トップ » カリキュラム » サポート体制

サポート体制

多様な学生に対応したきめの細かい個別指導

本学では,多様なバックグラウンドを有する学生がそれぞれの適性や目標に応じて勉強できるよう,きめの細かい教育サポート体制を整えています。

入学時の知識レベルに応じた履修パターンの提供

本学には開学当初より,コンピュータに関する知識をほとんど有しない文科系学部出身者から,コンピュータの基礎知識を持った理科系学部出身者,さらにはSEとしてIT業界で活躍している社会人に至るまで,様々なITスキルレベルの学生が入学しています。また,社会人入学者の中には企業経営者もいるなど,ビジネスに関する知識レベルも様々です。

そこで本学では,情報系,ビジネス系の基礎的な知識の有無や,選択するコース,そして将来の目標に応じて,個々の学生に最適な履修パターンを提供する教育体制を整えています。

これにより,予備知識のない学生は基礎的なところから無理なく段階的に目標とする人材像に到達できます。また,既に基礎知識のある学生は基礎的な科目を履修せず,より専門的な科目からスタートし,応用科目を多く履修することで専門性を高め,自らのスキルを効率的に伸ばすことが可能です。

履修指導

本学では,履修科目は原則として自由選択制です。学生の効果的・効率的な学習を実現するために,各学生と指導教員が相談した上で履修科目を選定する,きめの細かい履修指導体制を整えています。学生は,指導教員との個別面談を通じて,修得済みの知識・技術と将来の目標を考慮しながら,具体的な履修科目を決定します。この履修指導のプロセスを通じ,各学生は,本学での学習の中で,修了後のライフプランについても考えることができます。

オフィスアワー

本学では,専任教員1名につき,学生数は10名以下となっています。講師・助手まで含めると,教員の比率はさらに高くなり,いわゆるマンツーマン体制のように密接な関係をとることができます。この利点を活かすために,本学では,専任教員によるオフィスアワーを設けています。各教員は,研究室などの所定の場所で,学生との面談に応じます。