トップ » 教授陣 » 教授 » 高 弘昇

高 弘昇

Ko, Hong Seung
高 弘昇

経歴

  • (韓国)東国大学工学士,京都大学大学院博士課程修了(数理工学専攻),工学博士
  • (韓国)元サムスン電子株式会社戦略企画室情報戦略部長(CIO),元Harmony Navigation社代表取締役,前韓国情報保護振興院(KISA)諮問教授
  • 韓国CALS/EC協会専門委員,元済州特別自治道諮問官,済州知識産業振興院諮問委員,韓国電子取引学会終身会員第一号

メッセージ

私は韓国の大学院修士課程で品質管理を専攻し,京都大学大学院博士課程ではNetwork Businessの基盤にもなるCIM(Computer Integrated Manufacturing)・FMS(Flexible Manufacturing System)を専攻し,三星電子最初のCIOとも言える戦略企画室情報戦略部長として,一般消費者向けの電子商取引(B2C)システム構築,ドイツSAP社のERPシステム構築を始め各種システムによる企業情報化をベースとするe-Business戦略などに携わってきました。

また,韓国CALS*/EC**協会や韓国情報処理学会,Europeの経済協力開発機構(OECD)における経済産業諮問委員会(BIAC)の情報コンピュータ通信政策委員会(ICCP)などで企業間取引(B2B)の基礎になるe-Businessの規格標準化を行うなど,韓国政府または関連機関と共にe-Businessに関する活動を行いました。

IT関連ベンチャー企業の代表取締役を務めることにより,マーケティングの実務経験とノウハウ,ショッピングモールの経営などのB2C,日本と韓国の企業間でのB2B,ウェブ戦略に関するコンサルティング及び韓国能率協会と共同で「電子商取引マーケティング管理者」という教育課程の立案・運営などの業務を行いました。また,韓国の中小企業研修センター,複数の専門大学や本学のグループ校である京都コンピュータ学院での講師経験の他,韓国企業等においてCALS,EC,e-BusinessやIT戦略に関する講義を数多く行うなどの教育経験を活かして数年間に渡り,大学院の学生さんとともにe-marketing mode開発や企業のIT化のレベルを図るための指数開発の研究などを行ってきました。今後もこのような経験をもとに大学院生諸君とICTにおける企業の活性化に繋がる研究を頑張りたいと思っております。



* CALS(Commerce At Light Speed):生産者と消費者の間で製品やサービスに関する情報を共有し,設計,製造,調達,決済をすべてコンピュータネットワーク上で行うための標準規格

** EC(Electronic Commerce):電子商取引

担当科目

  • ウェブビジネス概論
  • インターネットビジネスストラテジーとマーケティング
  • キャリア強化科目

業績

  • Hong Seung Ko: “Step by step Build up Strategy of Shopping Mall Site, Seminar on Shopping Mall Site Build up and Management Techniques, Nov. 1999
  • Hong Seung Ko: “The Practical Work for Driving e-Business, Small Business Training Institute, Sep. 2000
  • Hong Seung Ko: “Business Plan on Japan-Korea e-Marketplace, Meeting room of MRI, Mar. 2001
  • Hong Seung Ko: “Bottleneck and Way of Overcome in Small Internet Shopping Site, Seminar on the Excellent Case of Internet Shopping Mall and Successful Strategy, Nov. 2002
  • Hong Seung Ko: “Early Realization of Ubiquitous Society with going ahead the u-Korea Conception; Part 1, JIJI Press, No.254, p.13, Nov. 2005
  • Hong Seung Ko: “Early Realization of Ubiquitous Society with going ahead the u-Korea Conception; Part 2, JIJI Press, No.256, p.12, Dec. 2005
  • T. Makino, R. Chiu, R. Adachi, T. Nakaguchi and Hong Seung Ko: “A Strategic Royal Marketing Model on e-Business as a new generation marketing model, IFORS, Jul. 11-15 2005, Honolulu, Hawaii USA
  • Takeshi Makino, Ryan Chiu, Ryota Adachi, Takao Nakaguchi, Hong Seung Ko: “A Strategic Royal Marketing Model on e-Business as a new generation marketing model”, NAIS Journal Vol.1, 2005
  • Hong Seung Ko Kyoung Sik Min: “Overseas Mobile Trends-The Republic of Korea”, White paper on Mobile Society 2006, pp.262-267, NTT, Jul. 2006
  • Development of proxy server for protecting privacy by distributing information, Shozo Naito, Hong Seung Ko, Makoto Hirose and Takao Nakaguchi, Presented at euroXXI 2006; 21st European Conference on Operational Research, Reykjavik, Island, Jul. 2-5 2006
  • Strategic Customer Relationship Marketing Model for Retaining Customers on e-Business, Yuu Hi Sai, Ken Niho, Tomoko Shikama, Kazu Iwasaki and Hong Seung Ko, Presented at IMFORMS International Puerto Rico, Jul. 8-11 2007
  • プライバシ保護の一手法の提案,神垣智一,饗場繁,藤田和也,山下泰芳,宮本慎,中口孝雄,広瀬誠,高弘昇,内藤昭三,NAIS Journal Vol.2,2007
  • 戦略的なプロモーションとしてのおまけマーケティングモデルの展開,田中浩一,田端剛久,前西宏樹,桂義幸,高弘昇,NAIS Journal Vol.4,2008
  • Verification of the effectiveness of the strategic Customer Relationship Marketing Model by the validity analysis, Yuu Hi Sai, Ken Niho, Tomoko Shikama and Hong Seung Ko, Presented at IMFORMS Annual Meeting Washington D.C. 2008
  • Verification of the reliability and the validity on the appraisal criteria for evaluating e-Customer, Haruki Takada, Atsushi Kimura, Nguyen Truc Thi Thanh and Hong Seung Ko, Presented at IMFORMS Annual Meeting San Diego, 2009
  • The Strategic e-Customer Relationship Marketing Model for retaining customers on online, Hong Seung Ko, Tomoko Shikama, NAIS Journal Vol.7, 2012
  • The seven steps of an e-customer behavior process model, Hong Seung Ko, Haruki Takada, Atsushi Kimura, Nguyen Truc Thi Thanh, NAIS Journal Vol.8, 2013
  • オンライン口込みの手段に関する分析,徐ゼン陽,劉榕,高弘昇,NAIS Journal Vol.8,2013
  • コウホート分析におけるeカスタマー購買行動パターンモデルの検証,呉凡,高雲龍,盧佳,高弘昇,NAIS Journal Vol.9,2014
  • Purchasing behavior pattern model of an e-customer, Hong Seung Ko, Takeshi Teramoto, Masashi Nakagawa, Megumi Hiramoto, Liu Shasha, NAIS Journal Vol.9, 2014
  • RFM分析における評価要素の重要度分析,王于佳,高弘昇,NAIS Journal Vol.10,2015
  • 多属性態度モデルによる茶飲料製品改良分析,王興坤,高弘昇,NAIS Journal Vol.10,2015
  • パルモア型コホート分析によるプロモーション手段の分析,屈径,竹内聡,高弘昇,NAIS Journal Vol.10,2015

オフィスアワー

  • 水曜日(13:00~17:00):百万遍キャンパス

教授インタビュー