トップ » 教授陣 » 教授 » 長谷川 亘

長谷川 亘

Wataru Hasegawa
長谷川 亘

経歴

  • 早稲田大学文学士,(米国)コロンビア大学教育大学院修了,Master of Arts,Master of Education
  • 一般社団法人日本IT団体連盟代表理事・筆頭副会長
  • 一般社団法人京都府情報産業協会会長,一般社団法人全国地域情報産業団体連合会(ANIA)会長
  • 特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会 副会長,運営企画会議 委員
  • 独立行政法人 情報処理推進機構 人材育成審議委員会 委員,情報セキュリティ標語・ポスター・4コマ漫画コンクール審査委員会 委員
  • 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 高度職業能力開発促進センター運営協議会 委員
  • タイ王国教育省次官賞(2回),ガーナ共和国文部大臣賞
  • 天津科技大学客員教授,韓国国土海洋部傘下公企業 済州国際自由都市開発センター政策諮問委員
  • 学校法人京都情報学園理事長

メッセージ

専門は,「教育リーダーシップ」で,教育行政,学校経営,テクノロジー援用教育を中心に研究してきました。特に,教育リーダーシップのメインテーマである教育組織経営については,実務として経験するとともに,グローバルな視点で研究してきました。

日本の高等教育システムは,初期にヨーロッパの高等教育制度の影響を多分に受けたため,官学・私学を問わず,米国で重視されているような実学を疎かにする傾向があるのはよく知られているところです。そして現在,その教育システムがポスト工業化の時代にあって,崩壊の危機に瀕しています。官主導の高度経済成長の時代を終えた今,変革と多様化の現代には,新しい形の民主主義的な教育が求められています。

教育機関に限らず,どのような組織でも,その国独自の法制度や,その根底の文化を理解した上で,時代に即応した運営・経営をしなくてはなりません。グローバル化の進む現代では,海外諸国との関係も熟慮しながら,急速に進化発展するばかりで終わることのないIT化を促進しつつ,組織を維持・運営していかなくてはならないのです。つまり,CIOなどのITリーダーには,従来の牽引力としてのリーダーシップに加えて,継続的な組織内教育の能力,国際的なネットワーク社会における新しい形の指導力,すなわち「教化型リーダーシップ」が求められているのです。

本学は,日本最初で唯一のIT専門職大学院として,業界の深刻なIT人材不足に応えるべく,秒進分歩の進化発展を続けるIT・コンピュータ技術への迅速な対応を使命として創立しました。日本最初のコンピュータ教育機関である京都コンピュータ学院における50年以上の伝統と実績を活かし,大学院マスターレベルの専門職教育を実現し,唯一無二のNo.1を目指す所存です。建学の理念である,「社会のリーダーたりうる応用情報技術専門家育成」を旨とし,京都コンピュータ学院で培った「社会の求める人材育成」の教育実績と,自分自身が米国のプロフェッショナルスクールに学んで得たノウハウを融合させながら,ITリーダー育成という課題に取り組みます。大志を抱いた皆さんの入学を心からお待ちしています。

担当科目

  • リーダーシップセオリー
  • リーダーシップ基礎論

専門分野

  • 教育リーダーシップ:教育組織経営をメインテーマとし,教育行政,テクノロジー援用教育等を中心的に研究。

業績

論文

  • 長谷川亘,“情報と文化のメビウス環”,アキューム Vol.1,pp.120-125,1989
  • W. Hasegawa, “Computer Education as Literacy, 39th Annual Meeting of the Comparative and International Education Society, at Boston”, MA 1995
  • W. Hasegawa, “Internet Impact on Educational Institutions”, Columbia University Web, 1997
  • W. Hasegawa, “Enlightened Leadership and It's Limit: A Case Study”, コロンビア大学修士論文(M.A.), 1998
  • W. Hasegawa, “Policy Analysis of RIT and KCG joint program”, コロンビア大学修士論文No.2(M.A.), 1998
  • 長谷川亘,“日本の私学と「専門学校」の概念”,アキューム Vol.9,pp.38-41,1998
  • W.Hasegawa, "Japan's System of Post-Secondary Education”, コロンビア大学教育修士論文(M.Ed.), 1999
  • W. Hasegawa, “New York School Finance Reform”, コロンビア大学教育修士論文No.2(M.Ed.), 1999
  • 長谷川亘,“「大学編入」のインパクト ”,看護展望 Vol.24,No.5,pp.48-52,1999
  • 長谷川亘,“大学制度の問題と真の教育 ”,第13回日本看護学校協議会学会集録,pp.22-23,2001
  • 長谷川亘,“大学崩壊の時代 ”,アキューム Vol.11,pp.28-31,2002
  • 長谷川亘,“日本最初のIT専門職大学院の設置と今後の課題 ”,私学経営 No.359,pp.26-42,2005
  • 長谷川亘,太田賢,奥泉洋子,小寺敦子,高橋良子,長谷川晶,“小規模大学の将来像の一形態;ネットワークマルチバーシティ”,NAIS Journal Vol.5,pp.3-8,2010
  • 長谷川亘,“高等教育と職業人教育”,アキューム Vol.21,pp.68-82,2013
  • 長谷川亘,武田雅哉,“京都モデル,[.kyoto]―大学としてのトップレベルドメインレジストリによる,クリーンなインターネット空間の確立―”,NAIS Journal Vol.9,pp.3-11,2014
  • アキューム | 京都コンピュータ学院校友会機関誌

企画書

  • W. Hasegawa, “The Teachers College/Caliber Learning Network Master Degree in Educational Administration: Five Year Plan”, コロンビア大学理事会への企画書, 1997

基調講演

  • 「教育行政・学校経営 大学制度の問題と真の教育」,第13回日本看護学校協議会学会【看護21記念フォーラム】,2001
  • 「日本のIT(ICT)及び情報セキュリティ専門人材育成の現状及び展望」,情報保護人材採用説明会(主催:韓国情報保護学会,韓国情報保護産業協会),ソウル,2008