メインコンテンツに移動

就職サポートとインターンシップ

指導教授による徹底した個別指導と,KCGグループによるバックアップで,理想の就職を実現。

専門職大学院である本学は, 従来の大学院とは異なり, 学生の就職実現に向けたきめの細かいサポート体制を整えています。

本学の就職サポート体制の特色

  1. 企業経験をもつ指導教授らによる徹底した個別指導(企業紹介や面接指導など)
  2. 京都コンピュータ学院をはじめとするKCGグループの就職指導のノウハウ提供やインターンシップなどのバックアップ

現在, 産業界ではIT(ICT)とマネジメントの両方のスキルを兼ね備えた人材が求められており, 実践的で高度なスキルを備えた本学の修了者が活躍するフィールドは広がっています。

本学でスキルを修得し, 産業界におけるITエンジニアのリーダーとして活躍してください。

インターンシップ参加者の声

荒賀さん

インターンシップに参加しハンドジャパン(株)に就職

ハンドジャパン(株)
2017年3月修了
京都コンピュータ学院 経営情報学科卒

初めての外国企業での体験

京都コンピュータ学院(KCG)在学時から,企業の経営資源を統合的に管理してビジネスを推進させるERPについて学んでいました。京都情報大学院大学(KCGI)入学後は上田治文教授の指導のもとERP関係の研究をし,夏季休暇期間に上海漢得信息技術股份有限公司(HAND上海)での4週間のインターンシップに参加できる機会があることを知りました。学生の間に実際にERP関連企業で働くこと,また日本国内ではなく海外,それも日本にとって身近な中国で働くことに興味があり,1年次に参加を志願しました。

インターンシップでは,ERPパッケージソフトウェアの大手ベンダーであるSAP社のERPのシステムで使用されるプログラミング言語「ABAP」でのシステム開発を学習しました。KCGIでのERPの学習は,業務的な視点でERPシステムをどのように活用するかに重点を置いた内容ですが,インターンシップの経験を通じて,業務的な視点で捉えたものが実際にシステムへ落とし込めるかどうかの見方を持つことができ,視野を広げることができました。また中国でのインターンシップを通じて,日本国外の人々の仕事や物事に対する考え方を知り,ますますグローバル化が進む中,コミュニケーションのあり方についても考えなおす機会となりました。KCG在学時にABAPの授業を取っていたこともあって,高い評価を得ることができ,内定をいただくことができました。現在も当時のインターンシップで経験した内容が日々の仕事に活きていると実感しています。

学生の頃にインターンシップを経験することは,修了・卒業後,社会人として働くことのイメージの手助けとなり,進路の決定にも役立つかと思います。また,それによって学生時代の目標設定も,より明確になり,より有意義な学生生活を送ることができるので,積極的にインターンシップに参加することをおすすめします。