネス化に必要な版権・著作権の管理などを学びます。

舞台芸術・映像

次世代産業コース

金融ビジネスとICTの知識をもとに,フィンテックの各種サービスを企画・提案できる専門家を目指す。

金融ビジネスにおける通貨の流通や与信情報のやりとりの仕組みを理解し,それらをIT化して顧客に提供できるようなサービスを企画・提案するコンサルタントを目指します。「フィンテック論」「フィンテックシステム設計」の履修で,フィンテック分野の技術動向やその背景にある金融システムの現状を理解しつつ,サービスの基盤となるネットワークやウェブの要素技術を「情報ネットワーク特論」「ウェブプログラミング」などを通じて学びます。また,「情報セキュリティ」で,金融サービスに不可欠な顧客情報の保護についても理解を深めます。

フィンテック

医療情報の管理と利活用に精通したコンサルタントになる。

電子カルテや医薬品情報などの医療情報を管理しつつ医院・患者・メーカーの間で利活用する専門家を目指します。「情報セキュリティ」「統計学」でデータ管理・分析の基礎を,「医療先端情報学」「医療情報と法」で医療情報の現場での運用とIT化の現況を学びます。「医療情報システム設計」では,データベースを中心とする医療情報システムの設計を行います。

医療健康IT

農業における実践的なITコンサルタントを目指す。

農業における生産や流通の現場でのIT応用とビジネスモデルを学び,その改革を主導できる専門家を目指します。「次世代農業情報学」で先端的なIT応用事例を学び,また「応用技術動向研究」では自ら選んだテーマで事例研究を行います。ウェブ時代の「産直」を担うために,「インターネットビジネスストラテジーとマーケティング」「データベース特論」などCRM・SCMの要素科目も履修します。

農業IT

海洋産業における実践的なITコンサルタントを目指す。

海運,水産,レジャーなどを含めた海洋産業におけるIT応用技術を学び,現場に導入できる専門家を目指します。「次世代海洋情報学」で先端的なIT応用事例を学び,また「応用技術動向研究」では自ら選んだテーマで事例研究を行います。「海洋産業論」「海洋情報システム設計」などの海洋産業に特化した科目に加えて,船舶や漁獲のデータ集約につながる「データベース特論」「統計学」といったコア科目も学びます。

海洋IT

観光ビジネスの企画やシステム提案のできるアドバイザを目指す。

観光資源となる地域の特性や観光客のニーズを理解し,ITを応用したサービスやマーケティング戦略へと展開できる観光アドバイザを目指します(主に留学生対象)。「観光学特論」「観光ビジネス特論」の履修で,観光業に特化した業務知識や要素技術を習得しつつ,観光客の移動や購買などのデータ分析につながる「統計学」や,プロモーション手段としてウェブを活用するための「ウェブプログラミング」なども学びます。

観光IT

メディアコラボレーションコース

多様なメディアを組み合わせてコミュニケーションを支援する
システムの開発・運用に携わるエンジニア,プロデューサを目指す。

コミュニケーションの基盤となるネットワークや各種表現メディアの特性を踏まえて,適切なコミュニケーションを演出できるシステム開発者やプロデューサーを目指します。「情報ネットワーク特論」「ウェブプログラミング」「情報セキュリティ」の履修でデータ通信の基礎を,「メディア技術論」「ディジタル・オーディオ制作」「映像表現技法」で各種表現メディアの編集・通信に関する知識を学びます。

コミュニケーションシステム

多様な表現・通信メディアを用いるeラーニング教材の開発や運用に携わる専門家を目指す。

eラーニング教材の設計に必要なインストラクショナル・デザインの基礎を「eラーニングシステム概論」「eラーニングビジネスにおけるインストラクショナル・デザイン」で,各種メディアの機能や表現上の優位点などを「メディアコミュニケーション」で学びます。また,教材のプレゼンテーションの質を「シナリオ・ストーリーボーディング」「ビジネスプレゼンテーション」の履修を通して高めます。

教育メディア

※上記はモデルケースであり,既習の知識や経験と将来の目標に応じて,履修科目を選択できます。

※各科目の開講時期により,履修の順序は異なる場合があります。

※修了に必要な単位数は,44単位以上です(ただし,定められた必修科目の単位(5または6単位)を含んでいること)。