トップ » 教授陣 » 准教授 » 長谷川 功一

長谷川 功一

Koichi Hasegawa
長谷川 功一

経歴

  • 北海道大学工学士,ペンシルバニア州立大学大学院修士課程修了,Master of Arts,北海道大学文学研究科博士課程修了,博士(文学)
  • 元NHK報道カメラマン

メッセージ

私の専門領域は,映像制作と映画研究です。映像に対して,実践と理論の両面からアプローチしてきました。実践の現場はテレビ報道です。

NHKと民放で合わせて20年以上,報道撮影の業務に従事してきました。私がNHKに入局したのが平成元年,その時から今日まで,変動する平成日本の姿をさまざまなアングルから切り取ってきました。

他方,アメリカ映画を中心にして映像の理論的研究にも積極的に取り組んできました。この分野では,映像理論や歴史的資料を駆使して,フィルム・ノワール,SF映画,自動車映画という,極めてアメリカ的ともいえる(サブ)ジャンルを取り上げて体系的に分析し,そこに隠された文化的意義について考察してきました。

報道撮影と映画研究,一見すると,同じ映像媒体といっても異なる性格のもののように思えますが,私にとってはどちらも,映像に対する強い関心の表出にほかなりません。実践と理論の両方向から考えることによって,映像メディアを総合的な観点から理解しようと努めてきました。

以上のような経験と知見を生かして現在は,リッチメディアコンテンツの開発・研究に取り組み始めました。

かつては放送局の特権だった映像の制作と発信は,デジタル機器の低廉化とネット社会の到来によって,すべての人に開かれた表現手段のひとつへと変わりました。この新たな映像時代にふさわしい,効果的なメディアコンテンツを作るには,どうしたらいいでしょうか。

この問いに対する答えは発展途上です。私も取り組み始めたばかり。みなさんといっしょに考えましょう。

担当科目

  • 映像表現技法
  • キャリア強化科目

専門分野

  • 映像制作
  • 映画研究

業績

著書

  • 『アメリカSF映画の系譜 - 宇宙開拓の神話とエイリアン来襲の神話』,リム出版新社,2005
  • 『カーチェイス映画の文化論』,リム出版新社,2006
  • 『ニュース映像とは何だろうか - テレビ報道撮影の舞台裏』,オン・ブック社,2007

学術論文

  • “The Conquest of Inner Space: 2001: A Space Odyssey and the Counterculture”, Film and History 2003 CD-ROM Annual所収, 2005
  • 「チェイスとモダニティ - ロイドの『要心無用』(1923)における時間と運動の表象」,『アメリカ研究』(日本アメリカ学会),第43号,pp.213-228,2009
  • 「機械と運動 - キートンの自動車ギャグについての考察」,『映像学』(日本映像学会),第82号,pp.24-39,2009
  • 「ギャングとカウボーイ - 『ハイ・シェラ』と1930年代ギャング映画サイクルの終焉」,『映画研究』(日本映画学会),第4号,pp.42-57,2009
  • 「ロイド的運動としての乗り継ぎチェイス - セネット喜劇と『猛進ロイド』(1924)の比較分析から」,『映像学』,第85号,pp.39-55,2010
  • 「赤狩りとジョン・ヒューストンの作家的転換 - フィルム・ノワール『キー・ラーゴ』(1948)論」,『層-映像と表現』,第4号,pp.186-205,2011
  • 「悪女と機械 -フリッツ・ラング『メトロポリス』におけるファム・ファタール表象について」,『層-映像と表現』,第6号,pp.55-71,2013(JSPS科研費23520143の助成による)
  • 「『飾窓の女』におけるフロイトの夢思想の表象について」,『層-映像と表現』,第7号,pp.58-75,2014(JSPS科研費23520143の助成による)

学会発表

  • 「機械と運動 - キートンの自動車ギャグについての考察」(口頭発表),日本映像学会 第34回全国大会,京都精華大学,2008年6月
  • 「ドキュメンタリー批評としての『激怒』 - フリッツ・ラングと30年代アメリカ」(口頭発表),日本映像学会 第37回全国大会,北海道大学,2011年5月