トップ » 教授陣 » 教授 » ウィリアム・カミングス

ウィリアム・カミングス

William K. Cummings
ウィリアム・カミングス

経歴

  • (米国)ミシガン大学卒,ハーバード大学大学院博士課程修了(社会学専攻),Ph.D.
  • 元津田塾大学講師,(米国)元シカゴ大学助教授,元ハーバード大学国際教育センター所長,元ニューヨーク州立大学バッファロー校教授・比較国際教育学センター所長,元ジョージワシントン大学教授

メッセージ

京都情報大学院大学にようこそ! この情報化時代の大きな課題の一つは,仕事を上手に組織化する方法を会得し,そして仕事の世界と教育との関係をよく理解することです。私は,日本やその他の諸国(アメリカ,ヨーロッパ,アジア,アフリカ)で30年以上コンサルタントとして従事し,これらの課題について探求してきました。現在,アフリカの各地域の教育責任者のための,専門的なeラーニングコースの開発を行っています。これから本学でみなさんと共に,その体験を分かち合えることを嬉しく思います。みなさんはすばらしい未来を目指して,本学で数々のチャレンジに満ちた日々を送られることでしょう。講義で学生のみなさんと会えることを楽しみにしています。

紹介

カミングス教授は,学校教育と社会変動の問題を国際比較の視点で研究してきた日本研究の第一人者です。『日本の大学教授』(至誠堂・1972),『ニッポンの学校』(サイマル出版会・1980),『アメリカ大学日本校』(アルク・1990),『アメリカの教育』(弘文堂・1992)など,数多くの著書が邦訳されています。今日は,第三の革命の初期,つまり「情報革命」の時代であり,知的労働が全労働力の三分の一を占めるに至りました。教授は,今,人々は次のステップへ進む時期を迎えようとしており,将来の社会環境について,特に教育と労働,さらに,それらの関係についての将来展望を提示することが,本学における自身の役割であると考えています。また,講義内容が,学生のみなさんにとって,製品開発やサービス部門における新しい方向を示唆するものであることを心から願っています。

担当科目

  • 学校・企業内教育国際比較研究

業績

学術論文

  • “Decision-making Structures in Japanese Universities”, 東京工業大学紀要第93巻, 1969
  • “日本の高等教育改革へ提言”,社会経済論文集第2巻,1973年
  • “Understanding Behavior in Japan's Academic Marketplace”, Journal of Asian Studies Vol.34, 1975
  • “The Egalitarian Transformation of Postwar Japanese Education”, Comparative Education Review Vol.26, 1982
  • “Going Overseas for Higher Education: The Asian Experience”, Comparative Education Review Vol.28, 1984
  • “Life Science and Biotechnology Research in Japan”, Science and Public Policy, 1987
  • “Japan's Science and Engineering Pipeline” 米国技術評価局論文集, 1987
  • “Research Resources in Japan for Biotechnology” 米国科学振興協会論文集, 1987
  • “Singapore and Japanese Education Compared”, Commentary Vol.8, No.1, 1989
  • アキューム | 京都コンピュータ学院校友会機関誌

著書

  • “日本の大学教授”,至誠堂,1972
  • Antonina Kloskowska, Guido Martinotti共編, “Education in a Changing Society”, London: Sage Publications, Ltd, pp.255-290, 1978
  • William K. Cummings, Ikuo Amano, Kazuyuki Kitamura共編, “Changes in the Japanese University”, 1979
  • “Education and Equality in Japan”, Princeton University Press, 1980
  • “East-West Center Degree Student Alumni”, ハワイ大学East-West Center Press, 1986
  • “Low-Cost Primary Education: Implementing an Innovation in Six Nations”, Ottawa: IDRC, 1987
  • Glenn L. Shive, S. Gopinathan, William K. Cummings共編, “North-South scholarly exchange: access, equity and collaboration” London: Mansell Pub., 1988
  • “The Japanese Academic Marketplace and University Reform”, New York: Garland Publishing Inc., 1990
  • Ikuo Amano, William K. Cummings, Fumiko Cummings共著 “Education and Examination in Modern Japan”, 東京大学出版会, 1990
  • ゲイル・チェンバース,ウィリアム・カミングス共著,“アメリカ大学日本校”,アルク,1990
  • 喜多村和之,ウィリアム・カミングス共著,“アメリカの教育”,弘文堂,1992
  • W. Chapman,William K. Cummings共著, “International Perspectives in Educational Productivity”, Greenwich, Conn.: JAI Press, 1992
  • Craufurd D. Goodwin, William K. Cummings共著, “International Education for Development”, Institute of International Education, 1992
  • William K. Cummings, Philip G. Altbach共編, “The Challenge of Eastern Asian Education”, ニューヨーク州立大学出版会, 1996
  • William K. Cummings, N. McGinn共著, “International Handbook of Education and Development: Preparing Schools, Students and Nations For the Twenty-First Century”
  • William K. Cummings, Maria Teresa Tatto, John Hawkins共編, “Values Education for Dynamic Societies: Individualism or Collectivism”, 香港大学比較教育研究センター, 2001
  • “The Institutions of Education”, Oxford: Seminary Press, 2003

ほか,共著37編以上