メインコンテンツに移動

マスタープロジェクト

京都大学など日本を代表する大学における指導経験豊富な教員や世界第一線で活躍する教員が多く在職し,そのような教員からマスタープロジェクトの指導を直接受けることができます。

概要

本学のマスタープロジェクトは,ICTの実践的応用や技術活用に焦点を当て,学生自身の問題意識から課題の設定や分析および解決の提示へつなげることを目標とする必修科目です。研究を基本とした従来の大学院修士課程のプロジェクトと比べて,新たな知の創造のほか,既存のツールやサービスおよびフレームワークなどを活用し,学生が現実の社会や人々の生活をより良く改善していく契機となることを目指しています。

目的

本学のマスタープロジェクトでは,学生が修得した専門分野や産業における知識やスキルを踏まえて課題を分析したり解決策を提示したりするために,具体的なツール(プラットフォーム,ソフトウェア,サービス,フレームワーク,ビジネスモデルなど)およびそのアプリケーションを使用することに焦点を当てます。

学生たちは,プロジェクトスポンサー(マスタープロジェクト担当教員)による指導のもとに,以下のようなプロジェクトに取り組みます。

  • ツールやシステムまたは理論の新規開発または改良
  • 新しい観点からのツールやシステムまたは理論の評価
  • ツール,システムや理論の新しい実装または応用

実施方法

マスタープロジェクトは,プロジェクトスポンサー(マスタープロジェクト担当教員)による指導のもとに,学生主体で進めていきます。セメスタごとの実施内容は,下のような流れになります。教育分野の世界最高峰である米国のコロンビア大学をモデルにし,学生は学習に取り組む期間と内容によって,①マスターレポート ②マスタープロジェクト ③オナーズマスタープロジェクト ④オナーズマスター論文の4タイプの中から1つを選ぶ,柔軟性を持った方法で取り組みます。

マスタープロジェクトの進め方一例(概要)

第2セメスタ
「プロジェクト基礎演習(必修科目)」を履修し,プロジェクトの構成や実施方法について全般的に学びます。
マスタープロジェクト実施にあたり,学生は研究計画書をまとめ,提出します。
第3〜4セメスタ
学生は,定期的にプロジェクトの進捗状況や成果物をプロジェクトスポンサーに報告します。最後にマスタープロジェクト報告書を提出し,口頭発表による試問を受けます。