トップ » カリキュラム » 京都情報大学院大学での学び

京都情報大学院大学での学び

カリキュラム概要

entrepreneurship

本学は,ICT(情報通信技術)を学び,様々な領域での具体的な課題解決に適用することで,新たにICTの革新的な応用が生まれ,それを利用する人々のさらなる満足と社会の改善につながると確信しています。

本学のカリキュラムは,学生がICT全般の知識,選択した分野で活躍できる能力,さらに,身につけた専門技術を活かして,社会で通用する職業人としてのマナーを身につけることを目標としてデザインされています。アメリカ式のプロフェッショナルスクールでの教育をモデルとし,実用的知識と実践を重視したアプローチを取っています。

カリキュラムの作成においては,世界最大の教育科学技術計算協会であるACM(Association for Computing Machinery)のモデルカリキュラムと,独立行政法人「情報処理推進機構(IPA:Information technology Promotion Agency)」のITスキル標準モデルカリキュラムの両方を参照しています。

KCGIのカリキュラムが学生に求めるスキルの到達目標は,IPA ITスキル標準V3のレベル1〜レベル3を参照して,以下のように設定されています。

  • 専門家として通用するレベルの業務を単独,あるいは限られた指示やサポートで遂行できること。
  • 日本国内,もしくは自国の志望業界で就職可能な能力を身につけること。
  • 選択した業種,業界内で求められる水準で仕事ができるようになること。
  • 優れた職能と責任感を持った良識ある社会人になること。

上記で求められるスキルを学生が修得するために,本学では以下の各分野に力点を置いてカリキュラムを構成し,時代と社会のニーズに応じ更新しています。

ICTの知識とスキル

学修の対象となる領域は,広範にわたるICTの知識とスキル,およびその具体的な応用です。これらを学ぶため,各科目はICTの専門領域やICTを応用する産業分野ごとに複数の科目群に分類されており,それら科目群のいずれかを選んで,または組み合わせて履修することで,専門性と応用力を高められるよう,カリキュラムを構成しています(各科目群の詳細については後述)。

実習・演習

本学の教育哲学の基盤は,経験による学び,即ち実習や演習を通した学習です。学生は,プロジェクトベースの学習活動やインターンシップを通して現場での実務に即した経験を積みます。

対人スキル

キャリアの充実のためには,専門知識と技術が重要なのは言うまでもありませんが,書面や口頭での明確なコミュニケーション能力,他者と協力して仕事をこなす能力,リーダーシップを発揮する能力といった職業人としての対人スキルが不可欠です。本学は,単なる技術的な能力を超えた学生の「人間力」を育てます。

「応用情報技術専門家」育成のために統合されたカリキュラム

本学の建学の理念にある「応用情報技術専門家」を育成し,社会に送り出すために,学修目的別の履修モデルと,学生主体のプロジェクトやアクティビティとを組み合わせて,統合されたカリキュラムを提供しています。

専門性の獲得

応用情報技術専門家として,広範なICT関連知識をすべてカバーしようとするのは現実的ではありません。そのため,専門性を高めるために分野を特定し,その中で基礎から応用・実践まで広く深い専門知識を獲得できるよう,分野ごとの科目群を整備しています。この科目群を選択して学習を進める履修モデルを「コンセントレーション履修モデル」と呼んでいます。

社会的ニーズへの対応

現代の様々な産業分野において,効率化・知識集約などの課題解決にICTを適用しようというニーズは高まる一方です。このニーズに応えるために,特定の産業分野へのICTの実践的活用について,事例や課題などを学ぶための科目群を整備しています。この科目群を選択して学習を進める履修モデルを「産業分野履修モデル」と呼んでいます。

創造性・実践能力の発揮

応用情報技術専門家として,各種科目の履修で学んだ知識を現実の課題解決や実践的応用につなげるために,自らがとるべきアクションを主体的に企画・設計し,実践した結果を他者に還元する必要があります。そのため,それらの素養を学生が身につけられるよう,担当教員の指導のもとで様々なテーマを追求するマスタープロジェクトやインディペンデントスタディをカリキュラムに位置づけています。

プロフェッショナル志向

応用情報技術専門家には,実際の産業分野で現実の課題解決や実践的応用を牽引できるプロフェッショナルであることが求められます。そのため,企業や各種団体でのインターンシップを奨励し,職業人に求められる技術レベルや課題解決能力を体験的に学ぶ機会を提供します。

これらの履修モデルの選択やプロジェクトなどへの取り組みは,全ての学生に一律に課されるものではありません。学生ごとの興味・関心や学修の深度などに応じて,様々な選択と組み合わせが可能です。学生主体の自由な学びを尊重しつつ,応用情報技術専門家の育成に向けた知識と技術の積み上げを図るよう,カリキュラムを設計しています。

カリキュラム構成図

学生たちは,3通りの履修モデルに沿って学んできた専門知識と実践的応用に基づき,それらの集大成として,「マスタープロジェクト」を4セメスター目に原則的に実施します。

必修科目・推奨科目

本学では,出身学部にとらわれず,様々なバックグラウンドを有する多様な学生を受け入れています。これにより,多くの人にキャリアチェンジの機会を与えるという社会的な意義を果たしています。

そのため,必修科目としては,個々の学生の専門性によらず,高度専門職業人に求められる積極的で論理的なコミュニケーションの基本スキルを養う科目を設定しています。

また一方で,過去にICT以外の分野を専攻し学んできた学生に対しては特に,ICTの中核をなす計算機システムの構成や,ウェブ,データベースの仕組みを学ぶ科目の履修を推奨し,以降でICT応用を学ぶための基礎を築きます。

必修

  • ICT実践コミュニケーション
  • リーダーシップセオリー
  • マスタープロジェクト基礎演習

推奨

  • データベース概論
  • ウェブプログラミングⅠ
  • コンピュータ構成論

履修科目の選択

コンセントレーション・産業分野・共通選択の各科目群から,アカデミックコーディネーター(学修指導教員)と相談のうえ,学期ごとに履修する科目を選択し,自分自身のカリキュラムを作ります。

それぞれの科目は,前提知識を特に求めない基礎科目と,一定の前提知識や専門性が必要な応用科目とに分けられており,学習成果のレベルを高めるため,応用科目を所定の単位数以上取得することを修了の要件に含めています。一方,1学期で履修できる科目の単位数には上限を設けており,個人学習の時間を確保しつつ学習計画が立てられるようにしています。

インディペンデントスタディ

「インディペンデントスタディ」は,本学の履修科目の枠に収まらない自主的な研究を教員指導のもとで進めるための制度です。研究成果を研究報告書にまとめ,口頭発表を行い,一定の成果が認められれば単位が認定されます。

インターンシップ

本学での学修に関連する企業や団体で一定期間の就業体験を行う「インターンシップ」の制度があります。本学で培った専門知識やコミュニケーション能力を実践的な現場に適用し,より確かなものにすることを期待しています。あらかじめ申請し,終了後に参加報告書の提出と口頭発表を行うことで,単位が認定されます。