メインコンテンツに移動

修了生の声

KCGIに進学した理由

大学で情報技術を学び,IT関連企業に就職しようと活動中,他の学生と比べて自分の視野の狭さを痛感しました。とりわけ就職試験でのディスカッションでは,力を発揮することができませんでした。就職するにはさらにスキルを高めなければならないと思い,またプロジェクト管理やチームワーク活動を勉強したかったので,KCGIへの進学を決めました。

KCGIでの学生生活について

知識や技術面で自分を磨けたと思っていますが,何より多くの先生方と話す機会を持てたことが大きかったです。実際に企業で活躍されていた方が多く,聞かせていただいたいろいろな話は,学ぶことが多かったです。講義の中では「プロジェクト管理技法(現 プロジェクトマネジメント)」が今の仕事でとても活かされていると思います。最近は「飲みニケーション」という言葉は使われないかもしれませんが,飲み会の席で聞いた先生方のお話がとりわけ印象に残っています。

今の仕事と今後のビジョン

富士通のヘルスケアソリューション事業本部の,小規模医療機関向けの電子カルテシステム開発担当から,大規模病院など顧客のクラウド電子カルテを運用・保守する部署に移りました。今後は「サポートする」という考え方ではなく「サービスを提供する」という姿勢で,これからますますニーズが増えてくる医療部門の発展に少しでも役立ちたいと考えています。2013年には医療情報技師の資格を取得し,仕事に活かしています。

KCGIに進学した理由

大学では総合情報学部でコンピュータを学んでいました。その知識を活かして,大学院では研究するよりも実践的なウェブプログラミングを学んだ方が就職にも有利だと考え,IT専門職大学院であるKCGIに進学しました。実践的で自由な雰囲気にひかれたのも進学先を決めた理由のひとつです。

KCGIでの学生生活について

ウェブ系の技術に興味があったので,ウェブプログラミングの実習やグループワークが非常に楽しかったです。最新のトレンドも身につけられましたしね。実践的な学習は,就職活動でも有利に働きました。課程修了プロジェクトでは,近年注目されているソーシャルメディアの解析に取り組みました。技術的にも最先端のことが勉強できたので,自分の将来にも大きなプラスになると思います。

後輩へのメッセージ

ヤフー入社時の研修では総合大学や学術出身の同期に比べ一歩先をリードできているという実感があり,サービス開発にすぐ着手でき,なじみも早かったですね。現在はEC(エレクトロニック・コマース)サイトの開発に携わっています。KCGIは,学会活動や企業との共同プロジェクトなど,自分の裁量で様々なことに挑戦できるのが良いところだと思います。講義中のディスカッションで生まれたアイデアが実際のビジネスにつながるなど,他の大学院では考えられないような経験ができるはずです。後輩の皆さんも,ぜひそういったチャンスを活かして,学生生活を充実したものにしてください。

KCGIに進学した理由

大学卒業後就職した金融機関で,システム部に配属されました。以前よりITに興味があったのでやりがいはありましたが,仕事をするうえで知識や経験のなさを痛感していました。そんな折,高度なIT知識とマネジメント能力のある人材を育てるため,社員を大学院で学ばせるプランが持ち上がり,私に白羽の矢が立ちました。会社の要求にマッチするカリキュラムがあることと,実務経験豊富な教員がそろっている,実績があるという点でKCGIに決めました。会社の長期研修という位置付けです。

KCGIでの学生生活について

信金の長期研修は初めての試みでしたので,大きな責任を感じながらの入学でした。まずは勤務先から託されたミッションのひとつである高度なITスキルの修得に向けて懸命でした。実務経験のある教員の講義は特に面白かったですね。IT,マネジメントのみならず,グループワークや,知的財産権といった法律関連の講義も豊富にあり,実践形式で学べました。2年間,ほぼ休むことなく通学し,77単位を取得,修了時には最優秀賞に選んでいただきました。

今の仕事と今後のビジョン

信金復帰後は,業務効率化を目的としたシステムの開発,タブレット端末を利用した新しいマーケティングの促進,フィンテック導入による新しいビジネスモデルを提案できる人材の育成などに携わっています。システム開発現場の一技術者としてだけではなく,ITを駆使できる技術者の立場から組織の経営に目を向けて業務に携わっていくことを目標にしています。

KCGIに進学した理由

北海道・札幌でITと経営の両方を学べる教育機関は他にはありません。KCGIの札幌サテライトが2012年4月に開設されると聞き,これはチャンスだと思い入学を決めました。私は高校を卒業してからゲームメーカーの養成所で学び,以後ずっとIT業界で働いてきましたが, 見よう見まねではなくしっかりとしたITの知識を身につけたいと考えました。

KCGIでの学生生活について

札幌サテライトでは設備が整っていたため京都本校との距離感は感じませんでした。講義のメニューが豊富なことにも驚きました。勉強は仕事をしながらでしたが,夜や土曜の通学,それにeラーニングコンテンツの活用で時間が有効に使え,勉強がスムーズにできました。学んでみてやはり,実務をするにしても学問的な下地が大切なのだな,と感じています。

後輩へのメッセージ

講義で教えていただいたことが即,実践につながった例も多々あります。灯台下暗しといいますか,業界にいるのに最新のテクノロジーを知らないというケースもあり,講義で学んだGoogleのクラウドサービスや,プログラムのフローチャートを作る際のツールなど,いま業務で大変役に立っています。今後も仕事をしながら,プロジェクトマネジメントにおける品質管理などの面で学び続けていきたいです。KCGIは学びやすい環境ですし,他の学校にはないカリキュラムですので,社会人の方々,チャレンジしてみてはどうでしょうか。

KCGIに進学した理由

スリランカの大学でネットワークについて勉強した後,7年ほど働いていましたが,自分の知識と経験をさらに広めたいと考え,海外の大学院での修士号取得を決意しました。オーストラリアと日本の大学を主に探したところ,KCGIのサイトを見つけ,ERPのカリキュラムが用意されていることを知りました。働いていた時にERPは将来性がある資格だと思っていましたが,KCGIではERPについて英語の授業で学べて,資格取得にもチャレンジできることを知り,KCGIへの進学を決めました。

KCGIでの学生生活について

ERPに関心があるので,国際会計学などの関連科目はもちろん面白いですが,データベース概論などのIT関連の科目も興味深く受講しました。実務経験の豊富な先生方が多く,丁寧に教えてくれます。2年間の学習の集大成である課程修了プロジェクトでは,授業で学んだERPの知識を活かして,京都市バスの運行と管理を効率化するシステムを設計して発表しました。ERPを実践的に応用するための難しさやポイントを学ぶことができました。KCGIは英語を話す先生が多く,日本語ができなくても学位が取得できるところが留学生にとって魅力的です。

後輩へのメッセージ

KCGIに入学する留学生は,日本語や日本の習慣・文化について勉強してくると良いと思います。その方が日本での生活を楽しめて,学習効率も上がります。特に日本語は大事です。私が来た時は,日本語を全然話せなかったので苦労しました。今はかなり話せるようになりましたが,東京のIT関連の会社に就職が決まったので,もっと勉強して,会社の日本人とのコミュニケーションをうまくとれるようになるつもりです。特に修了後に日本で働きたい希望があるなら,言葉と文化を少しでも学んでから来ることをすすめます。

KCGIに進学した理由

福建師範大学で日本語を学んだ後,提携しているKCGIに進学しました。マーケティングの分野に興味があったので,留学してKCGIで学ぶことを以前より自分の中で思い描いていました。ITや経営学などをしっかり勉強して知識を得ることはもちろん,たくさんの日本人の友達をつくりたいとも考えていました。文化の違いなど少し不安があったのは事実ですが,学んだ日本語を思い切り活かし,試すことができるので,KCGIへの入学を非常に楽しみにしていました。

KCGIでの学生生活について

KCGIでは,実務経験が豊富な先生方から多くを学ぶことができました。インターネットおよびTVショッピングの購買動向に関する資料収集やデータ分析の研究に没頭し,2012年9月には米国で開催された学会での発表も経験させていただきました。

就職活動について

研究を続けているうちに将来はコンサルティングの仕事に就きたいと思うようになり,富士通総研に挑戦しました。先生方のアドバイスもあって就職することができ,KCGIで学んだことを礎に,より一層学び,成長していきたいと思っています。

KCGIに進学した理由

大学で学んだ日本語を活かした仕事に就くつもりだったのですが,なかなか良い就職先が見つかりませんでした。さらに勉強すれば自分の将来が描けるのではないかと思い,日本への留学を決意して様々な文系の大学・大学院を探している中,大学時代の先輩が学んでいるKCGIのことを知りました。日本語に加え,どんどん進化を続けるITの知識が得られれば,自分の人生にきっと役立つと考え進学を決めました。

KCGIでの学生生活について

入学時点では,ITの知識がさほどなかったので,何を学んでよいのか迷っていたところ,アドバイザの先生がERPの勉強を勧めてくれました。懸命に勉強したかいがあって在学中,SAP認定コンサルタント(財務会計)の試験に合格することができました。ERP以外でも,データベースやウェブプログラミングの講義を受けました。ITに関する様々なジャンルの基礎的な能力を身につければ,将来きっと役に立つと思ったからです。

今の仕事と今後のビジョン

KCGIで学んだことを日本の企業で活かしたいと考え,先生の紹介で,今の会社に2017年4月に入社しました。入社直後の東京における4カ月間にわたる研修の後,OJT期間として2年間配属されるGBS関西コンピテンシー開発に所属し,ITスペシャリストとして主に京都で,IBMの半導体製造ライン工程管理のシステム「SiView」に関連する仕事を担当しています。顧客の企業様とのやり取りも今後増えてきますので,IT,それに日本語の能力をもっと向上させていかなければなりませんね。これらIBMのシステムは将来,中国の企業にも広がっていくと思います。その際に私が橋渡し役を務められれば最高です。

KCGIに進学した理由

インドネシアの大学でITを学んだ後,地元企業で働いていましたが,技術が進んでいる日本でセキュリティシステムについて学びたいという夢があり,留学を決意しました。自分の希望に合う大学院を探したところ,KCGIを見つけました。KCGIは日本で最初にできたITの専門職大学院で,コンピュータ教育の分野で長い歴史と伝統を持つ学校なので,修了後に日本での就職を希望していた私にとって最適だと考えて選びました。ITだけでなくビジネスも勉強できる点も魅力的でした。

今の仕事と今後のビジョン

現在はシステム開発エンジニアとして働いています。希望する職種だったので仕事は楽しく,KCGIの授業で学んだ知識が大いに役立っていますが,ITの分野では新しい技術が次々に出てくるので,今も勉強の毎日です。現在の仕事で経験を積んで会社を引っ張る中心的な存在になり,将来は日本でITの会社を立ち上げたいです。

後輩へのメッセージ

KCGIではITとビジネスを学べるのはもちろん,留学生が世界中から集まってきているので,様々な価値観や文化に触れてコミュニケーション能力を磨き,グローバルな視野を養うことができます。勉強や生活のことで悩みが出てきても,先生とスタッフが親身になって助けてくれるので,安心してKCGIに進学してください。

KCGIに進学した理由

大学の専攻はマルチメディア系で,高校時代からバンドをしていたこともあり,音楽や映像を作る技術を学んでいました。就職もその方面を望んでいたのですが,求人数が圧倒的に少なく,希望通りにはいきませんでした。そこで気持ちを切り替え,仕事に直結すると思ったプログラミングを新たに身につけようと思い,ゼミの先生に相談したところ,KCGIを紹介してもらいました。公開講座を受講し,そこでいろいろ細かい相談にも乗ってくれたので「ここでならしっかり学べそうだ」と進学を決めました。

KCGIでの学生生活について

プログラミング関連の講義はほとんど受講しました。マスタープロジェクト(現・課程修了プロジェクト)で取り組んだのは「クリエイターを支援する投げ銭機能を実装した作品投稿型ウェブサービス」の開発。クリエイターとして「創作をする誰もが金銭的支援を受けやすくするために,こんなシステムがあったら」と以前から考えていたものです。KCGIのいいところは,少人数制できめこまやかな指導をしてくれるところです。プロジェクトスポンサーの先生はこまめにメールをくれるなど,わからないことを細かい部分まで丁寧に教えてくれました。

今の仕事と今後のビジョン

今は,ウェブシステム開発に携わるエンジニアとして一日も早く戦力になり,自社の不動産業者向けサービスのシステムを任せてもらえるようになりたいです。仕事の傍ら,自作システムの改善や,創作活動も続けたいです。KCGIの先生は皆,聞いた分だけ熱心に指導してくれるので,積極的に話しにいってください。

KCGIに進学した理由

プログラミングを学ぶため京都コンピュータ学院に入学し,2回生のときのプロジェクト演習で,クリエイター向けの支援ツール制作を行いました。そのとき,力不足で納得する出来栄えにならなかったので,これを作り続けてもっといいものにしたいと思い,必要なスキルを修得するためKCGIに進学しました。

KCGIでの学生生活について

専門のウェブシステム開発を中心に学びました。KCGとKCGIの双方で,何度も学会発表のチャンスに恵まれ,良い経験をさせていただきました。KCG時代はプレゼンや発表が特に苦手で,人前で話すことすらおぼつかなかったのですが,KCGIはプレゼンやディスカッション,ロジカルシンキングやグループワークが常に求められる環境で,発表を積み重ねることで物おじしない性格や行動力がつき,成長を実感しています。マスタープロジェクト(現・課程修了プロジェクト)ではKCG以来の自作システムが「遠隔地のイラストレーターの合作を支援するリアルタイム共同制作システム」に結実しました。

今の仕事と今後のビジョン

就職先では唯一のシステム関連担当となるので,ウェブデザイナー兼ディレクターとして,マネジメント経験も視野に成長したいです。前述のシステムは,離れた場所にいるクリエイターたちが,オンライン上の「テーブル」に作品を持ち寄り,皆で相談しながら共同創作するイメージを具現化したもの。これを基にいつか起業の夢を叶えたいです。自分も子どものころから絵や小説を作るのが好きでしたが,KCGIで創作を支える側も大事だと気づかせてもらいました。皆さんもここで自分の強みや身につけたい力をどんどん磨いてください。

KCGIに進学した理由

親戚が経営している温室野菜農家での就労経験があり,当時,温室管理は基本的に人に頼っていて,品質面などでよく問題が発生していました。そのため,企業の重要な経営情報を一元管理し,経営スピードを速めることのできるERPの機能が,親戚の農場経営上の問題にふさわしい解決策をもたらしてくれると感じていました。そんな時,KCGIを修了し日本で働いている中国の友人から「KCGIはIT,特にERPを学ぶのに最適だ」と聞き,進学を決意しました。KCGIは日本最初のIT専門職大学院であることを知って「きっと自分を成長させてくれる」と確信することができました。

KCGIでの学生生活について

KCGIの特徴は応用情報分野で学べるジャンルが幅広くあることです。日本語の勉強は大変でしたが,N2の試験に合格後,進学。ERPのコンサルタント資格を取るための勉強も親切な先生方の指導のおかげで順調に進み,ドイツSAP社の「財務会計(FI)」分野のERP認定試験に合格して,先生に勧められた企業に就職することができました。KCGIの学生として150人目の同試験合格者として,セレモニーの場を設けて祝っていただいたのも忘れられない思い出です。

今後のビジョン

私は新しいことに挑戦するのが好きです。挑戦することで,自分の足りないところが見つかり,スキルをさらに向上させることができるからです。ERPにはかなり専門的で難しい分野もありますがこれからも挑戦を続け,将来は優秀なERPコンサルタントとして活躍していきたいと思います。

KCGIに進学した理由

母国の大学を卒業後、国外の大学院の修士課程に進みたいと考えていたので、たくさんの国の大学院情報を調べました。そんな中でKCGIを選んだのは、ERP教育が充実していたからです。また、英語で学べることも決め手でした。「授業は日本語だけ」というのは、留学生にはかなりハードルが高いですからね。

KCGIでの学生生活について

京都は国際的であると同時に、多くの仏教寺院があるなど私の故郷に似ている部分もあって、とても大好きな街です。日本語習得には苦労しましたが、2019年5月に財務会計関連のERP認定試験である“Financial Accounting with SAP ERP 6.0 EHP5”に合格しました。スーパーバイザーの先生はじめ、先生方のわかりやすい授業やアドバイスのおかげです。専門外の授業では「観光IT」「データベースマネジメント」などがとても面白く、自分の興味に応じて幅広い科目履修ができるのもKCGIの魅力ですね。

今の仕事と今後のビジョン

東京の国際的な企業にERPコンサルタントとして就職し、自分の英語、会計やERPの知識をフル活用できることがとてもうれしいです。日本で初めての就職で、いろいろ学ばないといけないことも多いのですが、スリランカの大学やKCGIで学んだことを実践的に業務に活かしつつ、さらに多くのことを学んでいく今の環境はとても充実しています。5~10年をめどに管理職へと進むのが目標で、ゆくゆくは母国スリランカに貢献する仕事ができたらと考えています。

やるなら最善を尽くせ

KCG在学中に,KCGIの第一期生が中心となって立ち上げた,ウェブアプリケーションを企画提案する(株)At Izumi(アット イズミ)にジョイン。KCGI修了後,10年間の富士電機(株)勤務を経て2018年より現職。パワー半導体事業などを手がける企業の経営者として営業およびマーケティングの両部門をゼロから立ち上げたほか,PR・技術サポートの部門を統括する。

ご縁に感謝

中国の高校を卒業後,ITとプログラミングが学びたくて,まず京都コンピュータ学院(KCG)に入学しました。在学中,仲の良い先輩の「君も一緒にAt Izumiに加わらない?」との一言から同社に入社し,多くのプロジェクトに関わることができて「ご縁に感謝だ」と感じたものです。経営の神様・松下幸之助が「人と人とのつながりには,やはり個人的な意思を超えた,縁という深い力が働いている」と言っていて,これにはとても共感できます。当時の先輩たちとはFacebookなどを通じ,今でもやりとりしています。こうした経験から,「将来はさらにITを駆使したビジネスに携わりたい」という思いが募り,KCGI進学を決意しました。

恩師の言葉が心の支えに

ITとマーケティングを深く学びたかったので,進学後は可能な限り多くの授業を取りました。頼み込んで,一回生の後半から大手電機メーカーの元CIOである高弘昇教授のゼミに加わり,マーケティングのプロとしての経験や,ベンチャー立ち上げの実体験に基づく指導を受けました。

 

高教授に最初に言われた言葉が「やるなら覚悟して,最善を尽くしてほしい」。この教えは当時,すごく心に響いたので,今でも胸に刻まれています。高教授の指導や講義は,事前に聞いた評判通り厳しかったですが,2年間,英語の専門書の読み込みから海外での学会発表までをみっちりこなしたことで,英語力,ロジカルシンキング,マーケティング力の三つが着実に身についたと実感しました。修了後,富士電機(株)東京本社に10年間勤めましたが,入社6年で社内の企画職試験1級に合格。他の社員から「最短コースでの課長補佐就任だ」と驚かれ,他の実績と相まって社内外の人々と硬い信頼関係を築くことができました。

富士電機時代もそうでしたが,2018年に今の会社に転職し,副社長として営業・マーケティング部門をゼロから立ち上げていくにあたっては,困難や課題が常に多くありました。そんな中で,どんな難問も一つ一つ着実に解決することができたのは,高教授の言葉や教えが心の支えとなっていたからにほかなりません。

日中韓の架け橋になりたい

現在,目先の目標としては,中国国内のビジネス拡大に優先して取り組んでいますが,将来的には海外進出も一歩一歩進めていきたいと考えています。韓国での売り上げが徐々に上がってきており,また,2020年上期に日本支社を設立します。学生時代から日中韓三国の架け橋になりたいとの思いがあり,その夢を実現するため,経営者として今の会社をグローバルに強い企業に育てていきたいと考えています。

10代や20代の若いときは,自分の夢ややりたいことが何なのかよく見えず,キャリアに迷いがちなものです。私もKCGIの後輩たちには「やるなら最善を尽くせ」という言葉を贈りたい。そして,その言葉の意味を深く理解し,実行していってほしいです。そうやって,直面する問題に真っ向から向き合い,それに懸命に取り組めば5年後,10年後には必ず大きな実を結びます。