メインコンテンツに移動

未来環境ラボ

未来を創り出す実験室

日本ユニシス株式会社と「未来環境ラボ」を共同開設

共同開発

京都情報大学院大学・京都コンピュータ学院(KCGグループ)と,日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区)の総合技術研究所は,学術・研究の協力関係を築くための産学連携協定を2017年2月15日に締結しました。これに基づき,本学の学生と日本ユニシス総合技術研究所の研究員とが相互に交流し,様々な学術・研究の共同作業を重ねていくために,「未来環境ラボ」を学内に開設しました。

「未来環境ラボ」は,日本ユニシスの第一線の研究員と本学教員が,新鮮な発想を持つ学生とともに,共同プロジェクトを推進していく産学協同の場となります。加えて,特別講座などの企画・実施も計画しています。

この共同作業によって,イノベーションへとつながる発想やソリューションの種が生まれ,斬新なITの利活用が生まれることを期待しています。その中から,様々な分野に挑戦し続けられる人材,多様性を備えた人材が育ち,IT社会の未来を切り開く原動力となるだけでなく,私たちを取りまく地域の活性化へとつなげられるよう,活動を進めます。


ユニシスロゴ

日本ユニシスグループは,日本初の商用コンピューターによって今日の情報社会を拓き,以来60年以上にわたり高技術者集団として顧客課題を解決し,社会や産業を支えるシステムを構築してきました。この経験と実績をバックボーンに,革新的なサービスを創造し,持続可能で活力ある未来社会づくりに貢献できる集団として,みなさまから信頼され,期待され続ける企業グループであることを目指しています。(会社紹介:日本ユニシス株式会社 提供)

未来環境ラボとは

未来環境ラボでは,「5~10年後に使われているものを思い描いてプロトタイピングする」をコンセプトに掲げ,アート,ゲーム,アプリ,ロボット,ビジネス化など,メンバーそれぞれの気の向くままに,得意分野を活かして制作に取り組んでいます。今後の世の中で活躍する人材には,より高い創造性が求められることでしょう。未来環境ラボでは,「世の中にどんな技術があるのかを知ればアイデアが湧く」,「アイデアを形にする力も訓練で向上する」と考え,物事をさまざまな観点からとらえ,現在はまだ存在しないものを自分で新たに生み出す経験を積む機会を学生に提供しています。

世の中の技術を知る機会を得るために,日本ユニシスから研究者を招き,最新の研究成果とその未来を体験してもらう技術交流会を発足から毎年開催し,普段の制作のほかにも,アイデアの出力から実装,発表までを1日~数日で行うイベント『ハッカソン』を開催してきました。これには毎回チャレンジ精神と好奇心に満ち溢れた学生と教員が参加し,白熱した意見交換や実装作業が展開されています。

ここでは,いろいろな人,アイデア,視点,技術に出会えます。ここに来るために必要なものは,何かを創り出そうとする心です。少し不思議な空間ですが,学生の皆さんにとって刺激的な場所であることは間違いないでしょう。ぜひ気軽に訪れてみてください。

開かれた雰囲気の中で

中口 孝雄 准教授
中口 孝雄 准教授

未来環境ラボは設立から3年の若い組織です。初年度は学内での勉強会やハッカソンに力を入れ,日本ユニシス研究員の方々との技術交流会や人間中心設計をテーマとしたワークショップを開催しました。2年目からはそれらに加え,対外的な活動にも力を入れています。その結果,行政や企業,技術者コミュニティとの協働による,オープンデータハッカソンの開催,IoTや深層学習(画像認識,機械翻訳)の勉強会の誘致・主催,他大学や企業との共同研究など,活動の場は大きく広がりました。今後さらに自動運転や機械翻訳,ブロックチェーン,AR/VR,ドローンなどの最新技術にも触れられる機会を提供する予定です。

未来環境ラボの特徴は,学生や研究員,教員,学外の多様な組織の方々が参加して,様々なアイデアやプロトタイプを生むフィールドを提供していることです。講義や学校の枠にとらわれない,学生の可能性を最大限に広げるオープンな環境です。皆さんの参加をお待ちしています。

これまでの活動実績

2017年
6月
技術交流会開催
12月
学内ハッカソン「年末×IT×年始」開催
2018年
1月
人間中心設計ワークショップ開催
6月
学内ハッカソン「京都オープンデータハッカソン」開催
7月
技術交流会開催
11月
過去環境ラボ実施
11月
GoogleColab勉強会開催
2019年
4月
隔週にて学生とのゼミを開始
6月
技術交流会開催
11月
利きコード選手権開催
12月
ソフトウェアテスト勉強会開催
未来環境ラボ1
未来環境ラボ2
未来環境ラボ3