トップ » 教授陣 » 教授 » 森田 正康

森田 正康

Masayasu Morita
森田 正康

経歴

  • (米国)カリフォルニア大学バークレー校卒,ハーバード大学大学院修士課程修了,Master of Education,(英国)ケンブリッジ大学大学院修士課程修了,Master of Philosophy
  • 株式会社ヒトメディア代表取締役社長
  • 東京サテライト長

メッセージ

私は,「ITビジネス交渉学」,「アントレプレナーシップとビジネスモデル」という講義を担当しています。私自身も現在,現役のアントレプレナーとして複数の企業のビジネスモデルの構築に参画していることもあり,まだまだ成長するであろうITビジネス業界で活躍する人材を育成することに大変興味があります。また同時に,彼らと一緒に新しいビジネスモデルの構築をしたいと思っています。

本学での私の使命は,学生の皆さんに現在のビジネスで求められているプロジェクトマネジメントスキルやビジネスコミュニケーションスキルを指導することで,将来,企業内のプロジェクトマネージャーやベンチャー企業オーナーとして活躍し,日本のビジネス社会に貢献できる人材を育てることです。

また,私自身の会社経営およびビジネスの経験を学生の皆さんに伝えるために,学生の皆さんと共同でベンチャー企業を運営する実践企業体を立ち上げております。この企業体では,ビジネスモデルの発案,企画,運営などのノウハウをリアルに経験することができます。本年度も参加者を募集していますので,興味のある方は気軽に手を挙げてください。もちろん,それとは別に将来起業したい方,新しいビジネスモデルを考えたい方は,気軽に声をかけてください。私は本学の学生の皆さんといろいろなビジネスプロジェクトについて日々議論しています。

一緒に様々なビジネスを創造していきましょう。

担当科目

  • ITビジネス交渉学
  • アントレプレナーシップとビジネスモデル

業績

著書

  • “日本発ハーバード経由,行き先不明”,アルク出版,1999
  • “eラーニングの<常識>”,朝日新聞社,2002
  • “東大よりハーバードに行こう!?”,アルク,2005
  • “5歳からはじめるハーバード留学準備”,アルク,2005
  • “一気に10の仕事をこなす! マルチタスク・ワーキングのすすめ”,明日香出版社,2008

学術論文

  • “Learning from the Technology Integration Report of the Harvard Graduate School of Education”, 日本教育工学会第15回大会講演論文集, pp.745–746, 1999
  • “The Mobile-based Learning (MBL) in Japan”, IEEE Computer Society Press (C5 2003), pp.128–129, 2003
  • Nakakoji, Kumiyo, Yamada, Kazuaki, Yamamoto, Yasuhiro, and Morita, Masayasu共著, “A Conceptual Framework for Learning Experience Design”, IEEE Computer Society Press (C5 2003), pp.76–88, 2003
  • 筒井洋一,芦沢真五,大川恵子,森田正康共著,“NPOマネージメント教育とE-learning”,日本NPO学会第5回年次大会報告概要集,pp.107–111,2003
  • 森田正康,山田和明共著,“携帯電話端末を利用した学習用インターフェースのデザインと評価”,情報処理学会研究報告,pp.7–14,2003
  • 森田正康,広瀬誠,“Analyzing the Effects of Learning Error in e-learning via Mobile Phones”, NAIS Journal Vol.2, 2007

執筆

  • “アメリカのIT教育方針の行方”,Global EduNET 2001/3,2001
  • “米国バーチャル・ハイスクール事情”,Global EduNET 2001/4,2001
  • “アメリカにみる学校WBT導入の落とし穴”,Global EduNET 2001/5,2001
  • “教育に最適なスピードを求めて”,Global EduNET 2001/6,2001
  • “ゲーム世代のためのデジタルゲームベースラーニング”,Global EduNET 2001/7,2001
  • “Eラーニングへの新たなる追い風 アメリカ著作権緩和法案の可決”,Global EduNET 2001/8,2001
  • “オンライン教育のメリットとデメリット” インターネット留学事典,2001
  • “MBT【Mobile Based Training】の挑戦”,Global EduNET 2001/9,2001
  • “テクノロジーは学習を退化させるのだろうか?”,Global EduNET 2001/10,2001
  • “オンライン教育の今後はどうなるのか?”,Global EduNET 2001/11,2001
  • “バーチャル大学を利用した新たな大学経営の形”,Global EduNET 2001/12,2001
  • “テクノロジーがもたらした新しい言い訳”,Global EduNET 2002/1,2002
  • “インターネット留学のススメ”,Global EduNET 2002/2,2002
  • “ラップトップという高価な玩具”,Global EduNET 2002/3,2002
  • “ハーバード大学オンラインチュータリング”,Global EduNET 2002/4,2002
  • “コンピュータを利用した子供に本を読ませる方法”,Global EduNET 2002/5,2002
  • “教師へのコンピュータ利用指導の効果は?”,Global EduNET 2002/6,2002
  • “難しくないIT教育改革”,Global EduNET 2002/7,2002
  • “学習者から見たe-ラーニング e-ラーニングの特性を無視した使い方では,知の創造の場は生まれない”,月刊人材教育,特別記事,pp.45–47,2003
  • “英語からパソコンまで!「Eラーニング」活用講座”,月刊OLマニュアル,pp.109–114,2003

教授インタビュー