メインコンテンツに移動

福嶋 雅夫

Masao Fukushima

経歴

  • 京都大学工学士,同大学院工学研究科修士課程修了(数理工学専攻),工学博士
  • 京都大学名誉教授
  • 元京都大学大学院情報学研究科教授
  • 元奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科教授
  • 元南山大学理工学部教授・同大学院教授
  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会フェロー

メッセージ

私はこれまで『最適化は問題解決のキーワード』を信条として教育・研究に携わってきました。世の中には解決しなければならない問題がたくさんあります。そのための科学的な方法を考えるときに重要な役割を果たすのが「最適化」という概念です。

科学的な問題解決では,まず解決すべき問題を,数式で表現します。そのような作業を「モデリング」と呼びます。モデリングによって問題の「モデル」が作れたら,つぎはコンピュータを使って解きます。そこで用いられるソフトウェアの基になるのが「アルゴリズム」です。アルゴリズムは計算の方法というような意味をもつ言葉ですが,問題の数学的な性質をうまく利用した,さまざまな方法が考案されています。

「モデリング」と「アルゴリズム」の両輪を使って最適化を行うことで問題の解決策を見つける方法は「数理計画」とも呼ばれています。数理計画の大きな特徴は,それが用いられる場面が実に多種多様なことです。実際,「最適化」すべき問題は,通信,交通,建築,化学,土木,機械,電気など工学のさまざまな分野から経営,経済,金融など社会科学の分野にいたるまで,ありとあらゆる場所にころがっています。

いま大きな話題になっているディープラーニングなどの人工知能も,その原理は「最適化」の考え方に基づいています。講義などを通して,「最適化」の面白さを学生の皆さんに伝えることができればと思っています。

担当科目

  • 応用情報技術のための数学

専門分野

  • 数理最適化
  • オペレーションズ・リサーチ

業績

受賞

  • Paul Y. Tseng Memorial Lectureship in Continuous Optimization (Mathematical Optimization Society, 2015)
  • 近藤賞 (日本オペレーションズ・リサーチ学会, 2015)
  • 2011 Best Paper Prize (Computational Management Science, 2012)
  • 業績賞 (日本オペレーションズ・リサーチ学会, 2010)
  • Highly Cited Researcher (ISI Web of Knowledge, 2009)
  • 2009年度論文賞 (日本ガス協会, 2009)
  • 2005 Best Paper Award (Computational Management Science, 2006)
  • 論文賞 (システム制御情報学会, 2006)
  • 椹木記念賞論文賞 (日本自動制御協会, 1988)
  • 第13回文献賞 (日本オペレーションズ・リサーチ学会, 1985)

著書

  • 福島雅夫, 新版・数理計画入門, 朝倉書店, 2011年
  • 山下信雄, 福島雅夫, 数理計画法, コロナ社, 2008年
  • 福島雅夫, 非線形最適化の基礎, 朝倉書店, 2001年 [中国語版: 非線性最優化基礎, 林貴華 (訳), 科学出版社, 北京, 2011]
  • 山川栄樹, 福島雅夫, 数理計画における並列計算, 朝倉書店, 2001年
  • 福島雅夫, 数理計画入門, 朝倉書店, 1996年
  • 茨木俊秀, 福島雅夫, 最適化の手法, 共立出版, 1993年。 [中国語版: 最優化方法, 曽道智 (訳), 中国図書出版公司, 北京, 1997]
  • 茨木俊秀, 福島雅夫, FORTRAN77 最適化プログラミング, 岩波書店, 1991年
  • 岡田憲夫, K.W. Hipel, N.M. Fraser, 福島雅夫, コンフリクトの数理, 現代数学社, 1988年
  • 福島雅夫, 非線形最適化の理論, 産業図書, 1980年
  • 岩波数学辞典第4版 (岩波書店, 2007),数理科学事典第2版 (丸善, 2009),朝倉・数学ハンドブック・応用編 (朝倉書店,2011),アルゴリズム辞典 (共立出版, 1994),岩波情報科学辞典 (岩波書店, 1990),電子情報通信ハンドブック (オーム社, 1988) など,辞典・ハンドブック(分担執筆)10編

学術論文

  • A. Hori and M. Fukushima, Gauss-Seidel method for multi-leader-follower games, Journal of Optimization Theory and Applications, 180 (2019), pp. 651-670
  • B.F. Lourenço, E.H. Fukuda and M. Fukushima, Optimality conditions for problems over symmetric cones and a simple augmented Lagrangian method, Mathematics of Operations Research 43 (2018), pp. 1233-1251.
  • B.F. Lourenço, E.H. Fukuda and M. Fukushima, Optimality conditions for nonlinear semidefinite programming via squared slack variables, to appear in Mathematical Programming 168 (2018), pp. 177-200.
  • E.H. Fukuda and M. Fukushima, A note on the squared slack variables technique for nonlinear optimization, Journal of the Operations Research Society of Japan 60 (2017), pp. 262-270.
  • E.H. Fukuda and M. Fukushima, The use of squared slack variables in nonlinear second-order cone programming, Journal of Optimization Theory and Applications 170 (2016), pp. 394-418.
  • L.M. Fernandes, M. Fukushima, J.J. Judice and H.D. Sherali, The second-order cone eigenvalue complementarity problem, Optimization Methods and Software 31 (2016), pp. 24-52.
  • C.P. Bras, M. Fukushima, A.N. Iusem and J.J. Judice, On the quadratic eigenvalue complementarity problem over a general convex cone, Applied Mathematics and Computation 271 (2015), pp. 594-608.
  • M. Hu and M. Fukushima, Multi-leader-follower games: Models, methods and applications, Journal of the Operations Research Society of Japan 58 (2015), pp. 1-23.
  • T. Okuno and M. Fukushima, Local reduction based SQP-type method for semi-infinite programs with an infinite number of second-order cone constraints, Journal of Global Optimization 60 (2014), pp. 25-48.
  • L.M. Fernandes, J.J. Judice, M. Fukushima and A.N. Iusem, On the symmetric quadratic eigenvalue complementarity problem, Optimization Methods and Software 29 (2014), pp. 751-770.
  • A. Dreves, A. von Heusinger, C. Kanzow and M. Fukushima, A globalized Newton method for the computation of normalized Nash equilibria, Journal of Global Optimization 56 (2013), pp. 327-340.
  • M. Hu and M. Fukushima, Existence, uniqueness, and computation of robust Nash equilibria in a class of multi-leader-follower games, SIAM Journal on Optimization 23 (2013), pp. 894-916.

ほか,査読付き学術論文誌掲載論文200編あまり