メインコンテンツに移動

在学生の声

河村さん

2017年10月入学
京都大学 経済学部卒

KCGIで学ぼうと考えた理由

大学を卒業後メガバンクに就職し,融資などの法人営業を4年間担当しました。業務を続ける中,フィンテックの進歩を目の当たりにするとともに,何か「自分はこれができる」というものを見つけたいと感じるようになりました。人生を一度リセットする意味で大学院で学ぼうと考えていたところ,自分の専門である経営分野の知識を活かしながら,文系理系にとらわれずITについて学べるKCGIの存在を知り,銀行を退職して入学しました。妻や妻の両親も私の決断を理解してくれました。「未来IT人材育成奨学制度」が活用できるというのも,私の背中を押してくれましたね。

KCGIでの学習について

KCGIは学べる分野が幅広くあるのが特長だと思います。フィンテックや,将来の可能性を感じる農業ITのほか,SAPなどにも目を向けていきたいです。ITの講義は,専門外なのでちゃんと理解できるかどうか少し心配していましたが,先生方がIT発展の歴史からしっかり説明してくださるので,スムーズに吸収できています。新しい技術を十分に理解するためには,歴史から学ぶことが必要だと思っています。やはり仕事よりも,勉強の方がずっと楽しいです。

修了後のビジョン

フィンテックの分野で,自らビジネスを立ち上げたいと希望していますが,まずは,社会は何を求めているのか,自分は何ができるのかをこれから勉強を続ける中で見出していかなければなりません。様々な可能性を見つけることができる機会を楽しみながら,学生生活を送っていきたいと思います。

岩﨑さん

2017年4月入学
京都コンピュータ学院 情報科学科卒

KCGIで学ぼうと考えた理由

将来はネットワークやアプリ開発などIT関連の職業に就きたいと思って京都コンピュータ学院(KCG)に入学し,知識と技術を身につけていく中で,ITのビジネス活用について学ぶグループ校・KCGIの存在が気になってきました。ITはすそ野が広く,様々な知識を組み合わせれば,新しい技術を生み出すことができます。そのようなビジネスの現場で活躍したいと考え, KCGで指導していただいた先生の勧めもあってKCGIへの入学を決めました。大学院で学び,さらにスキルアップした自分を思い描いての決断でした。

KCGIでの学習について

KCG時代に応用情報技術者試験などの資格を取ることができましたので,得られた知識をさらに深く,幅広くするのと同時に,「ビジネス」を意識しながら新しい分野に入り込んでいきたいと考えていました。入学後,ビジネス関連の講義を受けましたが,先生方は自らが企業で活躍されていたときの経験を踏まえて話をしてくださるので毎回講義の内容は興味深く,大変刺激を受けました。留学生を交えたグループワークでは,文化の違いを超え,ひとつの目標に向かって力を合わせ,知恵を絞る楽しさを感じることができました。学会などで発表するチャンスもあり,様々な経験を積んで知識と技術を深めていくように取り組んでいます。

修了後のビジョン

企業で上級のSE職に就き活躍するのが目標です。これからKCGIで経営について深く学び,単なるプログラミングを中心としたシステム開発ではなく,企業のマネジメントの現場に近い場所で,知識を活かしていきたいと思っています。目標に向かって,可能性が広がっていくことを実感しながら学生生活を送りたいですね。

中村さん

2017年4月入学(札幌サテライト)
東京理科大学 工学部 経営工学科卒

KCGIで学ぼうと考えた理由

大学ではeラーニングを研究していましたが,その知識をさらに深めようと同じ研究テーマを学べる大学院を探したところ,KCGIがあることを知り,eラーニングも含めて最先端のIT教育を受けることができるとわかって,入学を決めました。大学院説明会で国内・海外の各専門分野の先生がいることを知ったことも,入学を決めた理由のひとつです。さらに,実家がある札幌にサテライトがあることも大きかったですね。

KCGIでの学習について

札幌サテライトには実家から徒歩で30分ほどかけて通っています。講義はeラーニング中心ですが,まさに自分の研究したいテーマなので,講義を受けながら自分で改善点やコンテンツに関する工夫などについても考えたりします。eラーニングの講義においても質疑応答ができる双方向性がありますし,サテライトの先生も親切に対応してくれるので,学習環境としては満足しています。また,これまで全く触れたことが無かった経営学関連の講義は新鮮で,プレゼンテーションの仕方が,理系とは大きく違うことに驚きました。京都本校で開講する集中講義の期間中,京都に滞在することもありますが,環境が変わって良い刺激になります。

修了後のビジョン

将来はeラーニングやeテスティングのコンテンツを制作・開発する仕事に就きたいと希望しています。企業の中の教育担当部門に従事するのか,自分で開発していくのかはまだ分かりませんが,KCGIで次世代産業をリードするITやアニメーション関連の知識も身につけ,伝達・教育手段として最適なeラーニングの在り方を追求していきたいと思っています。

孫さん

2017年4月入学
福岡国際大学卒
中国・大連外国語大学 英語学科卒

KCGIで学ぼうと考えた理由

母親が母国で日本語の先生をしていることもあり,以前から日本は身近な存在でしたが,子どもの時に旅行で訪れ,興味は一層深まりました。大学卒業後の進路を考える際,ITを身につけることが大事だと感じていたのですが,一学年上の先輩からKCGIの講義が面白いこと,先生方が熱心に指導してくださることを紹介され,入学を決めました。私の日本語はまだ十分ではないのですが,KCGIは英語による講義が充実していて,英語による学習のみで課程を修了できるという点も,私の希望と合致しました。

KCGIでの学習について

興味がある旅行・観光と,これから必要とされるITが組み合わされた観光ITを学んでいます。講義はとても楽しいです。特に「観光ビジネス特論」は,大好きな分野だけにどんどん知識が身についていると感じます。ITは大学で少し学んだだけなので,正直,苦戦中です。でも先生方にメールで質問すると,すぐに丁寧に答えてくださるので頑張れます。初めてとなる日本の生活は,最初はルールが多いことなど戸惑いがありましたが,学生生活やドラッグストアでのアルバイトを続けるうちに,徐々に慣れてきています。日本・京都の人はみな親切なので,過ごしやすいです。

修了後のビジョン

紅葉の美しい嵐山や京都タワーなどの京都名所,楽しさ満載のUSJ,海が美しい沖縄,スキー場のメッカ北海道…,そのような日本の素晴らしい観光地を中国人や世界の方々に紹介する仕事に就きたいです。日本の旅行代理店で働くことを目標にしています。これからは観光ビジネスを学ぶことはもちろん,日本語,敬語の使い方など接客マナーについても身につけていきたいと思っています。

エディアントさん

2017年4月入学
インドネシア・Bogor Agricultural大学
数理学部 応用気象学科卒

KCGIで学ぼうと考えた理由

インドネシアで,日本の大学と合わせて6校の学生が交流する農業関連の勉強会があって参加した際,出会った日本の大学生からSAP ERPのプログラムについて教えてもらう機会がありました。インドネシアでは大企業や外資系企業を除くとERPの導入が進んでおらず,今後は導入の必要に迫られるのではないかと感じ,俄然興味を抱きました。知識と技術を身につけたいと日本への留学を決意し,まずは四国にある日本語学校に入学,その後の進学先を探したところ,ERPについてトータルに勉強するなら,カリキュラムが充実して実績があるKCGIが最適だと思いました。

KCGIでの学習について

SAP ERPについて徹底的に勉強できる機会が得られ,入学前からワクワクしていました。IT関連のうちデータベースなどは大学で学んできましたので,KCGIではERPの勉強に集中しようと思っています。日本語がまだ十分ではないので,分からない専門用語が出てきた場合などは行き詰まりそうになります。でもその時は,先生方が丁寧に説明してくださいますので,自分の知識は確実に広がり,深まっていると実感できています。今後はSAP認定コンサルタント試験やビジネス日本語能力テストにも挑戦するつもりです。

修了後のビジョン

ERPのコンサルタントとして日本の企業で働きたいと思っています。インドネシアに支店がある企業を特に希望しています。技術が世界的に評価されている大手の自動車や機械メーカーで活躍したいですね。また,これはまだ遠い先の話ですが,いつかインドネシアで農業関連のビジネスを起こしたいです。大学で学んだ農業と,KCGIで得たERPなどをはじめとするITおよび経営など,すべての知識を活かすことができたらうれしいです。

アレクサンダーさん

2017年10月入学
ブラジル・Federal do Rio de Janeiro大学
数学科出身

KCGIで学ぼうと考えた理由

いったん社会に出た後,日本の文化や歴史に興味があって京都の日本語学校に留学しましたが,そのとき,ITの最先端教育を受けることができるKCGグループの存在を知りました。これまでに,大学を中退したために希望の就職がかなわなかった経験がありましたので,大学院でITをしっかり学んで修士の学位を取ろうと決意し,KCGIに入学しました。ITは今,最も世界で求められている技術です。とりわけビジネスに結び付けるための応用力・実践力をつけたいと希望しています。

KCGIでの学習について

プログラミングは大学時代に少し学んだ経験があるのですが,ITについてはそれほど深い知識がなく,入学後に受講したデータベースやウェブプログラミングの講義は新鮮でとても楽しかったです。先生方は留学生である私のことを配慮してくださり,「日本語のスピードはこれで大丈夫ですか」などと気を遣ってくれますし,質問にも丁寧に答えてもらっています。KCGIにはIT,ビジネス,応用情報学など,実に幅広い科目が開講されていて,それを自分で自由に選択し受講できるのが魅力ですね。これからは様々なジャンルの勉強にチャレンジしていきたいです。

修了後のビジョン

日本のソフトウェア関連の企業に就職し,アプリ開発を担当したいと思っています。日本が大好きなので,永住するつもりです。母国と違って治安が素晴らしく良い国です。今後の日本での生活で,多くのチャンスに巡り合えるのではないかと期待しています。