メインコンテンツに移動

ERP(Enterprise Resource Planning)

概要

ERP(Enterprise Resource Planning:企業資源計画)とは,企業全体のヒト・モノ・カネ・情報といったリソース(資源)をITを活用して統合的に管理する経営手法です。その手法を実現する基幹情報システム(ERPシステム)を理解することは,企業へのERPシステム導入でビジネスプロセス改善を図るための重要なステップになります。

この専門分野では,業界大手であるSAP社の教育用ERPシステム(SAP S/4HANA)による演習を中心に,業務統合の仕組みや財務会計・販売物流などの処理を実践的に学びます。また,様々な企業の課題分析やERP導入事例の調査などに取り組みます。インメモリデータベースやIoTなど,最新の企業インフラとERPの連携についても研究を進めます。

目指す人材像

  • ERP導入コンサルタント
  • ERPカスタマイズエンジニア
  • ERPアドオン開発エンジニア

過去の課程修了プロジェクトのテーマ

  • オンラインショップのERP導入研究
  • SAP HANA環境でのデータ分析 HANAを活用してのシステム開発
  • Effective Hotel Management Using ERP System
  • Implementing SAP ERP System for Furniture Industry in Sri Lanka
  • ERP Implementation for Chinese Fruit Industry to Enhance Management

上記以外に中国家電企業,化粧品メーカー,自動車メーカーなどへのERP導入に関するプロジェクトを行いました。

プロジェクト担当教員の声

李 鷁准教授

企業間競争が激化する時代に,多くの企業は業務改善のためにERP統合パッケージを導入しています。ERPシステム(企業統合基幹システム)を多様な業種に導入するうえで,ERPコンサルタントには,業種特有の特徴を分析し,企業の業務に応じたシステムを導入できる能力が求められます。

本学で学生たちは経営・会計の知識とプログラミングなどの基本的なITを学習したうえで,ERPの購買在庫・生産・販売物流・会計と人事管理システムのカスタマイズを学びます。さらにプロジェクトで業種別のERP導入を研究し,業務プロセスの改善を目指し,経営課題の解決策を提案します。プロジェクトでERPシステムのカスタマイズだけでなく,必要な場合,アドオン開発と外部システムの開発も行います。

グローバル化の進展に従い,国際的に活躍するERPコンサルタントのニーズが高まっています。本学は時代のニーズに応じて,グローバルなERPコンサルタントを育成し,英語と日本語両方のERPコンサルタント教育を行います。英/日のERPシステムのカスタマイズのほか,IFRS(国際会計基準)を適用したERPシステムへの対応研究も進めています。また,海外の会計制度と商習慣を調査し,国別のERPシステムの導入も研究しています。多くの学生が,グローバルなコンサルティングファームで活躍するERPコンサルタントを目指して頑張っています。

SAP社認定試験に多数合格

ドイツSAP社のERP(企業資源計画)パッケージソフトウェアは,多数の世界的な企業で利用されており,SAP認定コンサルタント試験は難関として知られています。この試験に合格して認定資格を取得することは,ERP関連のコンサルタントや企業におけるIT部門のスタッフとしての活躍を目指す人にとっては,大きな力となります。

本学ではSAP認定コンサルタント試験にこれまで留学生も含めて180名以上が合格したという実績があります。

福山さん

(株)日比谷コンピュータシステム
2017年3月修了
佛教大学 社会学部卒
京都コンピュータ学院 情報処理科卒

大学時代は社会学部で社会調査の勉強をしていましたが,収集したデータの統計処理でコンピュータを使おうとした際,この分野の知識が不十分であることに気づきました。大学院ではITを学ぼうと考えてKCGIに進学し,授業の中でERPと出会ったのです。このような企業経営を支えるシステムがあることに驚き,強い関心を持ちました。

特に財務会計システムは会社経営を支える根幹であり,この分野でERPコンサルタントの資格を取得すれば,就職に有利になると考えました。KCGIではERP関連の授業が充実しており,担当の先生方が資格取得に向けて力を注いでくださることも手伝って,受験を決めました。

試験勉強はあまり手を広げず,授業や集中講義の中で教えられた内容だけに集中して勉強しました。特に過去の試験問題の詳細な解説が役に立ったと思います。在学中に合格できたことで,自分への自信になり,課程修了プロジェクトにもしっかり取り組むことができました。就職への道も開け,東京のERPコンサルタントに特化した会社から内定をいただきました。ERPは新しい技術が次々と出てくる分野なので,柔軟に新しい知識を吸収して,第一線で活躍し続けたいです。

ERPコンサルタントを目指す取り組み

専門分野「ERP」の主な履修科目で,次のような講義や実習を順に履修することにより,SAP認定コンサルタントの資格試験のための準備と,企業でのERPプロジェクト導入のノウハウ修得とを,在学中に進めることができます。これらの授業は,ERP以外の専門分野を選択している場合でも履修することができます。

【第1セメスタ】
経営情報システムの基礎の学習

企業システム
企業活動の目的と,それを達成するための基幹業務の役割について学びます。各基幹業務について,どのような情報が発生し,どのように情報システム化されているかを理解し,その情報システムの開発方法を学びます。
業務の統合化とeビジネス
企業の構造とビジネスの仕組みを理解し,最新のICTを駆使することで競争優位を獲得する業務統合のあり方をSAP社のERPを通して学びます。

【第2セメスタ】
SAP認定コンサルタント試験に対応する講義

財務会計システム開発I,およびII
ERPシステムに使われる財務会計システムの開発を行います。SAPシステムのFinancial Accounting(FI)モジュールを利用し,財務会計システムの基本設計,伝票処理,決算処理,財務会計レポートなどを扱います。

目標とする資格試験
SAP Certified Application Associate ‒ Financial Accounting

販売物流システム開発I,およびII
ERPシステムに使われる販売物流システムの開発を行います。SAPシステムのSales and Distribution(SD)モジュールを利用し,販売物流システムの基本設定,受注から入金までの処理を扱います。

目標とする資格試験
SAP Certified Application Associate ‒ Sales and Distribution

生産管理システム開発
ERPシステムに使われる生産・プロセス生産システムの開発を行います。SAPシステムのProduction(PP)モジュールを利用し,生産システムのマスタデータ,資材所要量計画と製造指図などを扱います。

目標とする資格試験
SAP Certified Application Associate ‒ Production Planning and Manufacturing

【第3セメスタ以降】
ERPシステムの導入・開発に向けた実践的な学習

ERP導入擬似プロジェクト
特定の業界・企業に則したビジネスモデルやビジネスプロセスを擬似的に策定した上で,そこにSAPシステムの各種モジュールを導入する際の仕様書作成や導入テスト,レポート作成などを演習します。
インターンシップ
春期・夏期の長期休暇に約1カ月間,海外を含むSAP社のERP導入企業でのインターンシップに参加します(希望者のみ)。企業でのSAPプロジェクトの実習(マニュアル作成,ユーザ教育など)や開発作業に携わります。
Add-on開発プログラミング
SAPシステムの各種モジュールに機能追加(add-on)を行うための専用言語である「ABAP」(Advanced Business Application Programming)を用いて,追加プログラムの開発を行います。

グラビス・アーキテクツ(株)とERP共同研究で調印

京都情報大学院大学(KCGI)と京都コンピュータ学院(KCG)は,ITコンサルティングなどを手がけるグラビス・アーキテクツ株式会社(本社:東京都港区,以下GA社)と産学共同研究に関する契約書に2017年12月4日,調印しました。

この共同研究は,KCGIで教育・研究してきたERPに関する学術的な蓄積と,中央省庁など公共機関へのITコンサルティング業務などで豊富な実績のあるGA社の実践的ノウハウを活用して,ERPをベースとしたパッケージソリューション,特に最近急速に進化しつつあるAIやIoT社会などの技術に適応したアプリケーション,そしてビジネス的に付加価値の高いアプリケーションの開発を共同で行うものです。

また,KCGIとKCGの学生も共同研究に積極的に参加することで,高度なスキルを持つ実践的なIT人材の育成も目指します。